« ナスでサバを釣る | トップページ | 畑の元気な老人 »

2008年9月26日 (金)

ナス・ピーマン算(続編)、キュウリのリレー

9月21日に「ナス・ピーマン算」を紹介したが、これに新たな展開があった。先日友人の披露宴で山中湖に行った帰りの電車で、ぶどうの箱を抱えた観光客の姿をちらほら見かけた。中央本線で大月駅よりさらに下るとぶどうで有名な勝沼町があるので、ぶどう狩りの帰りだったのだろう。披露宴で腹一杯食べたはずなのに、ぶどうの箱をうらやましげに横目で見ながら帰ってきた。

しかし、家に帰るとなぜかぶどうが置いてある。
Dscf9869
















妻に聞くと、この間ナスをおすそ分けしたご近所さんがぶどう狩りに行って買ってきてくれたという。ぶどうの隣にはこれまた見慣れない「ニューサマーオレンジチョコロール」の箱が。
Dscf9867
















これはお隣さんが静岡の実家に帰った際に買ってきてくれたそうだ。余ったナスをあげたことで、却って気を使わせてしまったようだ。

9月21日には、

「ナス:本日収穫20個+もらいもの2個-お裾分け3軒×4個=10個」

と書いた。この日の頂き物を勘案すると以下の通りになる。

「ナス:本日収穫20個+もらいもの2個-お裾分け3軒×4個=10個+ぶどう1セット+ニューサマーオレンジチョコロール1箱」

これはかなり難易度が高いので、基礎がしっかりしてから教えることにしよう。

さて、今日はマホを午前中に抱っこ紐で寝かしつけ、マホが寝ている間に畑の片付けと野菜苗の植え付けをした。片付けたのはすっかり元気のなくなったトマトとキュウリ。
Dscf9918
















根を引っこ抜き、鳥よけの網に引っ掛かった蔓などを外した。網にひっかかったキュウリの蔓はまるで魚網に引っ掛かった海藻。
Dscf9922









こんなものを外すのにイライラしている私は、農家はもちろん漁師にも向いていないことを実感した。

肥料を撒いて整地した場所に植えたのは、白菜とシュンギクの苗。
Dscf9932

















隣の畑のオーナーが、冬野菜の準備に出遅れた私を見かねて小さな苗を分けてくれたのだ。Dscf9930










苗ではなく、冬場に大きく育った収穫品をくれてもよかったのだが、ありがたく植えさせてもらった。

ところで、キュウリのリレーがどうなったか、気になっている人はいないと思うが、一応報告する。春に植えたキュウリは元気を失う一方、7月末に植えたキュウリは比較的元気に育った。しかし、ここのところの寒さにやられて急に元気がなくなった。結局7月末に植えた4つの株から採れたのはこのキュウリ一本だけ。
Dscf9874
















リレーは何とかつながったが、労力の割には大変さびしい結果となった。

さて、今日の晩御飯は、昨日もらったサバを使ったサバの味噌煮、昨日の残り物の手羽先、そして貴重な今シーズン最後の畑のキュウリだ。
Dscf9938










★今日の一枚
マホがぐっすり寝ている間にパパは畑仕事。泣いたら畑まで声が聞こえるので安心だ。
Dscf9916

|

« ナスでサバを釣る | トップページ | 畑の元気な老人 »

家庭菜園」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/23977172

この記事へのトラックバック一覧です: ナス・ピーマン算(続編)、キュウリのリレー:

« ナスでサバを釣る | トップページ | 畑の元気な老人 »