« ウンチの変化 | トップページ | 二度目の損切り »

2008年10月26日 (日)

おでんで宴会

  今日は広島出身の妻の高校時代の親友2人とその旦那2人、子ども2人の2家族計6人が昼前に遊びに来た。子連れの家族は広島から、もう1家族は横浜からだ。かなり自己主張の強い個性的な面々だ(大人は)。

私の家族3人も入れると、ベビーベッドのある狭い部屋はぎゅうぎゅう詰めである。今日食事として用意したのは、ハーブやニンニクなどをまぶして焼いた鶏肉のサラダとポテトグラタン(妻作)、そしてメインはおでんだ。

横浜家族が持参してきてくれた崎陽軒のシュウマイで昼間から飲むビールのうまいこと。ひとしきり飲んだ後におでんが登場。
Dscf0653









こんなに食べきれるか?という視線を感じたが、結局ビールの後に広島家族が持参してくれた地酒、自家製の梅酒などを飲みつないで8割方食べ切った。
関東にしては薄くて上品なダシのおでんを濃く下品な?大人が囲んで大い盛り上がったのだった。友人の2人のお子さんはその間飽きて眠ってしまった。起きてもまだ延々と続く宴会に「こいつらいい加減にしろよ。」と思ったに違いない。帰れると聞いて顔が明るくなった。
Dscf0655









ところで、小さい子どもがいると食事の準備がおっくうで、なかなか自宅で宴会をやる気にはなれないもの。おでんと言えども、練り物を買ったりだし汁を作ったりするのは結構手間だ。おでんだけにタネ明かしをすると、今回おでんはネットで取り寄せし、こちらで用意したタネは大根と卵のみ。取り寄せたところは日本橋の老舗おでん屋の神茂(かんも)。少々値が張ったが、なかなかの味だった。特にはんぺんは広島では珍しいらしく、好評だった。幼児がいる家庭はたまにはおでんで盛大に宴会をやってみて欲しい。いい気分転換にもなる。

さて、飲んで食べて疲れた後の晩御飯はもちろん残り物。残ったおでんとグラタンでササっと。
Dscf0659









★今日の一枚
大勢が来客した割に、マホの機嫌が珍しく良かった。友人に抱っこされてご満悦の様子。マホ:「わーい。抱っこだー。」
パパ:「パパもいつもやってるんだけど。」
Dscf0644

|

« ウンチの変化 | トップページ | 二度目の損切り »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/24775181

この記事へのトラックバック一覧です: おでんで宴会:

« ウンチの変化 | トップページ | 二度目の損切り »