« 緑のカーテンが黄色に | トップページ | 布おむつ育児 »

2008年8月11日 (月)

育児ダイエット

大学時代、運動部に所属していた時のベスト体重は67kgだった。育児休業に入る直前にはそれが何と71kgに。学生時代に比べ筋肉がかなり落ちているのに4kgも増えているということは、それを大きく上回って脂肪が増えていることに他ならない。食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足がたたったのだろう。ゆったりと入るはずのズボンの腹周りがきつく、座る際にはボタンを外すという情けない状態だった。

育児休業の約3.5か月を経た今の体重は68kg。

Dscf8690










意図せずして育児休暇前から3kgの減少だ。ダイエット成功の要因を考えてみると以下の2点が思い浮かんだ。

・食事:規則正しい食事時間と適量でバランスの取れた食事内容
・運動:1日中行う多様な運動

<食事>
毎日マホのリズムに合わせて生活していると、朝食と夕食の時間が概ね決まってくる。特に夕食はマホが寝た後の19時台にとることが多くなり、22時を超えることも珍しくなかった以前とは様変わりした。また、母乳の出が良くなる食事を心がけているうちに、油っこいメニューは減り、バランスの取れた食事が増えてきたようだ。さらに、私の特殊要因としては、昼食は抜いたり、残り物を少し食べるだけにしていることもある。自分だけのために食事を準備して、食べて、片付ける気にならないのだ。間食も減った。江戸時代より前は1日2食が普通だったことを考えると決して体に悪いわけではないだろう。

<運動>
育児はとかく体を動かすことが多い。何気ないようだが、抱き上げたり、着替えさせたり、沐浴したり、洗濯物を干したり、散歩をしたりと多様な「運動」をしており、気づけば1日中立ち働いている。動けば当然カロリーを消費する。

マホは約5kgとまだ軽いが、コメ1袋と同じ。
Dscf8619
















抱き上げるにはそれなりに筋肉を使う。今後も体重は増える一方だ。日々伸びる麻を飛び越えることで大きな跳躍力を身につけた忍者のように、日々重くなるマホの面倒を見ることでいつの間にか「筋肉ありの67kg」に戻ることを密かに期待している。

ところで、07年度の男性の育児休暇取得率は1.56%で、05年度調査(0.5%)の約3倍になったという記事があった。
--------------------
男性の育児休業、取得率が3倍に 07年度、1.56%に上昇

 厚生労働省が8日発表した2007年度の雇用均等基本調査によると、男性の育児休業の取得率は1.56%と、05年度の前回調査(0.5%)の約3倍になった。女性は89.7%で、前回調査から17.4ポイント上昇した。男性の水準はなお1%台にとどまっているが、育児休業取得を進めるための補助金の支給や、子育て支援の行動計画作りを企業に義務付けたことなどが、取得率の上昇につながったとみている。

 育児休業は男女を問わず原則として子どもが1歳になるまでの間に一度取ることができる。政府は14年度までに育児休業取得率を男性は10%、女性は80%にする目標を立てている。

 調査は07年10月に従業員5人以上の企業1万21事業所を対象に実施。うち6160事業所から回答を得た。(出典:日経新聞)
--------------------

3倍になって1.56%とは少々寂しい数字だが、「育児でメタボ解消&筋肉隆々」になることが広まれば、もう少し育児休暇を取得する男性も増えるだろうか。

さて、晩御飯には昨日収穫した黄色くなったゴーヤーを調理した。半分に割ってみると中の綿まで黄色い。種はオレンジ色だ。実はかなり柔らかくなっている(腐りかけ?)。
Dscf8687









今回はゴーヤーチャンプルではなく、玉ねぎ、豚肉と共にみそ味で炒めた(中央右の白い皿)。熟しすぎてシャキシャキ感は失われていたが、苦味は薄くなっており、おいしく食べられた。Dscf8689











★今日の一枚
干したてのおむつの上でご機嫌。

Dscf8685

|

« 緑のカーテンが黄色に | トップページ | 布おむつ育児 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/22852185

この記事へのトラックバック一覧です: 育児ダイエット:

« 緑のカーテンが黄色に | トップページ | 布おむつ育児 »