2014年8月24日 (日)

育休時代を思い出すできごと

大分久々の投稿になってしまったがお許しを。
1人目の子どもが生まれて1年ほど育休を取っていた際に教育系出版社の育児雑誌から取材を受けたことがあった。
最近双子を出産した私の妹が知らずにその雑誌を購入して私の記事が載っていてびっくりしたそう。私もまさか当時の記事がそのままずっと使われ続けているとは知らなかった。記事が良かったのか、出版社の怠慢か・・・。妹に限らず私が載っていたことに気づいた知り合いはこれまでも何人かいた。

Befa1
雑誌に写っていた小さな娘も今や6歳になった。写真を見ると私は当時の方が推定3㎏くらい痩せていた。育休時代はおむつ洗いに授乳に離乳食作りにと、何かとカロリーを多く消費していたのだろう。この写真は布おむつを干しているところ。
Befa2
家庭菜園にて。
Befa3

育休を取って良かったことの一つは、私が長期休暇を取って子育てしたことに対し、上の子が感謝の気持ちを持っていること。もちろん本人が覚えているわけではなく、親から聞いたり写真を見たりして刷り込まれているわけだが。下の子の場合は取った休暇が短かったのでそうはいかない。上の子と違って「ママがいい」などと容赦なく言うのだ。
この差がこれからも続くのか、大きくなったら「誤差の範囲」に収束していくのか、楽しみのような不安なようなパパ心だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

保育園の遠足に参加

久々の投稿。これだけ間が空いてしまうと何と書いていいか分からなくなってしまうが、これまでのことは特に気にせずに書かせて頂く。


先々週末、ユリ(下の子)の保育園の保護者付き遠足に参加してきた。22人の園児たちとその保護者、先生たちを乗せたバスは9時に保育園を出発。向かったのはこどもの杜。ここは何と説明したらよいのだろう。動物がいて、室内遊びもできる、自然あふれる公園・・・とでも言っておけばよいか。

バスに揺られて30分ほどで到着。途中気分が悪くなって吐いてしまった子が1人いたが、その他はみな元気。保育園の先生が手作りのバスレク(バスレクリエーションの略だと思われる)を用意してくれて、盛り上がる。「これなーんだ」というやつだ。

1376574_580768018654126_1902042994_
ちなみに、これの答えはキリン。

こどもの杜では、自由行動でめいめい好きな遊びをする。動物を見る、モルモットに触る、三輪車をこぐ・・・。子どもたち同士で遊ぶのかと思いきや、今日は親が一緒だったので、親とセットでバラバラに遊ぶ子が多かった。ユリはこんな乗り物?お友達と乗ってご満悦。ハンドル付きの操縦席が2つあり、すぐ墜落しそうだが。

548419_580768068654121_2075327835_n

あっという間に2時間くらいが経ち、メインイベントのお弁当。シャケおにぎり、鶏の唐揚げなどはママが早起きして頑張ってくれた。私はウズラの卵の殻をむいただけ。ちなみに、2種類のぶどうは前の週に山梨で採ってきたものだ。

1238286_580768091987452_323618617_n

帰りのバスでは子どもたちはみんな疲れてぐっすり睡眠。私もついつい寝てしまい、私の隣の補助席に座っていたサチエ先生にもたれかかり、苦笑を買ってしまった・・・

ところで、今日遠足に参加した保護者22人中パパが何と半分の11人!時代は変わりつつある? しかしパパ同士の会話はまだぎこちない。マホ(上の子)のクラスと違い、まだあまり飲み会ができていないのだが、そのうちユリのクラスでもパパ飲みをやろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

タンザニアへ

久々にブログを書いたかと思ったらいきなりタンザニアの話で恐縮。先日初めてタンザニアに行ってきた。趣味と実益を兼ねた「タンザニアで干しいもを作る」というプロジェクトの調査だ。ハイライトは幼稚園・小学校での干しいも試食会。写真は食べる前のお祈りの様子。みんなおいしいと言ってくれた。うちの子どもも干しいもが大好きだが、タンザニアでも変わらないようだ。

Foodtasting

現地での様子は今夜のTV東京「ガイアの夜明け」で特集されるようなので、興味のある人は見て欲しい。私自身は脇役なので、映っているかどうか分からないだが。

地方から未知なる国へ!


今回の出張で、小さなことだが、育休取ってよかったと思ったことが一つあった。現地で首が据わったばかりの0歳の赤ちゃんを抱っこさせてもらったのだが、泣かずにとてもリラックスした表情を見せてくれたのだ。一緒にいた日本人男性の場合はギャン泣き。ちなみにその男性は1人お子さんがいるのだが、子どもが小さい頃は多忙を極めて子育ては奥さん任せだったそう。パパオーラは人種を超えて通用することを発見し、育休時代を思い出してひそかににんまりしたのだった。
ここのところブログをさぼっているが、家族4人元気に過ごしているのでご心配なく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

「私」が主役のお産を選ぼう

ファザーリングジャパンの活動は相変わらず休眠状態なのだが、今週末の7月7日(土)に下記のイベント@川崎市多摩区(小田急線向ケ丘遊園駅から徒歩5分)に登場することになった。

「私」が主役のお産を選ぼう
~どこで産む?いろんな お産をきいてみよう~
http://www.city.kawasaki.jp/88/88tamasi/home/jigyou/osan.pdf

私が子どもを産んだわけではないので、もちろんお産自体の話をするわけではないが、出産や子育てを共に担う存在としての父親からのコメントをすることになっている。

興味のある人はぜひご参加を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

初のアフリカとサハラ砂漠

久々の更新。仕事で初アフリカ、ナイジェリアに来ている。こちらの子育て事情はどうなのか、ぜひ聞いてみようと思う。トランジットで寄ったフランクフルト空港からナイジェリアに向かう飛行機で徒然思ったことを共有させてもらいたい。


フランクフルトからアブジャ(ナイジェリアの首都)向けの飛行機に乗る。ふと窓の外を見ると、眼下に白っぽい大地がどこまでも広がっている。フランクフルトの気温は零下7度で空港には雪が残っていたので、一瞬雪か氷かと思ったら、それはサハラ砂漠の一部だった。

その後何時間にも渡って植物や生き物の姿が見えない荒涼とした風景が続く。それは肌色っぽい砂だったり、黒っぽい岩だったり、雨季には恐らく水が流れるであろう水なし川だったりするが、多くの生き物の生存には適さない地であることには違いはないようだ。

ナイジェリアのサハラ砂漠に面した地域では、砂漠化(砂漠の南下)の脅威に晒されていると聞く。原因は森林の伐採だったり、過放牧だったり、気候変動だったり様々。生き物の気配がない巨大なサハラ砂漠はその恐ろしさを静かに示していた。

Dscf0044

Dscf0045

Dscf0046

Dscf0047


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

NHK「こんにちは いっと6けん」に登場予定

昨日は会社を休み、NHKの取材を受けた。関東で放送されている「こんにちは いっと6けん」という番組の年末特集の「かんたんごはん」というコーナーで取り上げられる予定だという。 作ったのは以下の5品。いずれも簡単にできるものばかり。全ての品に、事前に畑で収穫した野菜を使用した。

・カブの梅干しあえ
・小松菜のおひたし
・カブの葉とじゃこのおにぎり
・チキンのグリル(パセリ添え)
・チンゲン菜と塩豚の味噌炒め

家庭菜園の畑、自宅での取材時間は合計5時間超、編集して3分程度になるという。

Dscf2806

Dscf2816


TVカメラを前に、気の効いたコメントをするということが非常に難しいことを改めて認識。事前に想定問答集でもあれば違っていたか・・・。いや、大して変わらない気もする。

取材の御礼にと、NHKの方が帰り際にグッズをくれた。それまで緊張していてTVカメラの前でろくにしゃべらなかった3歳の娘のテンションは「わんわん」を抱っこして急激にアップ。笑顔になった。先に渡してくれていたら随分雰囲気が違っていたかも・・・。
Dscf2826


関東圏のみの放送で、放送予定は12月28日11:05~11:54。
※番組HP
http://www.nhk.or.jp/shutoken/6ken/

どんな映像になっているのか恐くもあり、楽しみでもある。もしご興味ある方はご覧になってみて頂きたい。

私はと言うと、10日前に同じ地域内で引っ越しをしたばかりで荷物が片付いておらず、まずは段ボールからケーブルを引っ張り出してTVを観られるようにしないといけないと思っているところだ。

そうそう、引っ越し直後という無茶なスケジュールに付き合ってくれた妻にはよーく感謝せねば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

引っ越しします

1カ月ほど前に、‎上の娘(3歳)が自宅の階段から見事に転げ落ちた。12、3段ほど転がって、廊下に頭を打ち、大きなたんこぶと擦り傷ができてしまった。以前から話はあったのだが、再発防止のために同じ地域内で引っ越すことに。6年ちょっと手塩にかけてきた家の隣の畑を手放すのはしのびないが、仕方ない。もし誰か私達の代わりにここに住みたい人がいたらお知らせを。テラスハウスの3K、確か64平米。駅から徒歩7分。裏手には山があって静かなところです。

次に住むところはマンションの1Fで、小さな庭付き。畑にするのは不可ということだが、チャンスを窺っている。ちなみに、今の住まいの横にある畑は当然ながら手放すことになるが、外部に借りているJAの貸し農園は継続。自宅横の畑で育成中の野菜たちはできる限りJA貸し農園に「移住」させるつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月31日 (月)

久々にパパセミナーに参加

皆さんお元気ですか?
久々のアップです。

昨日隣の市で開催された、「男女平等推進セミナー パパぢから☆仕事も子育ても楽しもう!」にファザーリング・ジャパンの仲間と共に参加してきた。このようなセミナーに出るのは1年以上ぶり。どうなることかと心配だったが、何とか終了。

昨日の「男女平等推進セミナー パパぢから☆仕事も子育ても楽しもう!」は参加者15人くらい。「パパ検定」、2年前に放映されたWBSの育休ビデオ、育休体験談、ワークショップなど、盛り沢山の2時間半。

息子さんが20歳になったという最年長参加者の男性の方のエピソードをご紹介。子の方は公務員で、仕事を終えてきっちり6時頃に家に帰って、夕食を家族と食べ、自宅で引き続き残った仕事をしていたそうだが、最近息子さんに「おやじは俺に向き合っていなかったよな」、「おやじと居ても楽しくなかった」などと言われているとのこと。

家に帰っても仕事のことが頭にあり、本当に息子さんのことを思って行動できておらず、心ここにあらず、という状態がずっと続いていたせいではないか、というのが彼の反省の弁。それに対し、他の参加者(30代女性)からは、「私が夫に感じていた違和感はそれです。5分でもいいから自分に向き合って欲しい。自分が話をしている時に、夫が他のことを考えているのがすぐ分かる」という心の叫びが。

お子さんが中学生になったパパからは、「最近は娘から臭いとかうざいとか言われる。小さいお子さんを持つ人たちが輝いて見えます」というようなコメントも。

私自身、とても参考になったセミナーだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

GWにロケハンその②いすみ市

「GWにロケハンその①群馬県藤岡市」という記事を書いて、そのままになっていたので、②はどうした?と思われた方も中にはいるかもしれない。今さらだが、次に行ったいすみ市(千葉県)をご紹介したい。

うちは昨年車を廃車にしてしまったため、レンタカーを借りて千葉に向けて出発。途中寄ったドラッグストアで韓国から大量に輸入されたミネラルウォーターが1本89円で潤沢に売られているのを目撃して思わず撮影。うちの近所のスーパーでは本数制限があるのだが・・・

Dscf0550

まず向かったのは、「いすみ暮らしサロン」といういすみ市が運営している移住希望者向けの相談所。

Dscf0556_3

ここで、若い市職員の方と5年ほど前に夫婦で移住してきて兼業農家をやっているという50代くらいの女性に話を聞く。田舎暮らしにあこがれて移住し、都心まで1時間半以上かけて通勤している人も結構いるという。

Dscf0551

話を聞いた後は、街道沿いの干物屋さんに寄り道。

店の前にある手づくりスモーカーで作った燻製がうまい。さっそく土産にトビウオの燻製を買ってしまった。タコは品切れ(作り途中)で断念。

Dscf0559

Dscf0558

そして、いすみ暮らしサロンで聞いた、いま売りに出ているという土地に立ち寄ってチェックするも、最近開発され、建て売りチックな家が並ぶ雰囲気にノックダウン。

Dscf0562


そして今日の宿泊地へ。

Dscf0563

民家を利用したBrown' Field(ブラウンズフィールド)というところ。

泊まったのは高床式になったツリーハウス。木にはブランコが吊り下げられている。

Dscf0599_2

Dscf0577

Dscf0583

コンポストトイレが設置されているエコな宿でもある。たい肥にして野菜の栽培に使うそうだ。

Dscf0617Dscf0619_4

Dscf0619_5

庭にはヤギが。

Dscf0597_3

でも、大きな動物が苦手のマホにとっては全くうれしくないこと。

Dscf0598_2

食事は、決められた時間にスタッフ含め皆が母屋の座敷で食べる不思議なスタイル。

Dscf0604_2

宿泊客は我々と、もうひと家族だけ。

食事は肉や魚を使わないマクロビ。正直言って、「うまい!」とは思わなかったけど、素朴で味わい深い料理だった。

ところで、恥ずかしながら後で知ったのだが、ここの宿主は中島デコさんというマクロビの世界ではかなり有名な方だった。この記事を読めば何となくわかるだろうか。気さくだけど、雰囲気ある人だった。多いと感じたスタッフは、どうもマクロビ料理の修業をしている人たちのようだ。

我々が移住地を探しているという話を夕食時にしたところ、いすみ市や移住について色々と教えてくれ、翌日には近所で売りに出ている古民家を案内してくれるという。

翌日の朝食後、近くの竹林を通って案内してくれたのは、こちら。人が住まなくなってしばらう経つようで、一部は崩壊気味。離れからは竹の子が生えてきていた。畑もあり、理想的な環境ではある。もちろん、都内で働くことを前提にすると、通勤はラクではないのだが・・・

Dscf0667

Dscf0650ブラウンズフィールドに泊まっていたのは我々ともうひと家族だけ。千葉県の白井市から来たというこの家族は、うちと家族構成が一緒で、2人娘。上のお子さんがマホとよく遊んでくれた。

Dscf0650_2

おかげで、最初は怖がっていた吊り橋も、一人で渡れるように。

Dscf0654_3

Dscf0654_2大人は色々なバリアを作って、打ち解けるまでに時間がかかるものですが、子どもはすごい。

ブラウンズフィールドを後にし、向かったのはいすみ市で3頭のジャージー牛を放牧し、手づくりのチーズづくりをする「チーズ工房 IKAGAWA」。ここのご夫妻も移住組で、ご主人は脱サラしてチーズづくりを始めたという。

Dscf0683_2

残念ながらあまり種類はなかったのだが、2種類を購入。五十川(いかがわ)さんからは気がかりなことを聞いた。3.11の原発事故で、千葉県の牧草から放射性物質が検出されたとのこと。「ムチュリ(左側のやつ)は3.11前の原乳で作っていますので大丈夫ですが、クリームチーズは3.11後ですので、念のためお子さんには食べさせないようにして下さい」とのこと。

せっかく放牧&チーズ作りが軌道に乗ってきたところなのに、放射性物質の問題は大きな打撃になりかねない。安全なものを提供していきたいので、千葉県の行政が頬かむり(見て見ぬふり)しようと、検査に後ろ向きなところを、自己負担で原乳の検査を依頼中と聞き、ご主人の真摯な姿勢に感銘を受けた。

牛たちは、ご自宅兼工房から車で5分くらいのところの山あいに放牧されていた。牛たちは自由きまま。のんびりとした風景だ。

Dscf0690

ちなみに、スーパーなどで売られている牛乳のパッケージには、牛が放牧されている絵が使われていることが多いが、実際には乳牛は狭い牛舎の中で飼われているのが大半だ。ああいうのは不当表示防止法に引っかからないのだろうか。不思議だ。

原発事故の影響はいすみ市の移住コミュニティに暗い影を落としている。ブラウンズフィールド近くにあった人気のパン屋さんタルマーリーは、岡山県に移転してしまうという。店主に聞いたところ、古民家の持ち主が相続関連でもめて、契約更新ができなくなったという事情はあるようだが、放射能の影響を避けるために移転するという。

その他、いすみ市には環境の良さを求めて移住してきた人が多いだけに、原発事故にも敏感に反応し、移住してしまった人も多いという。中島デコさんからも聞いた。

さて、いすみ市を後にして向かったのは、大多喜というところにある精進料理の店蔵精(くらしょう)。

Dscf0702

スタイリッシュな店内。席はカウンターのみ。

Dscf0700

季節を感じられる料理はおいしかった。

Dscf0696_3

途中、直売所などに寄りながら、帰路に着いた。書き切れていないこともまだあるのだが、充実した2日間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

畑の拡張

何度かご紹介している通り、私は賃貸住宅暮らしなのだが、以前梨農家だった大家さんに頼んで家の隣にある畑の一部(15平米くらい)を借りている。

少し離れたところに地元のJAが市民農園を貸し出しているというので、新たに借りることにした。こちらは手間がかからないものを育てるつもりだ。

1年契約で、20平米の使用料が1万円。水場がない少し不便なところなのだが、昨年から貸し出したこともあり、幸い空きがあった。HPにも店頭にも情報がないので、JAの広報不足ということもあるだろう。(ちなみに、保育園仲間を誘ったところ、1人が契約した)

契約したものの、3月19日に半面を使ってジャガイモを植えたところで作業が止まっていた。

Dscf0246

20平米とは言え、手作業で耕すのは結構しんどい。手には豆がいくつかできた。

Dscf0247

Dscf0254

(以上3点は3月19日の写真)

今日は夕方に思い立って、マホを連れて野菜の種まき。播くのはダイコン、コマツナ、ミズナ、ルッコラ、シュンギク、ホウレンソウ。

私が畝を作って、マホが種を播く。マホの背後に見えるのは芽を出したジャガイモだ。

Dscf0539

種を播く。

Dscf0540

種を播く。

Dscf0542

種を播く。

Dscf0541

播いた種はこちら。3歳にはちょっと難しかったか。

Dscf0544

固まった種はマホの背後でこっそり拡散。

作業を始めたのが18:00過ぎだったので、終わったころにはすっかり夕暮れ。

Dscf0545

一仕事を終え、意気揚々と家路についたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«GWにロケハンその①群馬県藤岡市