« 農家失格 | トップページ | おむつなし育児 »

2008年9月 9日 (火)

育休パパの懐事情

私の勤め先の経理担当者から、育児休業の給付金が振り込まれているかどうか確認して欲しいとの連絡があった。早速ネットで銀行口座をチェックしてみたところ、9月初めに職業安定局?から確かに振り込みがあった。4月に育児休暇を取ってから約4.5ヵ月経ってからの支給だ。

詳しくは、ハローワークのHPに載っているが、育児休業給付には、育児休業期間中に月ごとに支給される「育児休業基本給付金」 と、職場に復帰した6ヵ月後にまとめて支給される「育児休業者職場復帰給付金」がある。前者は休業前の給料の30%、後者は20%(※)なので、合計すると給料の50%分が支給されることになる。ただし、ボーナスは子どもの笑顔だけだ(つまり支給なし)。

※本来は10%なのだが、平成22年3月31日までに育児休業を開始した人は、時限的に20%もらえることになっており、少しお得だ。

育児休暇中はあまり外を出歩かないため、外食費や交際費、その他買い物などの支出は減るのだが、さすがに給料の30%だけ、それも4.5ヵ月遅れの支給では結構きつい。妻が働いているので何とかなるが、私の預金残高はかなり厳しい水準まで落ち込んでいた。「節約をしないといけないなぁ」と思っていた時、マホがぐずり出した。どうやらお腹が空 いているようだ。

節約のため、ミルクを水増し・・・いやいや、もちろんそんなことはしない。そんなことをしてもどうせすぐにお腹が空くのだから、薄める水がもったいない。しかもおしっこを頻繁にすればおむつも洗わなくてはいけない・・・。理由はさておき、適切な濃度のミルクを飲ませた。しばらくすると寝ぐずり。マホを抱っこ紐に入れてよく行く裏山へ。

懐が寒いことが頭の片隅にあったのだろうか。山に入るなり落ち葉の間に鈍く光るものを発見した。なんと風雨に晒され、さび付いた100円玉だ!Dscf9323










しかし、パパの立場上、喜ぶわけにはいかない。マホにはよく諭しておいた。「マホ、お金を拾ったらちゃんと交番に届けるんだよ。」

そのまま山を登っていくと今度はキノコを発見。これはしおれててまずそうだが、
Dscf9325









これはなめこかしめじのような感じで、張りもあって美味しそうだ。
Dscf9324 








しかし、節約のために食べたキノコで中毒になっては医療費の方がずっと高くつく。キノコは諦め、100円玉を握り締めて山を降りた。幸いマホは抱っこ紐の中で眠りについていた。

さて、今日の晩御飯は、空芯菜と鶏肉の炒め物、カボチャ・冬瓜・インゲンの煮物。Dscf9355









買い物は控えて、ありもので料理した。空芯菜は懐中電灯を片手に畑で収穫。病害虫に強く、雑草のような生命力がある頼もしい夏野菜だ。
Dscf9352









鶏も野菜の切れ端や残飯で飼育したいところだが、住宅街ではさすがに難しそうだ。

★今日の一枚
ミルク160mlを一気飲み。「パパ、このミルク何か薄くない?しかもパパの目つき、何かギラギラしてない?」
Dscf9337

|

« 農家失格 | トップページ | おむつなし育児 »

育児」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/23626637

この記事へのトラックバック一覧です: 育休パパの懐事情:

« 農家失格 | トップページ | おむつなし育児 »