« 物々交換 | トップページ | 2人で市民農園へ »

2008年8月30日 (土)

盗難対策の雨戸交換

以前紹介した通り、うちではエアコンを極力使わず、自然通気と扇風機で暑さをしのいでいる。夜も網戸にして寝ていたが、これに妻から物言いがついた。盗難対策が必要だというのだ。盗難と言っても金品ではない。うちにあるお金はたかが知れている。「かわいいマホが盗まれる恐れがある」というのだ。そもそも家に押し入ってまで赤ん坊を盗む人がいるのか・・・。盗んだとしてもかわいいと思えるのはせいぜい15分で、あとは大泣きされて途中で放り出してしまうに違いない。しかし、どこかで放り出されるのも困るという。

確かにマホのベビーベッドは窓際にあるが、その隣にはいつも私が寝ている。誰かがマホを盗みに押し入ったら、私が物音で目を覚まして対応できそうなものである。しかし、「あなたは大きな物音がしても起きないでしょ」と信用がない。

かと言って、雨戸を締め切ってしまっては風が通らなくなり、寝苦しくて眠れたものではない。でもエアコンは使いたくない。色々と考えた結果、思いついたのが雨戸の交換だ。いまの締め切り式の普通の雨戸から、エコアマドというブラインドのような形状のルーバー式の雨戸に交換すれば、通気も確保でき、「盗難対策」にもなる。

夫婦でこんな検討をしたのが、7月中旬。インターネットで商品を見つけ、手配の目星もつけていたのだが、うちは賃貸住宅なので念のため大家さんに相談したところ、付き合いのある工務店に聞いてみてくれるという。しかしここからが長かった。見積もりの出し直し、お盆休み、メーカー系列の違いによる納期遅れなどにより結局交換できたのは購入を決めてから約1か月半後の今日。

<以前の雨戸:風は全く通らない>
Dscf9069









<エコアマド:ルーバー式で風が通る>
Dscf9074









<エコアマド:部屋の中から>
Dscf9077
















納期遅れのため、少し割り引きしてくれたが、雨戸2枚の交換にかかった費用は何と9万円(税込)。この家はいつ引っ越すか分からない賃貸住宅。なかなか痛い出費である。しかも、夏の暑さのピークは過ぎてしまったようで、ここのところかなり過ごしやすくなってきている。雨戸の機能は申し分ないのだが、果たしてこの投資は回収できるのか・・・。

ご近所さんと、「いやー、最近随分過ごしやすくなっていいですねぇ」などと話しながら、心の中ではまたあの猛暑が戻ってこないかと期待している今日この頃だ。

※ルーバー式の雨戸は、通気を確保しながら防犯対策ができるだけではなく、日中の日差しを遮るという使い方もできる。暑い西日に困っている人にもお勧めだ。特に持ち家の人には。エコアマドは不二サッシの商品名。トステムは可動ルーバー雨戸の商品名で販売している。

さて、今日の晩御飯のメインはピーマンの肉詰め。「ピーマン 肉詰め」で検索してトップに出てきたキッコーマンのレシピを見て初めて作ってみた。少々加熱し過ぎたが、キッコーマン特選丸大豆しょうゆを使わなくてもそこそこおいしくできた。ちなみに黒い皿の真ん中にある赤いものは菜園で採った完熟ピーマン。緑色のピーマンをそのまま生らせておくと赤色になるのだ。甘みと酸味があってうまかった。
Dscf9078










★今日の1枚
寝返りをして首を持ち上げる。最近は筋肉がついてたのか、この姿勢を長時間続けることができるようになった。心なしか表情にも余裕が見られる。
Dscf9059

|

« 物々交換 | トップページ | 2人で市民農園へ »

エコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/23358430

この記事へのトラックバック一覧です: 盗難対策の雨戸交換:

« 物々交換 | トップページ | 2人で市民農園へ »