« 父親ネットワークサミットに参加 | トップページ | 灰が降る »

2009年2月 1日 (日)

市民農園の最終日

昨年4月から約10か月お世話になった市民農園が今日で最終日だった。

一面に植わっていた野菜はすべて収穫し、ブロッコリーなどの株も撤去。茶色い土が広がる。
Dscf0667







作業が終わった後には園主より「修錬証」なるものが一人一人に手渡された。
Dscf0669 









そのあと薪で炊いた赤飯とお茶で小宴会。
Dscf0671








この市民農園にはマホの首が据わらない時から参加した。マホを抱っこしながらの参加だったのでろくに作業はできなかったが、収穫物は平等分配という仕組みはありがたかった。子連れのママから子育てに関するアドバイスをもらえたのも助かった。単調になりがちな育児にこのような趣味と実益を兼ね備えた気分転換の場があるのは大きかった。来年度にはマホも歩けるようになって農作業のまねごとができるようになっていることだろう。

なお、川崎市の市民農園(体験型農園)は現在来年度の参加者を募集中だ。締切は2月10日。子連れの人は特に楽しめると思うので、興味のある川崎市民はぜひ応募してみて欲しい(抽選の場合あり)。

さて、今日の夕食は今日の収穫物のブロッコリーを茹でたもの、野菜の浅漬けとホイコーロ。採れたての野菜はやはりうまい。
Dscf0679

















★今日の一枚
農園にてパチリ。Dscf0673










パパ:「パパは1年間農作業を頑張ったから修練証をもらえたよ!」
マホ:「全員もらってなかった?」

|

« 父親ネットワークサミットに参加 | トップページ | 灰が降る »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/27855671

この記事へのトラックバック一覧です: 市民農園の最終日:

« 父親ネットワークサミットに参加 | トップページ | 灰が降る »