« 保育園申込書提出 | トップページ | 広島の風味を満喫 »

2008年12月28日 (日)

やっぱりあなご飯

いま妻の実家の広島に帰省している。今日妻の母親、妻、私そしてマホが向かった先は9月にも行ったあなご飯のうえの。店の営業が年内で今日が最後なのだ(弁当の販売は年末までやっている)。

来客のピークを外して夕方4時過ぎに行ったのだが、順番待ちの人がかなりいる。我々は20分ちょっと待って入店することができた。
Dscf0014









まず頼んだのがあなごの白焼き(1,260円)。
Dscf0019









岩塩とわさびにつけて食べる。表面がかりっと焼け、中はほっくり柔らかいあなごは、臭みがないのに、脂が乗っていて旨みが深い。冷酒が進む。次に来たのが本命のあなご飯(1,470円)。Dscf0022_2








待ってましたとばかりに食べてみると、あなごとたれの旨みがよく混ざり合っており、香ばしく、やはりうまい。しかし夏に訪れたときに比べると味が落ちたようにも感じた。妻に聞いてみると同じ感想。季節柄あなごの味が落ちているのか、繁忙期のために調理に手が回っていないのか・・・。そうは言ってもうえののあなご飯はやはりおいしく、3人とも丼をペロリと平らげたのだった。

さて、今日の晩御飯は、妻の妹も帰省してきたので大人4人+マホでにぎやかに。まずはふぐ、さより、シマアジの刺身で一杯やってから、Dscf0041 








きりたんぽ鍋。Dscf0046










宴は12時過ぎまで続いたのだった。

★今日の一枚
あなごは脂っこいので(という大義名分で)マホはお預け。うえのの店先で学生さんが売っていた焼き芋を半額に負けてもらって購入し、食べさせた。鳴門金時の焼き芋はホクホクしておいしかった。Dscf0030









マホ:「焼き芋とあなごどっちが美味しかった?」
パパ:「そ、そ、そりゃぁもちろん焼き芋に決まってるよ」

|

« 保育園申込書提出 | トップページ | 広島の風味を満喫 »

外出」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/26623621

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりあなご飯:

« 保育園申込書提出 | トップページ | 広島の風味を満喫 »