« 離乳食教室とインドアテニス | トップページ | 小作人の心得 »

2008年9月 5日 (金)

手作り餃子

今日は晴れ。家庭菜園のニラをしばらく収穫していなかったら花が咲いてしまっていた。
Dscf9254









そのままにしておくのはもったいないので、早速収穫して餃子の具にすることに。ついでに、半分野生化したシソも数枚収穫。同じく餃子の風味付けに使うことにした。
Dscf9255









豚ひき肉、キャベツのみじん切りに先ほど収穫したニラとシソを細かく切ったものを加え、ショウガ、ニンニクのみじん切り、コショウ、塩、片栗粉を振って練り合わせ、餃子の皮に包んで出来上がり。

先の冷凍餃子事件の後、スーパーなどで餃子の皮の売り上げが急増したそうだが、それも理解できる。安全性もさることながら、冷凍モノより自分で手作りした方が圧倒的に美味しいのだ。しかも手間も技術も大して必要ではない(皮から作るともっとおいしいが、手軽さが失われる)。ラーメン屋や定食屋だって冷凍モノを使っているところが少なくないのだから、久々に家で作って餃子の美味しさを再認識した人も多いのではないか。また、料理は通常ママやパパ一人の孤独な作業となりがちだが、餃子は家族や友人など食べる人みんなでワイワイ具を包む楽しみがあることも強調しておきたい。魚介類やベジタリアンなどの変わり種も楽しめる。

手軽にできて美味しい餃子は中国の偉大な発明だと思う。北京オリンピックの開会式では、中国のいわゆる4大発明である「火薬」、「羅針盤」、「紙」、「活版印刷」が脚光を浴びたが、5つ目として餃子を加えても良かったと思う。どうしても4つに絞らなくてはならないのであれば、「火薬」を削ろう。

こんな下らないことを考えながら餃子を黙々と包んでいたので、独りでも全然寂しさは感じなかった。全然・・・。でも、マホちゃん、大きくなったら手伝ってね。
Dscf9258









★今日の一枚
久々のイナバウワー。こんな姿勢でよく眠れるものだ。
Dscf9252

|

« 離乳食教室とインドアテニス | トップページ | 小作人の心得 »

家庭菜園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/23526381

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り餃子:

« 離乳食教室とインドアテニス | トップページ | 小作人の心得 »