« ゴーヤーは二度花を咲かせる | トップページ | 男性の育児:期待値のハードル »

2008年9月23日 (火)

富士山のふもとで披露宴

朝夕冷え込むようになってきた。布団をかけないで寝ていたら朝寒くて目が覚めた。私が住んでいるところは東京の都心より2~3度気温が低いと思われる。冬野菜の種播きをさぼっていたのだが、今朝の寒さで危機感を覚え、朝に慌てて種播きをした。播いたのはチンゲンサイ、カブ、シュンギク、ニンジン、ホウレンソウ、コマツナ。隣の畑のオーナーは2週間以上前に種まきを完了し、すでに小さく育っている。
Dscf9866







涼しくなってくると植物の成長はぐっと遅くなる。さぼりのしっぺ返しは大きくなりそうだ。

さて、ここからが本題だが、以前勤めていた会社の同期の披露宴に呼ばれ、富士山のふもと、山中湖近くにあるホテルマウント富士に行ってきた。マホは妻に任せ、電車に揺られること1時間半弱でJR中央本線の大月駅に到着。
Img_7806









大月駅から新郎新婦が仕立てたバス(写真)に揺られて1時間弱。ようやく会場に辿り着いた。乗り換えなどを入れると3時間弱の小旅行だ。4時間半くらいかけて来ている人もいた。

なぜ山中湖で披露宴?と思う人も多いと思う。私もその一人だ。「誰か体を張って2人を止められなかったのか?」と。話を聞くと、運動好きの2人のデートで一番記憶に残っているのが富士登山だったそうだ。今年8月8日には富士山登頂の後に入籍したという。2人の思い出は大切に心にしまい、もっと便利なところで披露宴をやってもらっても私としては全然構わなかったのだが、挙式も山中湖畔の神社でやったということなので仕方ない。

披露宴は和の要素を取り入れた凝ったものだった。いわゆる「初めての共同作業」は樽酒の鏡開き。Img_7823










乾杯は枡酒だった。料理は和洋折衷。庭園で富士山を見ながらのデザートブッフェも用意されていた。普段食べ慣れないものを目にし、思わず食べ過ぎてしまった。
Img_7842









幸せいっぱいのケーキ入刀。これは「二度目の共同作業」だ。新婦のドレスはオリジナルのものを仕立てたそうだ。白いタキシードが彼ほど似合う男を私は知らない。
Img_7839









さて、披露宴の中身と言えば、2人の人柄がにじみ出るいいものだった。個性的な2人だからこそ実現した山中湖畔での結婚式。詳しい内容は割愛するが、わざわざ小旅行してきた甲斐があったと思わせるものだった。昔の会社の上司や先輩、同期とも久々に話ができてよかった。

披露宴中に新婦が両親に送ったメッセージの中で記憶に残ったのが、「まだ言葉もよく分からない時に、お父さんが肩車をしてくれて家の周りを歩き回ってくれた時の、下駄の音をよく覚えています。」というようなエピソード。

「まだ言葉もよく分からない時に、お父さんは私に背を向けて新聞ばかり読んでいました。」などと言われないよう気をつけよう。下駄は持っているので何とかなりそうだ。

さて、今日の晩御飯は、豚シャブと茹でゴーヤーのサラダと残り物。披露宴の食事に比べると多少見劣りするが、カロリーの少なさでは圧勝だ。
Dscf9871







★今日の一枚
帰ってきてから15分くらいで眠ってしまった。ぐずってなかなか眠らないのも困りものだが、あっさり眠られてしまうのもちょっと寂しい。
Dscf9873

|

« ゴーヤーは二度花を咲かせる | トップページ | 男性の育児:期待値のハードル »

外出」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした!
ホント、わざわざ行った甲斐のある(笑)素敵な披露宴だったね♪
早速ブログを拝見しましたが、育児もお料理も私よりず~っと素晴らしいわ☆
主人も絶賛してたよ~♪
献立の参考に(笑)また覗かせてもらいま~す!
お互い、育児頑張ろうね。奥様にもヨロシク~☆

投稿: yabe | 2008年9月24日 (水) 21時17分

早速どうも~。
今度ぜひみんなでママ茶(やったことないけど)でもしましょう。

投稿: 育休パパ | 2008年9月24日 (水) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/23976936

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山のふもとで披露宴:

« ゴーヤーは二度花を咲かせる | トップページ | 男性の育児:期待値のハードル »