« 手作り餃子 | トップページ | 食料自給率と母乳育児の関係 »

2008年9月 6日 (土)

小作人の心得

今朝早くから大家さんが畑で草刈りをしていた。
Dscf9267









今年の夏は暑く、ここのところ雨も多かったので、雑草の成長が早い。

私が大家さんから借りている約4坪の家庭菜園も草ぼうぼう。これが自分の土地であれば、「自然農法」とでも称して放置しておけば良いのだが、借りているのでそうもいかない。雑草も生やしっ放しにしておくとそのうち種をつけ、他の場所にまでそれをばらまいてしまうことになるからだ。

「小作人」は、のほほんとしているようで実は色々と気を使う。
大家さんに、
「ここにはトマトとキュウリを植えた方がいいわよ。」
そう言われれば、それに従って作付けする。
先日は日照りが続いていて野菜が弱っていたので夕方にホースで水をやっていたところ、
「地元の農家さんに、水やりは土が熱くなっている夕方ではなく、朝にやった方がいいと言われたわよ。」
そのまま水をやりにくい雰囲気になって、ホースを片付けた。
(※大家さんは全て好意でこのようなことを言ってくれている)
雑草取りは別に何か言われたわけではないが、迷惑を掛けないようにとの先回りの配慮だ。

日中は暑かったので、夕方に妻が帰ってきてマホの世話をバトンタッチし、蚊に刺されないように長そで長ズボン、首にはタオルを巻き、手には皮手袋、足には長靴を履き、草刈り鎌を持っていざ草刈りへ。

大家さんが今朝草刈りをした場所はきれいさっぱり。
Dscf9276









私の区域は雑草が生え放題だ。
Dscf9277









草刈りをしている最中に、大家さんが買い物から帰ってきた。なかなかいいタイミングだ。「ご苦労さま」の一言で小作人はホッと一安心。せっかくだから隣接する大家さんの場所の雑草取りも少しやったるか、と勢いよく雑草を刈り始める。しかし、ふと気づくと左手に雑草ではないものが・・・。大家さんが植えていたニラまで刈り取っていたのだ。余計なお世話とはこのことだ。ニラは草刈りの手間賃として頂くことにし、晩飯のスープの具となった。30分ほどの作業で刈り取った草は小さな山のようになった。Dscf9278









この山の中にニラがもっとまぎれていたかどうかは怖くて確認していない。

今日の収穫物は、左から枝豆、ニラ、キュウリ、ミニトマト。Dscf9281_3











晩御飯は、枝豆、キンピラ、チンジャオロース、トマト・キュウリ・ニラを入れた中華風スープ。雑草取りのおかげで食卓が豊かになった。

Dscf9284_2










★今日の一枚
ちょっと目を離した隙にゴロンと一回転してベッドと布団の間に挟まってしまった。こんな状態でも泣かないのは我慢強いんだか、狭いところが好きなんだか・・・。以後気をつけよう。
Dscf92699   

|

« 手作り餃子 | トップページ | 食料自給率と母乳育児の関係 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/23551122

この記事へのトラックバック一覧です: 小作人の心得:

« 手作り餃子 | トップページ | 食料自給率と母乳育児の関係 »