« 盗難対策の雨戸交換 | トップページ | 野菜の花と実 »

2008年8月31日 (日)

2人で市民農園へ

  今日の午前中にマホと2人で市民農園に行ってきた。「どんだけ野菜好き?」と言われそうだが、家の隣でやっている家庭菜園とは別物で、川崎市が支援し、指導役の農家さんが運営している農園である。

この市民農園の今年の利用者は40名弱。最近の農と食への関心の高さを反映してか、昨年より応募が倍増したそうである。年配の人が多いが、子連れで参加している人もいる。農作業は基本的に毎週日曜日の午前中。毎回20~30名ほどが参加する。

農園は、個人管理の区域(トマト・ナス・ピーマン・キャベツ)と共同管理の区域(稲、サトイモ、ゴボウ、ニンジン、サトイモ、枝豆、ジャガイモ、チンゲンサイ、とうもろこし等)に分かれている。
<個人管理の区域:手前がナス、奥がトマト>
Dscf9082









<共同管理の区域:手前がサトイモ、奥がゴボウ>
Dscf9085









いつも朝9:00に集合して共同管理の区域の作業を皆で行った後、個人管理の区域の作業を各自やり、11:00前には終了する。

今日の共同作業は、
・稲のスズメ除けネット張り
・ナスなどの追肥
・ゴボウとニンジンの収穫
・雑草抜き
だった。

Dscf9079 稲のネット張りの様子>









<雑草抜きの様子>
Dscf9084









<ゴボウ掘りの様子>
Dscf9087
















<ニンジン収穫の様子>Dscf9089

















私はスリングに入れたマホを抱えて、ろくに作業も出来ずウロウロ。多少は働いてみようと思い、雑草を抜こうとかがむとマホが嫌がる声を出す。収穫したニンジンの葉をむしろうとすると、マホが居心地悪そうに動く。結局私が貢献できたのは雑草1本を抜いたことと、ニンジン3本の葉をむしったことだけだった。

それでも共同管理の作物に関しては、収穫の分け前は各人の働きに関わらず、皆平等。旧ソ連の集団農場のような良さ?がある。今日はゴボウとニンジンの「配給」があった。
Dscf9092









個人管理の区域からは、ナス10個、ピーマン5個、ミニトマト2個が採れた。こちらは資本主義的な考え方で、世話を頑張っただけ全部が自分のものになる。逆に、管理不行き届きで枯らしてしまったら収穫ゼロだ。Dscf9103勢い皆の世話にも力が入る(ように見える)。










今日は作業後に指導役の農家さんがかき氷を用意してくれていた。「初雪」という名の昭和レトロな機械で氷を削る。
Dscf9095
















私がもらったのは懐かしのブルーハワイ。こんなものを食べるのは20年ぶりくらいだろうか。
Dscf9096









生後4か月ちょっとのマホは人気者で、2人に抱っこしてもらった。しかし、2回とも抱っこされているうちに泣き出してしまった。私が抱っこすると泣き止む。ふむふむ、マホはパパっ子街道まっしぐらか。

と思いきや、今日の夕方に遊びに来た兄には、普段見せないようなとびっきりの笑顔とおしゃべりを見せていた・・・。しかも泣きぐずりの悪条件からスタートして。
Dscf9106
















マホのパパっ子ぶりは大したことがないらしい。

さて、今日の晩御飯は、ウィンナーシュニッツェル(薄いカツレツ)とポトフときんぴら。ポトフときんぴらには今日市民農園で採れた野菜をふんだんに使った。ウィンナーシュニッツェルは簡単そうなキリンビールのサイトのレシピを見ながら作った。肉を叩いて薄く伸ばすのにはエビスビールの空き瓶を使ってしまったが、晩酌にはキリンの一番搾りを飲んで義理を果たした(頂きものだけど・・・)。
Dscf9119










★今日の一枚
ここ、暑いだけで全然楽しくない!ワタシ野菜食べないし。今日が野菜(8・31)の日だなんて知らない!
Dscf9091

|

« 盗難対策の雨戸交換 | トップページ | 野菜の花と実 »

外出」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

マホちゃんには、かき氷は少し早いでしょう。
がんばれ、育休パパ。

畑のお兄さん

投稿: みんなで農作業は楽しい | 2008年9月 2日 (火) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/23384685

この記事へのトラックバック一覧です: 2人で市民農園へ:

« 盗難対策の雨戸交換 | トップページ | 野菜の花と実 »