« マホ、生まれて初めて声を上げて笑う | トップページ | 家庭菜園紹介 »

2008年7月20日 (日)

食べられるカーテン

ベビーベッドがある1Fの部屋は南向きのため日当たりはいいが、晴れた日は日差しにより部屋がかなり暑くなる。そこで、今年は日よけのための「ゴーヤーカーテン」を導入。直径20センチ、高さ30センチくらいの大きな植木鉢に6月初旬に植えた苗は2本。

6月中旬時点ではこれくらいのサイズ。
Dscf7589









その後ゴーヤーはグングンと大きくなり、いまではこの通り。高さは3m近い。

Dscf8061   















蔓は2Fのベランダから吊り下げたネットの上ギリギリまで成長した。おかげで日よけとしての用は十分足すようになり、日中でも部屋があまり暑くならなくなった。ゴーヤーカーテンを通ってくる風は少し涼しいような気もする(気のせいか?)。

しかし、肝心の(!)実がなかなかならない。実がなる雌花が咲かず、雄花ばかりが咲くのだ。これでは実がなりようがない。心配になってネットで調べると一番太い「親蔓」を切り、子蔓(脇芽)を伸ばすといいという記述が。思い切って親蔓を切ってみると・・・1週間後くらいに確かに雌花がぽつぽつと出てきたではないか!すばらしい。
Dscf7932









ゴーヤーベビーの大きさは本日10センチくらい。ゴーヤーの右隣にある黄色いのが実のならない雄花。悪者扱いしたが、雌花が受粉するためには必要だ。

Dscf8062

















1週間後にはゴーヤーチャンプルになることも知らず、日に日に大きくなっている。
プランターや鉢植えで気軽にでき、日よけになって食べられるゴーヤーカーテン、お勧めだ。

★今日の一枚
最近お気に入りの象のぬいぐるみ(起き上がりこぼし)を見つめる。一見毒々しい色使いが目を引くようだ。
Dscf8070

|

« マホ、生まれて初めて声を上げて笑う | トップページ | 家庭菜園紹介 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/22298674

この記事へのトラックバック一覧です: 食べられるカーテン:

« マホ、生まれて初めて声を上げて笑う | トップページ | 家庭菜園紹介 »