« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

さよなら中原区市民館

   武蔵小杉駅近くにある中原区市民館のさよならイベントにマホを連れて行ってきた。老朽化した市民館を取り壊し、新しい建物に移転するそうだ。
Dscf1182









私が会員になっているNPOファザーリング・ジャパンがこのさよならイベントのプログラムの一つを任されたため、その手伝いに行ってきたのだ。

主催者側は30名の参加者を見込んでいたが、実際の参加者は10数名と少々寂しい。主に30代~40代のパパで、その奥さんも何人か来ていた。2時間のプログラムで実施した内容は、ファザーリング・ジャパンの会員で中原区民でもあるパパ3人(私以外)によるパネルトーク、15問のプチパパ検定、子育てに関するグループディスカッションだ。幸い中身は盛り上がり、参加者の満足度は高かったようだ。
Dscf1185









Dscf1186









ところで、私はマホを抱っこしながら会場の後ろの方でサポートをしていたのだが、途中で市民館の保育ボランティアという60代くらいのおばちゃんが、頼んでもいないのにマホを預かると言って半ば自動的かつ強引に託児室に連れて行ってしまった。

その約2時間後。マホを連れて行ったおばちゃんがマホを連れずに会場に顔を出し、「全然人見知りせず、楽しそうに遊んでいたわよ。30分昼寝したわよ」という。会場の片付けが終わっていなかったので布おむつを渡し、おむつを替えてもらうことにした。それから更に5分後にマホが泣き顔で抱っこされて登場。おむつを替えようとしたら泣いてしまったという。うーん、これではいつものマホだ。マホが託児室で楽しく遊んでいる姿をぜひ見てみたかった。

イベントの後はファザーリング・ジャパンのパパたちと近くのファミレスでランチ。そのあと、一人の先輩パパにママチャリについて教えてもらった。
Dscf1190
















4月からの保育園入園を前に、子ども乗せ専用車を買おうかどうか迷っていたのだ。彼は普通のママチャリに後付けの子ども用椅子をハンドルに取り付けて使っているそうだが、どうしても足がつかえてペダルがこぎにくくなってしまうという。もしお金が掛けられるのであれば、安全性・安定性の面からも専用車がお勧めだとのことだった。経験者の話はとても参考になり、ありがたかった。

それにしても、これまで何気なく見ていた自転車だが、いざ自分が購入しようと思うと、子ども用椅子付きの自転車が目につく。Dscf1194










子どもができる前後に街のベビーカーがやたら目につくようになったのと同じだろう。そうやって見落としている(無意識に切り捨てている)情報はこれ以外にも随分あるのだろうなと思った。

さて、今日の夕食は近所のとんかつ屋で外食。この店に辿り着く前にいくつかの飲食店を当たったのだが、17:00という早い時間にも関わらず、小学生未満の子供は騒ぐ可能性があるのでダメと断られてしまった・・・。なんとも世知辛い。

★今日の一枚
自転車を見た後、スーパーでベビーせんべいを買い、専用スペースでおむつ替え。おしり丸出しの方が快適なのか、楽しげだ。Dscf1201

















パパ:「早くおむつ替えようよ」
マホ:「うーん、気持ちいい~!」

※この直後にマホは立ったままおしっこをしてしまった・・・。ヨー○ドーさん、ちゃんと拭いたけどごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

10ヶ月検診+味噌作り

近所の小児科へマホの10ヶ月検診に行ってきた。生まれてもう10ヶ月も経ったかと思うと感慨深い。例によってマホは診察室に入るといきなり不安げになり、身長・体重・頭囲測定、触診では泣きながら大暴れ。Dscf1157









身長測定の際には私がマホの頭側を押さえる役だったのだが、とても押さえきれずに動いてしまったため、少々大きめの数字が出てしまったかも・・・。これまでマホはかなり小柄で、母子手帳の発育曲線(体重・身長)から下にはみ出ていたのだが、今日の計測結果では、曲線の内側に入ったとのことだった。しかも、医師の第一声は「ずいぶん頭が大きいね」。頭の大きさは特に心配がいらないようだ(もしかしたら心配なくらい大きい?)。

さて、今日は雨。材料は買っていたものの、なかなか時間が取れずに放置していた味噌作りをようやくやった。

<大豆1kg>Dscf1148










<大豆を前日から水に浸しておく>
Dscf1149









<水を吸って膨らんだ大豆>
Dscf1160









<鍋であくを取りながら煮る>
Dscf1161









<マメはグツグツ、マホはグウグウ>
Dscf1162









Dscf1165よく煮えて柔らかくなったら>










<鍋からあげてつぶす>Dscf1167










<つぶした大豆に混ぜる麹と塩>
Dscf1166









Dscf1172よくつぶした大豆に>










Dscf1173麹と塩をよく混ぜる>










<ボール状に丸めて甕に詰める>
Dscf1174 









<空気を抜きながら表面を平らにする>Dscf1175










<表面にラップをして重石を載せる>
Dscf1176









<甕に蓋をして新聞紙でくるむ>
Dscf1178















こうして書くとえらく大変そうだが、作業は意外と簡単だ。次に蓋を開けるのは梅雨時に上下を返す際。食べられるのは半年後から。どんな味になるのか楽しみだ。

さて、今日の夕食は、うるめいわしの刺身、サバの味噌煮、芝エビ唐揚げの甘辛煮(一昨日の残り物を加工)、肉じゃが。うるめいわしは干物の印象があったが、刺身もうまかった。Dscf1170
















★今日の一枚
小児科で診察後に涙目。Dscf1158












パパ:「そんなに泣いちゃってどうしたの?」
マホ:「頭の中身がないのにサイズだけ大きいって言われたのが悔しくて」

注:医師はそんなこと言っていません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

パン粥に初挑戦

いつもマホにお粥ばかり食べさせているので今日はパン粥を作ってみた。作り方は至って簡単。鍋に粉ミルク入れ、お湯で溶いて火にかけ、小さく切ったパンをぐつぐつ煮るだけ。鍋から少々目を離した隙に香ばしい(=少々焦げくさい)パン粥ができあがった。
Dscf1142









大きな口を開けて食べるので、どうやら気に入ってくれたらしい。
Dscf1143
















日本人は古来コメや雑穀を食べて生きてきたので、基本的にはコメのお粥を食べさせていればいいとは思うのだが、たまには気分転換でパン粥を食べさせることにしよう。

さて、今日の夕食は羊肉のジンギスカン。毎日はきついがが、たまに食べるとおいしい一品だ。

Dscf1147










★今日の一枚
パン粥の食事中にパチリ。Dscf1144










パパ:「パン粥おいしい?」
マホ:「おいしいけど焼き魚と合わなくない?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

今日はマホちゃんは?

都内でNPOファザーリング・ジャパンの打ち合わせをしてきた。いつもならマホを連れていくところだが、今日は休みの妻がマホを預かり、ママ友+ユウキ君と会うというので私一人で出かけた。

打ち合わせの時に言われたのが「あれ?今日はマホちゃんと一緒じゃないの?マホちゃんがいないと○○(私の名前)さんって感じがしないなぁ」という言葉。私はいつもマホと一緒にいる印象が強いらしい。「セットじゃないと価値が半減」のようなニュアンスを敏感に感じ取ったのだった。

さて、今日の夕食は、肉じゃが、芝エビの唐揚げ、豚肉の炒め物。ちょっと動物性蛋白質が多過ぎたが、食べ切れない分は翌日の妻の弁当に。Dscf1140










★今日の一枚
ユウキ君と共に自宅にて(妻撮影)。妻によると、ようやく子ども2人が何となく交流するようになったらしい。Dscf1135_2でもまだすれ違いの関係?











マホ:「おっこんなところに髪の毛」
ユウキ君:「おっカメラ、カメラ」 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

もう一人のママ

今日は2週間に1度通っているスクールのレポート提出日。主夫をやっているとなかなか時間が取れず(言い訳)、直前になって慌ててやっつけることに。マホには私の焦る気持ちは全く通じず、どら焼きをいじって下に落としたり、精米機を叩いたりいつもの通り。
Dscf1119
















Dscf1123 

















ようやく寝てくれたマホが目を覚まさないことを祈りながらキーボードを叩く。マホが寝てくれたおかげで何とか形だけのレポートをでっちあげることができた。
Dscf1121
















今日私は夜6時過ぎに外出する予定だったのだが、妻の仕事の終了時刻がずれ込み、妻が家に帰れるのは6時45分だという。

そのため、妻の妹が「つなぎ」のために来てくれることになった。妻の妹は途中道に迷いながらも私が出かける直前に我が家に到着。なぜか懸念された人見知りはなく、マホはちょっと不思議そうな顔で妻の妹を見つめる。近寄っても泣いたりしない。私は少し安心して引き継ぎもそこそこに慌てて出かけた。(ちなみに、妻の妹は大学時代にベビーシッターのアルバイト経験あり)

後で様子を聞いたところ、マホは妻の妹と2人でいる間、全く泣かなかったそうだ。しかも妻が帰ってきた時には「あれ?ママが2人?」というようなきょとんとした顔をしていたそうだ。私からすると妻と妻の妹は顔や声が似ているところはあるが、見間違えるほどではない。マホは何か共通点を見つけたのだろう。興味深いエピソードだった。

★今日の一枚
妻の妹に抱っこされるマホ(妻が撮影)
Dscf1127









ママ:「マホちゃーん、私がママよ~」
マホ:「あなたオレオレ詐欺?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

椅子抜けの術

うちでは食事の際にマホをBumboという友人から借りている座椅子に座らせている。体がスポッとはまり、むやみに動いたり抜け出したりできないのが売りの椅子だ。

これに座らせていると食事に集中してくれるのでありがたいのだが、最近マホは自力でこの一人で抜け出せるようになってしまった。食事が終わり、私が「ごちそうさまでした」の手合わせをすると、もう食べ物が出てこないことを分かって、上半身を大きくねじって椅子から抜け出す。

Dscf1109
















Dscf1110
















Dscf1111
















Dscf1112

















Dscf1113














抜け出した後は即座に食器に手を突っ込むのがお決まりだ。

Dscf1114
















そのため、食事の後は急いで食器を片づけるようになった。

さて、妻が職場の懇親会で外食だったため、私の夕食は昨日の残り物。自分のためだけにわざわざ料理する気にはなれないのだ。
Dscf1116










★今日の一枚
今日の離乳食ランチはソーメンに初挑戦。うどんより早く茹でられ、噛みやすいので離乳食向きのようだ。マホも喜んで食べていた。
Dscf1108
















マホ:「パパ、わざと口からはみ出るくらい沢山食べさせたでしょ!」
パパ:「バレた?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

来客用畑

今日は午前、午後に妻の友人2組が遊びに来てくれた。せっかくここまで来てくれたので、2組とも家庭菜園で野菜を収穫していってもらった。

<長ネギ>
Dscf1092









<芽キャベツ>
Dscf1098

















うちはボリュームたっぷりの大地の宅配野菜(ベジタM)を取っていることもあり、家庭菜園の野菜にはなかなか手が回らない。お客さんに野菜を喜んでもらえるのはうれしいがなんだか本末転倒のような・・・。

最近マホは人見知りが弱まったかと思いきや、知らない人に抱っこされてやはり大泣き。人見知り克服にはまだ時間がかかりそうだ。

Dscf1096
















さて、今日の夕食はハンバーグ。冷凍おいたものを解凍して焼くだけの手抜きだ。
Dscf1101










★今日の一枚
友人夫妻と近所のとんかつ屋でランチ。私はとんかつ、マホは野菜おじや。
Dscf1093









マホ:「ワタシもとんかつ食べたい!」
パパ:「メタボの犠牲者はパパだけで十分」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

サクラサク+エコビレッジ見学

マホは幸い元気になった。熱もないので一安心だ。

今日の午前中、川崎市から認可保育園内定の知らせが封書で届いた。第一希望は通らず第二希望の保育園だったが、第一希望の保育園が3~4倍の倍率だったことを思えばあきらめもつく。それよりそもそも保育園に入れず待機児童になってしまう子もいることを思えば本当にありがたい。3月初めに健康診断があるとのことだ。いよいよ4月に向けた準備が始まる。

さて、今日は私の会社の同僚が旦那さんと息子のサトシ君と共に遊びに来てくれた。せっかくなのでまずは畑で野菜を収穫。大根、長ネギ、ルッコラ、小松菜、ホウレンソウなどを持ち帰ってもらった。
Dscf1042









収穫物を一杯抱えたサトシ君は満足そう。
Dscf1046
















農業体験をした後は、おなじみのすし将に移動してみんなで「地魚にぎり」ランチ。これはうまかった。
Dscf1047









ここでマホはサトシ君に積極的にアプローチ。年上のサトシ君もたじたじだ。
Dscf1052








Dscf1053









Dscf1054









寿司でお腹が一杯になったところで、サトシ君親子とともに次は鶴川にあるエコビレッジの見学会へ。ここは鶴川駅から徒歩15分くらいのところにある山を利用して作った30戸29世帯のコーポラティブハウスだ。周囲は住宅街だが、エコビレッジの周辺には昔からの雑木林が残る。

<小高い丘の上にあるのがエコビレッジ鶴川「きのかの家」>
Dscf1056









<日当たりのよいウッドデッキ>
Dscf1076









<コンポストトイレを設置するお宅も>Dscf1062

















<見晴らしの良い屋上には家庭菜園が広がる>
Dscf1080









<エコビレッジのすぐ横には雑木林が広がる>
Dscf1085









詳細は省くが、とことんエコにこだわった住まいを見学させてもらったうえ、しっかりとしたコミュニティを作り上げてきた住人の方々の体験談を聞かせてもらい、とても参考になった。サトシ君、長時間の見学おつかれさま。次は見学はないからまた遊びに来てね。

さて、今日の夕食は、豚の生姜焼きとサラダ。ノンアルコールビールも。Dscf1091










★今日の一枚
エコビレッジの屋上にて。
Dscf1077









マホ:「ここ気に入ったから引っ越そう!」
パパ:「空きがないから屋上菜園で野宿かな」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

マホ、小児科へ

昨日に引き続き、マホの調子がイマイチだ。体調不良の時は寝るのに限るということで、抱っこひもに入れたまま寝かしつけたのだが、しばらく眠った後に、いきなりヒックヒックと泣き始めた。何だか呼吸が苦しそう。初めてのことだったので、慌てて近所の小児科に連れて行った。

この近所では風邪もインフルエンザもそれほど流行っていのか、小児科の待合室はがらんとしている。3分くらい待って呼び出された。マホは診察室に入るなりただならぬ雰囲気を感じたのか、いきなり大声で泣き始めた。医師が診断するためにマホの服を脱がせ、医師に対面させようとするのだが、マホは大泣きしながら身をよじって逃げようとする・・・。マホが大暴れする最中に聴診器を当てたり、のどを診たりするのは一苦労だった。

診察結果は、のどの風邪の治りかけだろうということだった。薬も処方されずにそのまま帰宅した。
Dscf1030










家に帰ってしばらくして大地から野菜が届いた。
Dscf1037









夕食にはマホの頭と同じくらいの大きさの立派なブロッコリーを使用。
Dscf1039









ブロッコリーを豚肉・トマト・チーズと一緒にガスグリルで焼いたもの(名無し)と茹でブロッコリー。ブロッコリーは味が濃くてうまかった。
Dscf1040








★今日の一枚
本棚にある「赤ちゃんと子どもの医学事典」の前に立つ。
パパ:「お医者さん、風邪の治りかけだから心配ないってさ」
マホ:「ワタシ暴れちゃったから、ちゃんと診察できたか心配で」
Dscf1027 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

マホが体調不良

昨日に引き続き、マホが本調子ではない。やはり風邪なのだろうか、ミルクを飲む量も少ないし、運動量も少ないようだ。抱っこ紐に入れていたらミルクと少し前に食べたみかんを吐いてしまった。みかんはあまり消化に良くなさそうなので食べさせたことを後悔。
Dscf1016









今日は外出を控えて家でゆっくり過ごした。

さて、今日の夕食はホイコーロとトマト味のポトフ。ホイコーロには昨日収穫した白菜を使ったがなかなかいいけた(普通はキャベツを使う)。
Dscf1021









★今日の一枚
白菜の葉っぱを振りかざす。
Dscf1014
















マホ:「パパ、ハクサイ!」
パパ:「・・・加齢臭かなぁ?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

丸くないけど

Dscf1003









この野菜の名前が分かるだろうか?

うーん・・・何か見たことあるけど形が違うような気もするし・・・そう、これは白菜なのだ。昨年9月26日に苗を植え付けしたのだが、どうやら植える時期が遅すぎたようだ。売り物のようには葉っぱがうまく丸くならず(結球せず)、葉ボタンのようになってしまった。

ちなみにちゃんと育つとこうなる。
Dscf1004









別に葉が丸くならなくても食べられるので、白菜の葉っぱをちぎって収穫。

<左が小松菜、右が白菜>Dscf1009









夕食のうどんの具にしておいしく頂いた。私が日中出社したせいで妻がいつもの昼ではなく夜にウクレレ教室に行き、さらにマホの寝かしつけを挟んだため、夕食が夜食に近い時間になってしまった。
Dscf1010









ところで、今日私が会社に行っている間、マホが38度超の熱を出してしまった。元気と食欲がない以外は特に症状はないため、とりあえず様子を見ることに。

★今日の一枚
単語帳で遊ぶ。最近はおむつ替えの時に体をよじって逃げ出すので、気を引くのに単語帳が最適だ。
Dscf1001









マホ:「単語帳って割には丸くないね」
パパ:「それは団子状」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

またもや両親学級

Dscf0978









もう何度目だったか忘れてしまったが、地元の区の両親学級に参加してきた。
Dscf0979









Dscf0980









Dscf0982










今日はプレママ、プレパパが合計60名ほど参加。男女に分かれてグループディスカッションをするのだが、私が入らせてもらった男性グループは相変わらずいま一つ盛り上がりに欠ける感がある。出産や育児についてより具体的にイメージできている女性に比べ、男性はまだそこから遠い世界にいるような感じ、悪く言えば「他人ごと」なのだ。自分も同じ頃はそうだったので人のことは言えないのだが、先日の料理セミナーのような、レクチャーと実技がセットになったようなプログラムがあると、プレパパの意識もいい方向に刺激されるのではないかと思った。

さて、今日は私が夜に外出。一品作ってから出かけた。Dscf0998









★今日の一枚
私の財布からカード類を取り出して夢中で遊ぶ。
Dscf0996









マホ:「パパ、楽しいもの持ってるね」
パパ:「引き落としの時は楽しくないよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

初めてのパチパチ

今日は家庭菜園のチンゲンサイを収穫したとか、
Dscf0965









マホが殊のほかチンゲンサイの葉っぱが好きだとか
Dscf0969
















そんな地味なトピックがあったのだが、ダントツのナンバーワンはマホが両手を使って「パチパチ」ができるようになったことだ。初めその様子を見た時には偶然かと思ったのだが、私が両手をパチパチやってみるとそれを真似するので間違いない。

会社から帰ってきた妻に報告しても、これまた信じなかったのだが、マホに実技をやってもらってようやく信じた。マホの成長のサインを一番先に見られるのは育休取得者の特権だ。Dscf0973











さて、今日の夕食は、チンゲンサイと豚肉の炒め物と以前作って冷凍しておいた餃子。「パチパチ」を祝してノンアルコールビールを飲んだ(本当は単に餃子に合うからだけど)。
Dscf0976









★今日の一枚
マホの目やにが多く、ちょっと涙目。結膜炎にでもならないといいのだが。
Dscf0964









マホ:「今日のパパは何だか格好いいね」
パパ:「涙でにじんでよく見えないってオチね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

「プレパパ向け産後料理セミナー」に参加

「おいしいおっぱいを作るごはん プレパパ向け産後料理セミナー」なるものに参加してきた。主催団体はNPOファザーリング・ジャパン。これから子どもが生まれる予定のパパ(=プレパパ)が主な参加者だったが、私のように既に子どもがいたり、まだ結婚したばかりで子どもの予定がない男性もいた。私は毎日のように料理をしているが、ほぼ自己流のため、一度ちゃんと教わってみるのも良さそうだと思い参加した。

受付などの手伝いをするために、会場には早めに入り、プログラムが始まる前にまずはマホのおむつ替えと腹ごしらえ。タッパーで持参した野菜入りおじやを食べさせた。
Dscf0922









第一部は、「産後ママがパパに望むこと」と題した助産師の越川理恵子さんによるレクチャー。
Dscf0925









出産前後の女性の心と体の変化やどんな食事が好ましいか、男性がしてあげられることなど分かりやすく説明してくれた。穀物、野菜、豆、海藻、乾物など中心に、適度に肉や魚をとりいれた 昔ながらの和食が産後の女性にはいいという。一方、油をたくさん使った揚げものや炒めものなどはおっぱいが詰まったり(乳腺炎)、赤ん坊に湿疹が出たりなどのトラブルの原因になりやすいのだとか。産後は我が家も母乳に良いという和食中心にしたことを思い出した。

第二部は「おいしいおっぱいを作るパパごはん」と題した料理。講師は助産院で産後ママ向けの食事を作られている調理師・国際薬膳師の鳥海明子さん。10名の男性が3班に分かれて料理をした。

作ったのは、
・カブ葉とじゃこの混ぜごはん
・カブとめかぶの簡単浅漬け
・切り干し大根とツナの煮もの
・野菜たっぷりポトフ
の4品。

料理の仕方などは、アシスタント役を買って出てくれたビストロパパさんがブログで詳しく説明してくれているのでご参考まで。

同じ班の男性とわいわいしゃべりながら料理をするのは思いのほか楽しく、料理の時間はあっという間だった。私はマホをおんぶしながら料理をした。
Dscf0928









Photo






















※撮影:ビストロパパさん


今日包丁をほぼ初めて握ったという男性もいたが、できあがった料理は立派なもの。難しい技能が必要なメニューではなかったが、砂糖・みりん・油は使わずに素材の味を引き出すという鳥海さん流の料理方法はとても参考になった。

ちなみに、同伴した奥様方は隣のテーブルでおしゃべりをしながら待機。手出しは無用なのだ。Dscf0936









出来上がった料理は最後に皆で賞味。
Dscf0940









Dscf0941











「すごい」、「おいしい」という声があちこちで上がっていた。今回のセミナーのおかげで俄然料理にやる気が出たプレパパ、ビギナーパパもいたようなので、セミナーの目的は果たせたようだ。

自治体や産院などが開催しているプレママ、プレパパ向けの両親学級も座学やグループディスカッションだけではなく、このように実際手を動かし、スキルが身につく(入口だけでも)ような内容にすればより効果があるのではないか。

さて、今日の夕食は思いきり楽をして、タッパーで持ち帰ってきた料理セミナーの残り物。ちなみにマホが左手を突っ込んでいるのは「カブ葉とじゃこの混ぜごはん」だ。
Dscf0954










★今日の一枚
髪の毛が伸びて目にかかるようになってきた。そろそろ切った方がいいかも知れない。
Dscf0953
















マホ:「目の前がうっとうしいんだけど」
パパ:「その言葉、ショック・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

3家族で宴会

妻が産院で同室だったママとそのママ友+夫3人+子ども3人の計9名で宴会をやった。会場はうちからバスを乗り継いで15分くらいのところにあるマンション。おしゃれな待合室があるマンションだ。
Dscf0900









もともと昨年12月にクリスマスパーティーをやろうと言っていたのだが、1人のお子さんが風邪でダウンして流れ、1月に新年会をやることになったものの1人の旦那さんの急な仕事で流れ、ようやく今日開催の運びとなったのだ。

準備が大変なのでピザでも取ろうかと言っていたのだが、ホストの奥さんは豚の角煮やらサラダやら腕をふるってくれた。もう一人の奥さんもおかずの卵焼きや子ども用のホウレンソウ入りのホットケーキなどを作ってきてくれた。我々が持ってきたものはというと、チーズ、クラッカー、ワインの赤・白。飲む気満々なのがよく分かる。
Dscf0901









Dscf0903









Dscf0909 









ちょうど月齢が同じ子どもがいるということもあり、話がはずみ、よく食べ、よく飲んだ。ワインを飲み尽くした後、ホストのパパがJALの機内販売でしか買えないという「尽空」という名の40度の焼酎を出してきてくれた。40度とは思えないまろやかさでうまかった。

こうやって家族みんなでわいわいやるのもいいけど、次は男性3人で飲みに行ってみようと約束し、マンションを後にしたのだった。

★今日の一枚
宴会でさんざん飲み食いした後、徒歩15分くらいのところにある、友人夫妻お勧めのラーメン屋にほろ酔い気分で行き、ビール&餃子&ラーメンで締めた。
Dscf0915









マホ:「パパ、さっき食べたばっかなのにまだ食べるの?」
パパ:「マホが離乳食のすぐ後にミルクを飲むのと一緒だよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

フレンチトースト基金

NPOファザーリング・ジャパンが立ち上げた「フレンチトースト基金」の記者発表会の手伝いにマホを連れて行ってきた。場所は文京区シビックホールの会議室。家から電車で45分くらいだ。
Dscf0882









この基金は、個人や企業・団体から寄付金を募り、父子家庭および父子家庭を支援する団体へ寄付するというもの。母子家庭とは違い、これまで父子家庭には児童扶養手当がないなど、公的支援が薄かった。フレンチトースト基金について、詳しくは安藤パパのブログを見て欲しい。

ところで、なぜ基金の名前がフレンチトースト?と思われた方もいることだろう。ピンときた人はかなりの映画通だ。そう、参考にしたのは父子家庭を描いた映画「クレイマー・クレイマー」だ。仕事中心の生活を送っていたことで奥さんに去られた主人公男性が、一緒に残された男の子のために初めて作った食事がフレンチトーストだったことから名付けられた。

この基金により、経済的に困っている父子家庭に社会の関心が集まり、支援制度が見直されるきっかけになればよいのだが。

この記者発表会にはNHKのほか、主要紙が取材に来た。
Dscf0885









マホは会場の後ろの方でNPO会員の娘さんに遊んでもらっていた。
Dscf0886









大した手伝いはできなかったが、なかなかユニークな記者発表会だった。

さて、今日の夕食は麻婆豆腐。辛くしなければマホも食べられるのだろうけど、今回は普通の辛さにしておいた。辛くない麻婆豆腐は一体どんな味がするのだろうか。
Dscf0897

















★今日の一枚
記者発表会の後、ファザーリング・ジャパンのメンバーとランチをした。ピントが手前に合っているのでお分かりかもしれないが、マホにはつむじが2つあるのだ。
Dscf0890









マホ:「パパはつむじの位置がいつも違うよね」
パパ:「これは寝ぐせ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

足元注意

ハイハイができるようになり、マホは家の中を自由に動き回るようになった。私が台所で料理をしていると、いつの間にか足元に寄ってくる。
Dscf0875










つまづきそうになるのが怖いうえ、包丁やら鍋のふたやらを落としたり、熱湯をこぼしたりしないか心配になる。当のマホは素知らぬ顔で足元を這いまわり、足につかまり立ちをしたりする。マホには居間も台所も区別がないから仕方ない。しばらくは火元にも足元にも注意しながら料理することになりそうだ。

今日は昼前にスーツを着て出かけ、勤務先で2時間ほど打ち合わせ。前回よりは慣れてきた。

さて、今日の夕食はハンバーグ。以前作って冷凍庫にストックしておいたものを使った。
Dscf0879









★今日の一枚
引っ張り出したティッシュペーパーで遊ぶ。Dscf0877
















マホ:「これ本当はどうやって使うの?」
パパ:「花粉症になれば分かるよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

八王子市「ツートップ子育てセミナー」に参加

八王子市で開かれた「ツートップ子育てで、パパとママのハッピーライフバランスを目指そう!」というセミナーにマホを連れて参加してきた。Dscf0869
















メインスピーカーはNPOファザーリング・ジャパンの安藤氏。主な参加者は子育て中の若い夫婦。全部で25名ほどだろうか。参加者がフローリングの床に座る珍しい形式だったが、赤ちゃんも寝かせられ、リラックスもできてよかったように思う。
Dscf0870









趣旨は、一言で言うと「夫婦で助け合って子育てを楽しみましょう」というもの。安藤氏は相変わらず話がうまい。皆うなずきながら聞き入っていた。私はまだ世には珍しい育休中の男性という立場で、育休取得の経緯や苦労、喜びなどについて少しだけ話をさせてもらった。

最後の質疑応答では最初はシーンとなってしまったのだが、だんだん皆エンジンがかかってきて結局は予定終了時刻をオーバー。終わった後も参加者同士が交流する様子が見られた。育児について親同士が真っ向から話し合う場は貴重なのだろう。今後地域(八王子)でパパ友を作ると意気込んでいた若いパパもいた。あの場から今後も長続きする交流が生まれれば何よりだ。

さて、今日の夕食はホイコーロ。メインの野菜は普通はキャベツだが、なかったので家庭菜園の白菜を使用。Dscf0874 おいしく食べられた。










★今日の一枚
安藤氏の講演の最中、マホは配布資料を破くのに夢中。Dscf0872

















パパ:「それ使うから破くのやめてくれない?」
マホ:「これって破く以外に使い方あるの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

雑誌の取材

2月10日付けで「育休パパの釈明」という題名でブログを書いたが、書き忘れたことがあったので、もう一件追加。

今日、とある育児雑誌の取材を受けた。育児雑誌は通常は女性が読むことが多いものだが、今回はそのパートナー(男性)向けの付録の取材だった。育児休業中の男性に話を聞きたいと、NPOファザーリング・ジャパン経由で依頼が来た。(念のため断っておくが、私の育休の評判を聞きつけて取材が来たわけではない)

ライターに加え、カメラマンも同行するというので、いつもの見苦しい部屋が写真に残ってはマズいので慌てて部屋の片付けを行った。「片付け」というよりは「写真圏外へのモノの移動」と言った方が正確かもしれないが・・・。

午前中に取材の2人が来た時にはまだ洗濯物を干し終わっていなかったのだが、マホをおんぶしながら洗濯物を干す様子が撮れて却って都合がいいという。マホにミルクを飲ませているところやマホを抱っこしながら家庭菜園で小松菜を収穫しているところなども写真に撮っていた。インタビューの方は、かなりまとまりのない話をしたので、ライターの方には申し訳ないが、一体どんな記事になるか見もの、いや楽しみである。

★今日の一枚
取材に来た2人が帰ってマホはすっかりリラックス。爪切りハサミで遊ぶ。
Dscf0849









パパ:「今日は取材があったから頑張って部屋をきれいにしたよ!」
マホ:「でもパパの顔には目やにが付いてたよ」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

育休パパの釈明

お気づきの方もいると思うが、最近ブログの更新が大幅に遅れている。日付はズルをして遡って付けているのだが、1週間以上前の出来事を思い出しながら書いているあり様だ。

日中はマホの相手や家事で時間の余裕が乏しい。それに加え、最近は外出も増えている。勤務先に打ち合わせに行ったり、ファザーリング・ジャパンのイベントに参加したり、スクールに行ったり、子連れで食事会をやったり・・・。その準備も入れるとかなり時間を取られてしまってブログを書く時間が取れないでいる。

ブログを書くために予定をキャンセルするというのは本末転倒のような気がするので諦め気味だ。

以上で釈明終わり。このブログを見てくれている数少ない皆さん、何卒ご理解を。

今日の夜も外出。炒め物を作ってから出かけた。Dscf0850









★今日の一枚
いつものランチ風景。
Dscf0845









パパ:「最近いろいろと忙しくてブログが書けていないんだ」
マホ:「言い訳はいいけど、要はアウトプットよね」

※ちなみに、このブログをアップした本当の時間は、マホが昼寝中の2月19日(木)12:30

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

ランチ会に参加

ヒヅキ君パパに誘われて町田市在住の3児のママ宅で開かれたランチ会にマホを連れて行ってきた。大人7人、1歳前後の乳児4人が集まった。乳児は約1歳の男の子が2人、約8か月の男の子(ヒヅキ君)が1人。マホは紅一点で約9か月半だ。

男女の差なのか、マホと比べると他の3人の男の子はとても活発に遊び回る。ハイハイのスピードはマホの約3倍、おもちゃやボールなどをいじったりしゃぶったりする勢いも全然違う。しかも、子ども同士意識し合ってか、何となく集まるのがすごい。Dscf0827









最近活発になってきたはずのマホがかなりおっとりして見えた。マホが頑張ったのは、今日遊びに来ていたママの膝に自ら乗っていったシーン。抱っこされても珍しくご機嫌だった。
Dscf0835
















ホストのママがランチに用意してくれたものは、小麦粉から作ったパン、蒸しカボチャ、クリームシチュー。どれもおいしかった。マホもカボチャを食べて大満足。
Dscf0834









Dscf0832









ところで、ホストのお宅には3人のお子さんがいて、一番上のお子さんは今年から小学生。横浜にあるシュタイナー小学校に車で送り迎えして通わせるという。色々な話が聞けて参考になった。子連れで交流できる場はとても貴重だ。

さて、今日の夕食は、軍鶏鍋。いつもの鶏の代わりに軍鶏を入れただけの違い。軍鶏は鶏の1.5倍くらいの値段だったが、旨味は2倍くらいあった。
Dscf0842










★今日の一枚
すばしっこく活発な3人の子どもが集まる傍で、のんびり屋で臆病なマホは一人ぼっち。
Dscf0824









パパ:「マホは一緒に遊ばないの?」
マホ:「動きに目が慣れてからにする」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

人見知りが一段落?

正月前後に妻の実家に1週間ほど滞在した時には、マホは人見知りが激しく、妻の母はマホを抱っこすることはできなかった。1か月ちょっと経った今回、抱っこに大成功。マホは絵本を読んでもらって大満足の様子。Dscf0805









どうやら人見知りの最悪期は脱したようだ。

今日は妻は朝から仕事に出かけ、妻の母は午前中に都内に出て行った。マホと私は留守番。彼ら2人で都内で夕食を取るというので、私は昼も夜も残り物のカレーだった。うーん、マホの方が品数が多い・・・。

<昼食>
Dscf0816









<夕食>
Dscf0820










★今日の一枚
ある生協のカタログにマホの写真と私の書いた文章(コラム)が載った。使われた写真は今から3か月ほど前のもの。その頃は人見知りの真っ盛りだった。
Dscf0814 









マホ:「あの頃はワタシ、ナイフみたいに尖ってたね」
パパ:「抱っこするもの皆傷つけてたもんね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

大将に報告

文京区の小石川で計画中のエコビレッジの説明会に3人で行ってきた。40名ほどの会場はほぼ満員だった。これと同じ説明会をあと3回やるという。
Dscf0786
















「健康と環境にこだわったコーポラティブハウス」ということで、最近の工業化住宅で多用されている化学物質を含んだ建材を使わず、自然素材、国産の木材をふんだんに使い、屋上には家庭菜園を作るそうだ。山手線の内側の立地にも関わらず、周囲は学校やお寺、植物園などがあるため静かなのだとか。
Dscf0787









とても魅力的な計画だったが、諸条件を考えると我々が住むことはなさそう。100年の定期借地権を活用し、住まい手が土地所有者のお寺と協力してコミュニティを作り上げるという面白い計画なのでぜひ成功して欲しいものだ。

さて、説明会に出て腹を空かした後、先日岩槻の雛人形屋を紹介してくれた鮨屋「すし将」へ。とある事情があって昨夜急遽上京した広島在住の妻の母も一緒だ。Dscf0791









Dscf0795









Dscf0793









刺身、フグの唐揚げ、煮魚、寿司など何でもおいしい。もちろん日本酒との相性はばっちりだ。マホも茶碗蒸しを食べて満足そう。Dscf0794










大将には以前紹介してもらった店で雛人形を買ったことを報告した。「へぇ、本当に行ったんですか。大したもんですねぇ」との反応。デジカメで撮った人形の写真を見せると「いいものを買った」と喜んでくれた。また行きたい店だ。そうそう、お母様、ご馳走様でした。

★今日の一枚
一通りお腹が満たされ、刺身のツマをいじる。Dscf0796










マホ:「これ楽しいね」
パパ:「楽しい時もあれば、恐い時もあるよ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

家庭菜園の野菜

家のすぐ隣にある家庭菜園では冬野菜が育っている。長ネギ、チンゲンサイ、大根、白菜、小松菜など。これらを食べようと思うのだが、なかなか食べられない。

理由は大地宅配と市民農園の野菜である。1週間に一度、金曜日に送られてくる「ベジタM」という野菜セットが結構なボリュームで、冬場はたいてい家庭菜園と重なる野菜が入っているのだ。
Dscf0766









週1回通っている市民農園もかなりの収穫がある。幸い?市民農園は先週で終了したので、家庭菜園の野菜にも手がつけられるようになるだろう。

今夜は私の大学時代の部活動の新年会、というか飲み会。大地の小松菜を茹で、鶏レバー甘辛煮とポトフを作ってから新宿の居酒屋へ。
Dscf0768









Dscf0769









Dscf0770









居酒屋に集まったのは10人ちょっと。近況報告と昔話で大いに盛り上がりつつ、店員が客席に売りにきた「ウコンの力」を半数以上が買ってその場で飲む「大人の飲み会」だった。

★今日の一枚
飲み会への出がけにパチリ。
Dscf0772_2

















マホ:「あれ?パパは晩御飯一緒に食べないの?」
パパ:「うん。今日は都内で開かれる晩餐会に呼ばれててね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

雛人形のセッティング

昼食時にフレンチトーストを前に久々の「タコ口」を見せた。写真に収められたのは11月以来のことなので、Dscf0747貴重な写真を載せておく。















本題に入る。先日届いてそのままになっていた雛人形のセッティングを妻と2人で行った。複数の段ボール箱を開けて、土台、人形、小物を取り出し、しかるべき位置に配置する。
Dscf0748









Dscf0749









Dscf0750










作業をしながら改めて見てみると小物や人形の細部までよくできている。鮨屋の大将に感謝だ。妻は小さい頃、毎年春に自分で雛人形のセッティングをするのが楽しみだったという。それができるようになるのは2年後くらいだろうか。

さて、今日の夕食はカレー。いつぞやの残り。腹を壊さないかびくびくしながら食べたが大丈夫だった。Dscf0758











★今日の一枚
セッティングが完成した雛人形の前で笑顔。
Dscf0755_2
















パパ:「このお雛様はマホの身代りになって厄を背負ってくれるんだよ」
マホ:「ワタシよりかなり小さいけど大丈夫?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

ブルーベリーの挿し木

午前中に少し時間があったので、ブルーベリーの挿し木を2年ぶりくらいにやってみた。やり方は至って簡単。大雑把に言うと、枝を切って水をたっぷり含ませた培養土に差しておくだけ。あとは根が生えてくるのを待つのみ。1ヶ月後が楽しみだ。Dscf0729









まだ寒い日が続くが、ブルーベリーの花芽はもう膨らみ始めている。家庭菜園のチンゲンサイも一部トウが立ち始めた。春はそこまで来ている。Dscf0727









午後に外出し、青山で行われた父親の仕事と子育て応援シンポジウムに出席してきた。予約はしていなかったのだが運よく入れた。育休取得経験者の話や専門家の話など、有意義な2時間だった。その場で配布されたハンドブック「父親のワーク・ライフ・バランス 応援します! 仕事と子育て両立パパ」はこちらからダウンロード可能だ。

さて、今日の夕食はDscf0739カレー。









カレー粉には「奄美カレー」なるものを使用。
Dscf0733















適度にスパイシーでおいしかった。

★今日の一枚
ティッシュペーパーを引っ張り出して遊ぶ。
Dscf0731









マホ:「どんどん出てきて楽しい!」
パパ:「パパはそんな財布が欲しいな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

これ誰?

突然だが、この写真を見てほしい。
Dscf0700
















マホのような、ちょっと違うような・・・。この白い服を着た人物、何と1歳くらいの私なのである。4月以降の職場復帰に関する打ち合わせのために会社に行った後に、私の実家に寄ったのだが、そこで昔のアルバムを見てびっくり。小さい頃の自分がマホに似ているのだ。これまでは妻に似ているとばかり思っていたので驚きだった。少し嬉しいような、可哀そうなような複雑な感情である。この泣き虫は、大きくなったらどんな顔になるのだろうか。

<会社のテーブルの上で泣きべそ>
Dscf0692
















今日は節分。豆まきをした。妻が鬼の面をかぶって登場し、マホに襲いかかろうとすると・・・。大泣きするかと思いきや、ケロッとしている。
Dscf0702









Dscf0714
















「ママ何やってるの?」と言わんばかりである。声や服装などで判断できるのだろうか。意外だった。私は鬼をやっつける役目。日頃のうっぷんを大いに晴らした、いや、大いに邪気を払ったのだった。

さて、今日の夕食は、私の実家からのもらいものと残り物。サバ寿司がうまかった。
Dscf0726









★今日の一枚
私のアルバムの上に乗って写真を見る。
Dscf0698









パパ:「マホはパパ似だったんだね」
マホ:「それってもうキャンセルできない?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

灰が降る

今朝窓から外を見ると、車のボンネットの上に霜が降りている。日が昇ってきたのに解けないなと思ってよく見てみると灰だった。
Dscf0683









誰かが焚き火で焼き芋でも焼いたのかと思っていたら、近所の人の話によると浅間山が噴火したという。(私はニュースを見ていないので知らなかった)

午後にスーパーに買い物に行く際に、見慣れない車を洗っている大家さんの息子さん(といっても私より年上)に出くわした。車に降りかかった灰を洗い落としているのだという。以前乗っていた外車は誰かに預けて、ネコ科のエンブレムがボンネットの先に付いている高級外車(中古)を新たに購入したという。

「スピード出そうですけど燃費悪そうですね」と聞くと、「いや、そんなでもないよ。1リットルあたり5kmくらいかな」との回答。

・・・1リットル5kmというのは私にとってはかなり燃費が悪い部類に入る。現行のプリウスは20km(実燃費)は走るようなのでその4分の1だ。最近の燃料高や環境志向で燃費のいい車に需要がシフトしていると思っていたが、まだこういう車を買う人がいるのだと少々驚いた。

そこで思いついたオヤジギャグ。

「こんな車を買うとはすごいコウバイ力、ハブリがいいですね。車が大きいとハイブリもいいですね。次はハイブリッド車はどうですか?」

長期的な関係を重視して、口に出すのはやめておいた。

さて、今日の夕食は、尾赤アジの刺身、牡蠣フライ、砂肝炒め。ちょっと作り過ぎてしまったか。牡蠣は宮城県・長石産。臭みがなくて旨味が濃く、おいしかった。
Dscf0689







ちなみに、鹿児島産の尾赤アジは丸々太って200円のお買い得。半身は塩を振って洗濯ばさみでベランダに吊るして一夜干しにした。
Dscf0686









★今日の一枚
灰の積もったボンネットの前でパチリ。Dscf0682









マホ:「オヤジギャク、つまんない」
パパ:「灰がたくさんでハイハイだね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

市民農園の最終日

昨年4月から約10か月お世話になった市民農園が今日で最終日だった。

一面に植わっていた野菜はすべて収穫し、ブロッコリーなどの株も撤去。茶色い土が広がる。
Dscf0667







作業が終わった後には園主より「修錬証」なるものが一人一人に手渡された。
Dscf0669 









そのあと薪で炊いた赤飯とお茶で小宴会。
Dscf0671








この市民農園にはマホの首が据わらない時から参加した。マホを抱っこしながらの参加だったのでろくに作業はできなかったが、収穫物は平等分配という仕組みはありがたかった。子連れのママから子育てに関するアドバイスをもらえたのも助かった。単調になりがちな育児にこのような趣味と実益を兼ね備えた気分転換の場があるのは大きかった。来年度にはマホも歩けるようになって農作業のまねごとができるようになっていることだろう。

なお、川崎市の市民農園(体験型農園)は現在来年度の参加者を募集中だ。締切は2月10日。子連れの人は特に楽しめると思うので、興味のある川崎市民はぜひ応募してみて欲しい(抽選の場合あり)。

さて、今日の夕食は今日の収穫物のブロッコリーを茹でたもの、野菜の浅漬けとホイコーロ。採れたての野菜はやはりうまい。
Dscf0679

















★今日の一枚
農園にてパチリ。Dscf0673










パパ:「パパは1年間農作業を頑張ったから修練証をもらえたよ!」
マホ:「全員もらってなかった?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »