« 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(1) | トップページ | 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(3) »

2008年8月14日 (木)

布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(2)

昨日に引き続き、布おむつの話題だ。

布おむつと紙おむつ、どちらが環境にやさしいのか判断に悩んでいるときに、2005年に出たBBCの記事を見つけた。タイトルは”No green winner in nappy debate”。「おむつのエコ論争に勝者なし」とでも訳せば良いだろうか。ちなみに、英国ではおむつはnappy、紙おむつのことはdisposable nappy、布おむつのことはcloth nappy、real nappyとかwashable nappy、reusable nappyなどと呼ぶようだ。この記事の内容を抜粋すると以下の通りとなる。

-------------------------------
英国環境庁(Environment Agency)が行った調査は、布おむつと紙おむつのどちらを使っても環境への負荷はほとんど変わらないと結論付けた。独自に行われたこの調査では、おむつ替えの頻度や洗濯機の容量などについて2,000人を超える親にアンケートがなされた。
英国では95%の親が紙おむつを使っており、年間400万トンもの使用済み紙おむつが埋め立て処分されている。一方、布おむつは洗濯や乾燥の際に水やエネルギーを使うことが環境負荷になっている。
英国の紙おむつの業界団体AHPMAの担当者は、この調査結果について、「親がおむつ選びの判断に活用することができ、どのおむつを選んでも後ろめたさを感じることがなくなる」と歓迎している。
-------------------------------

P&Gが1980年代に行った調査と同じく、英国環境庁の調査でも、布おむつ、紙おむつどちらも環境負荷に大差はないという結論のようだ。紙おむつの業界団体のコメントはまるで勝利宣言だ。この結論を意外に感じた人も多いのではないか?どちらを選んでも同じということであれば、環境に配慮して布おむつにした人の努力は無駄なのだろうか?

何となくすっきりしないため、BBC記事の出典元である英国環境庁の調査をざっと見てみることにした。報告書は何と209ページもあるので全てをじっくり読むというわけにはいかない。4年の歳月と20万ポンド(約4100万円)ものお金をかけて、布おむつと紙おむつの環境負荷を比較したというこの調査の内容についてはまた明日紹介したい。

さて、今日の晩御飯は、親子丼、コロッケ、麻婆豆腐の残り。親子丼はいつ作っても思い通りにいかない。今日は塩味が足りなかった。
Dscf8745









★今日の一枚
動いているうちに溝にはまって出られなくなっちゃった。でもまだ余裕の表情。
Dscf8728

|

« 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(1) | トップページ | 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(3) »

おむつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/22987204

この記事へのトラックバック一覧です: 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(2):

« 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(1) | トップページ | 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(3) »