« 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(5) | トップページ | 両親学級と3ヶ月検診 »

2008年8月18日 (月)

ゴーヤーと枝豆

万が一期待している人がいたら申し訳ないが、今日はおむつ比較シリーズはお休みさせて頂く。今日は気温が30度を超えなかったようだが、おむつ干し日和の晴れ。布おむつを16枚、おむつカバーを7枚洗って干した。他の洗濯物と一緒にやれば、大して手間ではない。

ところで、「布おむつの愛好者増える」という読売オンラインの今年5月31日の記事を見つけた。抜粋すると以下の通りだ。
-------------------------------
 まず厚手のタオルのようなものを折り畳み、おむつカバーの中にセットする。足をちょこんと持ってカバーをはめ、テープを止めれば出来上がり。赤ちゃんの肌とじかに接する部分には、ライナーと呼ばれる1枚の吸い取り紙を挟み込む。

 この布おむつセットは英国の「バンビーノミオ」というブランド。カバー3枚と布おむつ12枚、専用洗剤など一式で約2万5000円という品だ。大手紙おむつメーカーによると、乳児が1年に使う紙おむつは2100枚以上(約4万円相当)。長く使えば、布の方が安くなる計算だ。

専用洗剤に1日漬け込み、別の洗剤で洗濯機にかけなければならないが、奈津子さんが布を選んだのは節約のためではない。「だって、紙おむつはごみになるでしょ。買い物でエコバッグを使っているのに、紙おむつを捨て放題ではちょっと気がとがめまして」

 おしゃれなところもお気に入り。カバーにはキュートな星や水玉がデザインされ、産着とのコーディネートも楽しめる。

 欧米型の布おむつは少なくとも6社の輸入ブランドがあり、最近は通信販売やデパートの育児用品売り場で人気上昇中だ。
-------------------------------

バンビーノミオ」というブランドは聞いたことがあるが、現物は見たことがない。「カバー3枚と布おむつ12枚、専用洗剤など一式で約2万5000円」とはかなりの高価格だ。私が使っている国産の普及品は半額以下だ。しかし、そこまで投資してまで布おむつを買おうという人が増えているというのは心強い限りだ。一時のファッションで終わらないことを期待したい。

さて、今日はゴーヤーカーテンに生っていた最後のゴーヤーを収穫した。
Dscf8811









またもや黄色くなりかけ。高い位置に生っていた実を2Fのベランダから収穫するのはちょっと不思議な感覚だった。収穫した実は豆腐と、冷蔵庫に10日ほど寝かしておいた塩豚と炒めてゴーヤーチャンプルに。

昨日市民農園で採ってきた枝豆も茹でてみた。しかし味見してみてびっくり。「えっ?駄豆?」と驚くほどまずいのだ。一つ一つ鞘から実を出してみると、ほとんどが茶色や黒に変色して食べられたものではない。
Dscf8823









中には虫が入っているものもある。
Dscf8828









結局ざる一杯分の枝豆からまともに食べられるのはこの一皿分のみだった(しかも虫エキス入り)。
Dscf8829









市民農園では化学肥料は使っているが、農薬は使っていない。無農薬栽培の難しさを改めて思い知ったのだった。

そして今日の晩御飯。近所のスーパーで買ったTexas Selectという激安(1本88円)のノンアルコールビールを初めて試してみたが、意外とイケた。バドワイザーを更に軽くした感じの飲み口だった。すっきりした味わいが好きな人にはいいかも知れない。
Dscf8831











★今日の一枚
冷凍母乳をグビグビ一気飲み。
Dscf8812









最初のうちは快調に飛ばしていたが、140mlのうち130mlで飲みがストップ。しかしこの140mlは、あまり母乳の出が良くない妻が職場の昼休みに4日もかけて搾乳したもの。「冷凍母乳の一滴は血の一滴」とばかりに、決して残すまじと無理やり、いや、追加で飲ませようとしたがマホは舌で押し返して拒否。結局10ml残ってしまった。無念・・・。
Dscf8816

|

« 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(5) | トップページ | 両親学級と3ヶ月検診 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

ソフトボール優勝まで見た後に、やっとのぞいて見ました。
「血の一滴」に思わず噴き出しちゃったよ。私も、夜中に必死の思いで搾乳して、今日は40ミリ絞れた・・・。はあ、今日は30しかダメだった・・・。とやってた頃を思い出した。旦那さんが、哺乳瓶をあげつつ、「これは、血の一滴のほう?粗末に扱ってもいいほう?」と聞いてたよ。血の一滴のほうだと、最後まで振って与えてました(笑)。あとね~。うちの娘も成長曲線最下部でやせてて、母としては毎回体重はかるたびにしょんぼりしたり一喜一憂してましたが、旦那さんは、女の子はやせてるくらいがいい!!今の差は、なんでもないよ~」とおおらかでした。今となっては、はい、お父さん正解!!どっしりかまえててくれてありがとう。という感じだよ。めきめき追いついてるし、しっかり健康、あばれんぼうです。長文で失礼。なんか参考になるかもと思い書いてみました。

投稿: りんこまま | 2008年8月21日 (木) 23時56分

先輩、貴重なアドバイスありがとう。りんこままも搾る必要あったんだ??
いやー、母乳ってのは子供ができれば自動的に出てくるものかと思ってたけどそうでもないんだねぇ。
うちも含めて「完全母乳」で育てようと思ってもできない人が世の中に結構いるということを知りました。
幸いいまは粉ミルクがあるから赤ん坊が栄養失調になることはないけど、粉ミルクがなかった時代はさぞかし大変だっただろうなぁと思います。
マホの生育についてはそれほど心配してません。幸い知能と運動能力(寝返りなど)は向上してそうなので。

投稿: 育休パパ | 2008年8月22日 (金) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/23075242

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤーと枝豆:

« 布おむつは紙おむつより環境にやさしいか?(5) | トップページ | 両親学級と3ヶ月検診 »