« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

Hibワクチン接種

昨日の成功体験に味を占め、今日も子育て支援センターへ。ちなみにここは保育園にも幼稚園にも通っていない子どもしか使えないので、明日から保育園のマホが使えるのは今日が最後だ。マホは昨日より慣れた様子で、ボールで遊んだり、木のままごと道具で遊んだり。私からも進んで離れていった。この調子だと保育園に馴染むのも早いかも知れない。Dscf1731

















Dscf1732









Dscf1735 









子育て支援センターの後に行ったのは近所の小児科。

髄膜炎予防に効果があると言われるHibワクチンの接種のためだ。欧米を中心とする諸外国ではこの予防接種はかなり前から行われているそうだが、日本では承認が遅れ、昨年末にようやく解禁となった。「解禁」と言ってもポリオなどと違って接種代は公費ではなく、自費負担だ。
※Hibワクチンについて詳しくは日経メディカルの記事もしくは竹田こどもクリニックのHPを参照のこと。

このHibワクチン、2月末に申し込みをしてワクチンが入手できたと連絡が来たのは約1ヶ月後。ワクチンの輸入数が接種申込数に追いついていないそうだ。小児科医に聞いてみたところ、診療所1軒当たり1か月に3人分しか割り当てがないのだとか。

ところで、小児科医によると、マホの月齢(生後7か月~1歳未満)だとこのHibワクチンを全部で3回も接種しないといけないという。今日、1ヶ月後、1年後の3回だ。そんなことは全く知らなかった。

一方、1歳以上だと1回だけで済むという。ワクチン代は1回8,000円と安くない。マホの誕生日は4月22日のため、1か月弱待てばワクチン接種は3回(24,000円)ではなく、1回(8,000円)で済むことになる。そのことを医師に伝えたところ、「髄膜炎は0歳児が一番リスクが高いのだから、1歳になるまで待っていたら本末転倒」と笑いながら返された。うーん、正論だ。ということで泣く泣く?Hibワクチン1回目を接種。私が泣き叫んで暴れるマホを羽交い絞めにし、看護婦さんが腕を押さえて小児科医が注射。なかなか痛そうだった。

さて、今日の夕食は久々にパスタ。具はキャベツとホタテの貝柱。白ワイン(昨日の残り)と合った。
Dscf1749
















★今日の一枚
小児科の待合室にて。注射はかなり痛かったらしく、涙がにじんでいた。Dscf1746










マホ:「注射、すごく痛かったよ」
パパ:「パパは思わぬ失費がすごく痛かったよ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

子育て支援センターへ

マホは4月から保育園。マホを連れてよく外出はしているものの、あまり同じ年ごろの子どもと交流する機会が少なかったので、保育園になじめるかちょっと心配だった。

そこで、いまさらながら、親子連れのために遊び場を開放している子育て支援センターに行ってみることにした。近所の保育園の3Fにあるスペースに行ってみると、板張りのやわらかな雰囲気の中、0~1歳くらいの子どもが思い思いに遊んでいる。おもちゃも種類が豊富。

マホは初めは緊張気味で私にしがみついていたのだが、そのうち慣れてきてハイハイで遠出。同じくらいの月齢の子どもと交流し、色々なおもちゃにも触り、絵本も読んでかなり楽しんだようだった。
Dscf1704









Dscf1705







Dscf1707









Dscf1708









4月から同じ保育園に入る予定のママにも会って話が盛り上がり、2時間はあっという間だった。「もっと早く来ていればよかった!」というのが正直な感想。マホが生まれて2~3が月のころ、近所の児童館で開催されるママ’sサロンという母と子の集まりに何度か参加したものの、雰囲気になじめずに足が遠のいてしまったのが「トラウマ」になっていたのだ。何事もまず試してみるべし、そう思った1日だった。

さて、今日は妻の誕生日だったので何となく洋食風に。用意したのはブルスケッタ、サラダ、コーンスープ、鶏もも肉のグリル。ケーキは稲城市にあるホーエス・ロープで購入。交通がやや不便だが、いい素材を使って味は確かなお薦めの店だ。
Dscf1715







Dscf1717










★今日の一枚
ティッシュを口にくわえて遊ぶ。Dscf1723

















マホ:「今日はママの誕生日だからおひげをつけたよ」
パパ:「それはクリスマスにやってね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

マホ、カラスに大泣き

今朝はかなりの冷え込みだったが、日中は快晴、暖かい1日となった。陽気に誘われてマホを前抱っこして近くの城址公園にミニハイキングに行ってきた。
090329_145702
















昨年10月にもマホを抱っこして高尾山に登ったのだが、今回はその時よりもマホの重さを感じる。私の体力の衰えを差し引いたとしても約5ヶ月間の成長を感じる。

新緑がすがすがしく、見晴らしもよくいい散歩コースだった。コースの途中に広場があったのでビニールシートを敷いて休憩。おむつを替え、バナナを食べさせた。するとどこからともなくカラスが舞い降り、我々の2、3mのところまで近づいてきた。こちらに興味を持っている風で、カラスは食べた餌(ピーナッツのようなもの)を吐きだして親愛のポーズ?を示す。そこまでは良かったのだが、そのカラスが「クルルル」と低い声で鳴いたらマホは怖がって大泣きし始めた。でもカラスは一向に気に留めずに鳴き続ける。手を挙げて追い払ってもあまり遠くにはいかない。マホにとっては散々な散歩になってしまった。(遠くの黒い点がカラス―携帯電話で撮影)
090329_155015















今日は天気が良かったので、畑に枝豆の種を畑に、オクラとピーマンの種をポットに播いてみた。Dscf1690










Dscf1691









無事芽が出るといいのだが。

さて、今日の夕食はホタルイカの昆布締めとブリ大根。ホタルイカの昆布締めは富山に里帰りしていたご近所さんがお母さんの手作りだと言ってくれたもの。昆布の旨味がしみ込んでいてうまかった(焼酎に合った)。Dscf1699










★今日の一枚
お気に入りのダシのスティックを箱から出して遊ぶ。Dscf1696










パパ:「ちゃんと片付けないとカラスを連れてきちゃうぞ~」
マホ:「鳴かないやつをお願い」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

バームクーヘン大食い

最近マホは食べ物に敏感に反応する。妻が帰ってきてお茶をしようとバームクーヘンを机の上に置いたところ、マホがササっと寄ってきておもむろに一切れをわしづかみ。すぐさま口にもっていってかぶりつく。Dscf1679










Dscf1681
















Dscf1684
















それは見事な食べっぷりだ。甘いのでさすがに途中で止めさせたが、ますます油断ができなくなってきた。

マホは今日もたっちの練習をしていた。昨日よりも安定感が増し、立っていられる時間も長くなった。別に教えたわけではないのに寝返りをし、ハイハイをし、2本足で立つ。いないいないばぁを楽しみ、絵本を自分でめくり、手づかみでご飯を食べるようになる。赤ん坊は大したものだといつも感心する。こうして目ざましく成長するマホに対し、自分は??と思うこともしばしばなのだが・・・。

さて、今日の夕食は芽キャベツのホットサラダ。芽キャベツは大小バラバラのものを家庭菜園から収穫。加熱し過ぎて色が悪くなってしまったが味はまずまずだった。Dscf1685










芽キャベツのホットサラダを作った。加熱し過ぎて色が悪くなってしまったが味はいけた。
Dscf1686 









バームクーヘン以外の写真を撮らなかったので「今日の一枚」は今日はナシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

眺め最高のおむつ替えスポット

ファザーリング・ジャパンの打ち合わせのため、マホを連れて都内に出かけてきた。テーマは今後設立を検討している、プレパパもしくはビギナーパパ向けのスクール事業についてだ。メンバーはマホを入れて7名。文京区シビックセンターの25Fにあるレストランで昼食をとりながら活発な意見が飛び交った。約1時間半の打ち合わせの間に私はレストランを抜け出し、展望ホールでマホのおむつを2回交換。眺望は抜群だった。本人は全く気づいていなかったけど。Dscf1662









さて、今日の夕食は鶏鍋。例によって材料を鍋に入れて煮るだけだ。
Dscf1671









★今日の一枚
玄米を精米機で5分づきに精米し、明日の朝食に備える。マホは精米機の回る音におっかなびっくりで私の足にしがみつく。でも精米機が気になる・・・。
Dscf1673









マホ:「精米機なんて全然怖くないよ!」
パパ:「でも、ギュッと握ったその手が痛いかも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

園長面談

今日は保育園の園長先生との面談の日。たまたま妻も休みだったのでマホを連れて3人で保育園に出かけてきた。園長先生は55年も続くこの保育園の創立者の息子さんだ。とてもきさくで、建物や内装、オブジェなどに造詣が深い(関心が強い)、いい意味でちょっとファンキーな人だった。一方、一緒に面談した主任さんは保育のベテランでしっかりした人で、マホを安心してお任せできそうでほっとした。

さて、延長面談の後私は会社で打ち合わせ。帰りが遅くなってしまったので夕食は一人で適当に。
Dscf1659









★今日の一枚
園長面談の場にて。Dscf1658










パパ:「これからお世話になる園長先生だよ」
マホ:「このおじさんを面接するのね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

ピラティス初体験

妻の高校時代の友人(女性)の知人(男性)が、育休経験者に興味があるということでうちに遊びにきた。彼は家や事務所などの設計を仕事にしている一級建築士。独立して事務所を開いているという。半年後くらいに子どもが生まれる予定のため、どんな風に子育てをしているか関心を持ったようだ。

4人(妻の友人、知人、妻、私)で一しきり話をした後、妻の高校時代の友人がピラティス(ヨガのような運動)のショートレッスンをしてくれた。インストラクターの資格取得を目指しており、教える練習をしているという。ピラティスというのは初めてのことで力の入れ具合がよく分からなかったのだが、継続してやると体に良さそうなことは分かった。でも自分が続けられないであろうこともよく分かった。マホはピラティス中あちこちウロウロ。Dscf1648









さて、今日の夕食は、鶏の胸肉、ニンニク、ショウガ、もち米を煮たサムゲタン風お粥とエビの塩焼き。お粥はシンプルだが鶏の旨味が出ていい味だった。
Dscf1650










★今日の一枚
朝起きて引き戸を開け、寝室から台所に登場。Dscf1644










マホ:「パパ、おはよう!」
パパ:「遅い!もうとっくに日は昇ってるぞ!(パパも10分前に起きて確認したよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

昼ビール

今日の昼にマホを連れて学生時代のアルバイト仲間と久々に会った。ちょっと変わったアルバイトだったのだが、彼は私と共に率先して仕事をさぼる仲間だった。行ったのは以前雛人形屋を紹介してくれたすし将。寿司をつまみながら昼からビール。これまでできそうであまりやらなかったのだが、これぞ育休の醍醐味だ。
Dscf1635









この友人と会うのは彼の結婚式以来なので4年ぶりくらいだろうか。彼はいわゆる「おめでた婚」で4歳くらいの男の子がいる。この子は生まれながらにして障がいを持っているため、子育てにはかなり苦労しているとのことだった。一方で、社内で手を挙げて国内大学院のMBAに通っていたり(既に単位を取り終わっているので昼からビールが飲める)、MBA仲間と子育て本の執筆を企画したりとエネルギッシュに活動をしている。MBAのため2年離れていた仕事にはこの4月に復帰するそうだが、かなり忙しい部署に配属されたため、家庭の方が心配だという。彼とは4月から新しい環境でお互い頑張ろうと話して別れた。

さて、今日は妻が職場の食事会で帰りが遅い。なので自然とアリモノ料理に。ブロッコリーと焼き豚の炒め物と茹でブロッコリー。メニューにやや偏りがあるが気にしない。
Dscf1643










★今日の一枚
ランチの最中にマホが他人のテーブルに出張。人見知りも徐々に薄らいできたようだ。
Dscf1637









マホ:「ねぇ、そのおいしそうなの何?」
お客さん:「お手拭き」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

サヤエンドウの支柱立て

昨年の秋に植えたサヤエンドウが無事冬を越し、最近の陽気で大きく育ってきた。ちらほら白い花も咲いている。そのまま放っておくと倒れてしまいそうだったので、支柱を立て、つるがからむように網を張った。味噌汁や煮物にちょっとあるとうれしいサヤエンドウの収穫が今から楽しみだ。Dscf1628









さて、今日の夜は私は勉強会に出席予定。妻には豚肉、山芋、きのこの味噌炒めを用意しておいた。Dscf1629











★今日の一枚
ヤカンの蓋を開けて手を突っ込み笑顔を見せる。
Dscf1633









パパ:「昼間っからそんなことやったらヤカン!」
マホ:「それ、前も言ったよね?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

育児は足を使え

マホが自分でハイハイするようになり、私の足元にまとわりついてきて家事が思うようにできないことがある。足を掴む手を振り切ろうとすると泣き叫ぶし、抱っこをしていたら家事が進まないし・・・悩ましいところだ。

おんぶをすればいいのだが、そこまでではない。そんな時にお勧めなのは足を使うことだ。両手がふさがっていても足を使えばドアも開けられるし、モノだって移動できる。さすがに台所の洗いものはできないが、浴槽くらいは洗える。
Dscf1618









Dscf1619









これを子どもに教えられるかというと微妙なところだけど・・・

さて、今日の夕食はチャーハンときんぴら。もちろんこれは手で作った。
Dscf1623









★今日の一枚
どうしてもマホを自分から離したい時にはパンやベビーせんべいを渡して気をそらすのも一つの手。餌付けしているようで何となく気分が悪いのだが。Dscf1620










パパ:「ハイ、パンあげる」
マホ:「ワタシが欲しいのはそれじゃないの!いや、それだったっけ?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

入園準備

入園準備のうち、一番大変なのは布団と毛布のカバー作りだ。保育園から配布された準備リストには布団と毛布のサイズが書いてあるだけ。
Dscf1609
















私は縫い物が大の苦手で、ミシンもまともに使ったことがない。妻はできるのだが仕事で忙しくてなかなか時間が取れない。締め切り時間も迫っているので、私の母を頼ることにした。全てを頼むのはさすがに気が引けるので、布を切るくらいは手伝っていこうと思ったのだが、時間の関係で(という言い訳で)結果的に丸投げする形になってしまった。
Dscf1611









母親も子ども(私と兄妹)が幼稚園に入る時に縫い物を鍛えられるとともに、やはり母(私の祖母)に助けてもらったそうだ。それを聞いて少しだけ安心した。

さて、今日の夕食は近所の店で広島風お好み焼き。たまに食べるとおいしい。
Dscf1614

















★今日の一枚
実家の床で動きまわる。
Dscf1612







マホ:「布団カバー、パパが作らなくていいの?」
パパ:「マホはまだ分からないと思うけど、大人の世界、特に会社組織なんかでは指示した人の手柄になるんだ」

※なんつって。作製どうもありがとうございましたm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

ぐらぐらたっち

マホはしばらく前からつかまり立ちをするようになったのだが、最近手を離してたっちをするようになった。まだぐらぐらしており、自力で立てるのは5秒ほど。それでも何やら満足そう。Dscf1600



























一人で立てるようになれば、きっと歩くのも早いだろう。最近スピードが上がってきたハイハイが見られなくなると思うと少々さみしくもあるが、そんなことも言ってられないか。

さて、今日の夕食は静岡で買ってきたブロッコリー(こんなに入って110円!)を使ったDscf1602










クリームシチューとレバニラ炒め。Dscf1603








★今日の一枚
たっちしてもすぐに尻もちをついてしまう。手に持っているのはデジカメのソフトケース。
Dscf1601









マホ:「なんでうまく立てないのかな?」
パパ:「万有引力の法則のせいかなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

育休の卒業旅行で浜松へ(2日目)

今日は卒業旅行の2日目。昨夜は慣れない部屋とベッドのせいかマホがちょこちょこ夜中に起きた。おかげで予定よりちょっと寝坊してしまった。
Dscf1534









朝食は見晴らしの良いウッドデッキで頂いた。
Dscf1544









目玉焼きの卵はもちろん鶏小屋から。ベーコン、パン、マーマレードも自家製だ。
Dscf1547









続いて農場の見学。

<母屋付近>
Dscf1573









<羊小屋>
Dscf1552









※子羊はいずれ食べる予定だとのこと

<鶏小屋>
Dscf1550









<レモンの木>
Dscf1554









<お茶の木とブルーベリーの木>
Dscf1553









<山あいの畑>
Dscf1556









<しいたけのほだ木>Dscf1559











農場見学の後、飼っている羊の毛を使ったフェルト作りを体験させてもらった。詳しい工程は省くが、羊の毛を丸めて、色のある毛を組み合わせて様々な形や模様のフェルトを作ることができる。Dscf1562










我々は羊の人形を作ってみた。左が妻作、右が私作。
Dscf1571







本物の羊と答え合わせしてみたが、あまり似ていない・・・。
Dscf1570









お土産にレモンとサニーレタスを頂いた後、
Dscf1572










昼前に山内農園を出発し、地元の物産を売っている「アクティ森」に立ち寄って農産物などを買い込んだ後、
Dscf1580









石垣いちご狩り」で有名な静岡市の久能地区へ。いちご狩り農園がずらりと並ぶ「いちごロード」の一軒に入り、いちご狩りをした。道路をはさんですぐ目の前には海が広がる。Dscf1581










この「石垣いちご」がユニークなのは、石(と言ってもいまはコンクリが使われている)を積んだ石垣状の培地にイチゴの苗が植え付けてあり、いちごがぶら下がっているところだろう。あまりかがまないでも収穫しやすいのだ。また、この辺りは周りにさえぎるものがないため日照時間が長く、コンクリートに蓄えられた太陽熱のおかげで重油を燃やして加温する必要がなく環境にもやさしいのだ。この栽培方法は何と100年以上も続いているというから驚きだ。今のようにビニールハウスや重油ボイラーがない時代には久能いちごは早く市場に出回ることで有名だったという。また、久能地区は観光いちご狩り発祥の地でもあるそうだ。

Dscf1585
















そんな能書きはさておき、マホはずらりと並んだ赤いいちごに大興奮。食べさせても食べさせても「アーッ」と高く力強い声でお代わりの合図。お腹を壊すのではないかと心配になるほど食べた。人生初のいちご狩りを楽しんだようで何よりだった。
Dscf1591















いちご農園を後にし、最後に立ち寄ったのは由比ヶ浜。特産品のサクラエビを食べてお腹を満たした後、帰途についたのだった。
Dscf1595










11か月の赤ん坊連れの旅行は色々と気を使うことも多かったが、子連れであることにより旅先での交流も増え、なかなか楽しかった。さて次はどこに行こうか。

★今日の一枚
初めて見る羊に怯える。Dscf1541










パパ:「羊さん、かわいいだろう?」
マホ:「不細工なフェルト人形の方がいい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

育休の卒業旅行で浜松へ(1日目)

長かった育休も残すところあとわずか。育休の「卒業旅行」として浜松方面に出かけた。できれば電車で行きたかったのだが、目的地へのアクセスの関係で今回は車を使った。

まず向かったのは浜松市内にあるカレー屋Bija。地元で栽培された有機野菜、フェアトレードのスパイスなどを使ったカレーの店だ。大学時代に米作りのサークルで一緒だった友人が1年半ほど前に立ち上げた。到着してまず店構えが立派なことに驚く。店内スペースも広く、客席数は30席以上あっただろうか。Dscf1483











出店当初は2種類だけのカレーで始めたそうだが、いまではDscf1499_2メニューも充実している。








何にするかさんざん悩んだ挙句、我々が注文したのは静岡桜海老野菜カレーと、Dscf1488










チキンオムカレー。
Dscf1490









どちらもスパイスが上品に効いており、味にコクがあってうまい。素材にこだわっているだけある。デザート類も充実しており、味にも見た目にも工夫が凝らされていておいしかった。
Dscf1498








ところで、偶然にも今日Bijaのすぐ前で個人病院の建前があり、餅が撒かれるというので友人やBijaのスタッフと共に参加してきた。時間通りに行ってみると、すでに黒山の人だかり。Dscf1500いい場所はすでに皆陣取られている。










この人だかりに向けて、建て主一家と思しき人々が餅やらお菓子をばら撒くのだ。
Dscf1503
 








これを受け取るのは子どもばかりかと思いきや、老若男女が真剣に奪い合う。しかしそこには施しを受ける者の侘しさは微塵もなく、お祭りのような明るさがある。面白半分で参加した私もいつの間にか前のめりになって餅やらお菓子やらをキャッチしていた。

終わった後は警官の交通整理が入るほど人がぞろぞろ。なかなか面白い風習だ。
Dscf1511









場所取りが良ければもっと取れていただろうが、餅とお菓子合わせて32個は初挑戦にしては上出来だろう。ちなみに友人は34個。僅差で負けた。
Dscf1512









餅は食べ切れないので半分ほどBijaに置いて、次はBijaのスタッフに紹介してもらった山内農園へ。浜松から山側に車で1時間ほどの森町というところにある。山内夫妻は15年ほど前に脱サラして都会から移り住み、農業を営む。以前は600羽ほどの養鶏をやり出荷もしていたそうだが、今は鶏・ウコッケイの合計で10羽ちょっと。畑、果樹なども合わせて自給的な農業をされている。

18:00頃に到着して早々に夕食を用意してくれ、一緒に食事をすることに。人数が多ければ石釜だが、今日は2人(+1人)なのでオーブンで焼いた自家製のピザ。それと漁師さんが地元で獲った猪肉のサラダ。ピザはカリっとしていておいしい。猪肉は味噌味が効いており、臭みは全く感じない。出して頂いたビール、焼酎が進んだ。

話をするうちに、山内夫妻は我々が住んでいる辺りに以前住んでいたことがあったことが判明。地元話や子育て話、山内夫妻の海外駐在話などで大いに盛り上がった。ちなみに餅は5個を残して山内家に引き取ってもらった。Dscf1528









夜は早々に就寝。
Dscf1532









夜中は本当に静かで星空がきれいだった。

★今日の一枚
マホは餅まきの様子を後ろの方で見ていた。
Dscf1507









パパ:「いやー、余裕で沢山取れちゃったよ~」
マホ:「パパ、目が血走って呼吸は荒いけど?」

※参考情報

<山内農園>
静岡県周知郡森町亀久保296
TEL&FAX:0538-87-0111
 コテージ素泊まり:3,000円/人(定員5名)
  台所(調理器具付き)、薪ストーブ、水洗トイレ、温水シャワー(浴槽はナシ)
 夕食:5,000円/組(石釜ピザ3~5人分)
 朝食(手作りパン、目玉焼き、サラダ、紅茶):500円/人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

ベランダピクニック

午前中に今回最後となる両親学級に行ってきた。これはおむつ替え用のベッド。Dscf1453









育休中にもう何度行ったか忘れてしまったのだが、両親学級でプレパパの話を聞き、自分の体験を話すというのはいい経験だった。自分にとって色々と参考になることも多かった。今日で両親学級も最後かと思うと、育休がいよいよ終わりだという実感が湧いてくる。私の誘いで何度か一緒に両親学級に参加してくれた休職中のヨツバちゃんパパも楽しんでくれたようで何よりだった。Dscf1457










天気がよかったので家に帰ってからベランダにビニールシートを敷いてランチ。
Dscf1467









マホも何となく楽しそうだ。ちなみにこのJリーグのシートは今は統合してなくなってしまった富士銀行のノベルティグッズ。1993年くらいのレアものだ。マホはそんなことは関係なくイチゴをほうばる。
Dscf1469









近所には芝生で遊べるところがあまりないのだが、ベランダピクニックなら気軽にできそうだ。

さて、今日も妻は会社の飲み会で外食。私の夕食はやはりシンプルに。
Dscf1476
















★今日の一枚
やかんの蓋を取って手を突っ込む。水をバシャバシャするのが楽しいようだ。
Dscf1473









パパ:「昼間っからそんなことやったらヤカン」
マホ:「・・・(バシャバシャ)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

片付けの片付け

TV取材が終わってほっと一息。今日は片付けの片付けをやった。つまり、TV取材のために、使っていない部屋に押し込んだモノをしかるべき位置に戻すという非生産的な作業である。もともときれいに片付いていればこんなことにはならないのだが、なかなかそうもいかない。

私が片付けをする一方で、マホは部屋を荒らし放題。片付けは延々と続くのだった。Dscf1449











さて、今日は妻が送別会で外食のため、夕食はかなりシンプルに。私の分はご飯、煮物、おひたし。Dscf1451






★今日の一枚
ちょっと分かりにくいが、昨年12月3日に植えたアスパラが2本芽を出していた。
Dscf1448 









パパ:「アスパラが2本も芽を出したね」
マホ:「アスパラの前歯に負けた・・・」

※マホはまだ歯が一本も生えていない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

取材2日目

今日はTV東京の取材2日目。11:30頃に取材クルーが来て、家事の様子、買い物の様子などを撮っていった。保育園に必要なおむつカバーやら服やらを購入するために川崎駅のショッピングセンターまで電車で足を延ばしたのだが、同行した取材クルーはショッピングセンターの広報担当者に止められてしまい、このシーンはあっけなくボツとなった。

プロデューサーの女性には色々な質問をされたが、的確に答えるのは本当に難しい。かなりの量のテープを撮っていったのだが、使われるのはほんの一部だとのこと。おかしな受け答えが使われないことを願うのみだ。

ところで、今回の取材クルーは皆若く、20代後半~30歳くらい。皆さんの雰囲気が良かったのか、マホはかなりリラックスし、愛嬌を振りまいていた。
Dscf1430

















Dscf1436










さて、今日の夕食は麻婆豆腐。TVカメラが入っていたため、写真を撮る余裕はなかった。

★今日の一枚
鏡に映った自分に接近。マホは結構自分好き?
Dscf1427
















マホ:「このかわいい赤ちゃんは誰?」
パパ:「マホ」 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

妹の送別会

妹が4月に名古屋に転勤することになり、実家で開かれた送別会に3人で参加してきた。テーブルには手作りのピザやローストビーフなどのご馳走が並んだ。
Dscf1404









Dscf1407









Dscf1406









Dscf1413









Dscf1408









ご馳走には当然アルコールが付き物。ビールに加え、持参したシャンパン、ワインも飲んだのだが、二日酔いのせいでさすがに杯が進まなかった。

送別会を早めに失礼し、手芸品店に布地を買いに行った。保育園入園までに布団カバー、毛布カバーを作る必要があるのだ。多種多様な生地から選ぶのは一苦労だった。
Dscf1416_2









さて、今日の夕食は、煮物とご飯。妻が会社同僚と食事に行ったためごくシンプルに。上の3皿はマホの分。パン粥を触っているのはマホの手だ。Dscf1423










★今日の一枚
私のマネをして歯ブラシを口に入れる。
Dscf1419









マホ:「パパみたいにシャカシャカいわないんだけど」
パパ:「スピードが足りないんじゃない?」

※マホはまだ一本も歯が生えてない

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

パパ飲み

昨日整地した畑にジャガイモの植え付けをした。左は「キタアカリ」、右は「インカのひとみ」という品種。前者はスーパーなどでよく売られている品種だが、後者は初挑戦だ。収穫は6月頃の予定。Dscf1383










Dscf1384








ところで、マホが最近自分でものを掴んで食べるようになった。ちぎったレタスを口に運ぶ。
Dscf1401
















生野菜は消化に悪そうなので途中で止めさせたが・・・。今後は誤飲が心配だ。

さて、今日の夜は地元のパパ友2人との飲み会で20時過ぎに居酒屋に出かけた。子育ての話、夫婦関係の話、仕事の話などで盛り上がり、ビール、焼酎と杯を重ねる。なかなかない機会に皆はしゃぎ過ぎたか、3人で焼酎の4合瓶が1本半以上空いた。帰る頃には皆かなり酔っぱらってフラフラに。またやろうと約束して解散した。

当然電車もバスもない時間である。雨が降っていたのだが、酔いに任せて家まで1時間くらいかけて歩いて帰った。あちこちぶつかりながら何とか家に辿り着き、気づいたら台所に座り込んで寝ていたのだった・・・。

★今日の一枚
熱心にレタスをちぎる。Dscf1393










マホ:「このおもちゃ楽しい!」
パパ:「ちぎったのをお皿に入れてみない?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

白菜収穫

畑にまだ残っていた白菜を2株収穫した。「白菜」とはいえ、植えた時期が遅かったために結球せず青々としている。Dscf1368










先日収穫した白菜がまだ冷蔵庫に入っていたため、この2株はご近所さんに引き取ってもらった。白菜を収穫した後は生ゴミ堆肥と鶏糞を混ぜてよく耕して整地。ジャガイモの植え付けに備えた。Dscf1378










ところで、今日は初めてマホに柔らかく煮た角切り野菜を食べさせてみた。これまではミキサーにかけていたのだが、そろそろ多少固くてもすりつぶせるかと思ったのだ。もぐもぐ食べていたので大丈夫なようだ。これで離乳食作りの工程が一つ減った。
Dscf1371 









さて、今日の夕食は、他人丼。Dscf1380余りは明日の妻の弁当に。











★今日の一枚
収穫した白菜を見つめる。Dscf1373









パパ:「どうだ、立派な白菜だろう」
マホ:「これは『ハクサイ』じゃなくて『アオクサイ』だね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

担任面談とTV取材

今日は保育園の担任面談の日。妻がたまたま休みだったのでマホと3人で行ってきた。「担任」とは、4月からマホの面倒を見てくれる「いちご組」の保育士さんのことだ。

いまのマホの生活リズムや好み、気をつけるべき点などを聞かれた後、保育園での生活の注意事項や事前に準備するものなどを教えてくれた。

保育士さんはハキハキと感じがよく、まだ若いが信頼感・安定感がある。マホも幸い上機嫌。4月からの新生活に早く慣れてくれることを願うのみだ。

さて、今日は慣れない保育園訪問だったのだが、それを更にぎこちなくしたのはTV取材。男性の育児休業取得者はまだ少ないということで、テレビ東京からNPO(ファザーリング・ジャパン)経由で声が掛かり、TV局のスタッフ(プロデューサー、カメラさん、音声さん)が3名来て保育園訪問の様子を収録していったのだ。15日(日)にも再度来て日常生活を撮るという。

取材が決まったのは昨日の夕方なので取り繕う間もあまりなかった。今日は朝から片付け。慌ててやったため、先日友人にもらった貴重な紹興酒が犠牲に。こぼれた液体を味見しておいしさは確認したので許してもらおう。
Dscf1354









19日(木)23:00~の「少子高齢化」の特集枠の一部で放送されるようなので、ご興味のある方はご覧になって頂きたい。

今夜は大学時代の部活の送別会で私は外出。妻とマホ用に鯛のカマ焼きだけ用意した。
Dscf1357










★今日の一枚
本棚から何やら冊子を取り出して熱心に見つめる。
Dscf1356
















パパ:「何読んでるの?」
マホ:「この冊子、しなり具合がいいなぁと思って」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

医療費控除申請のために税務署へ

昨年は出産、母乳マッサージ、ばね指治療、歯医者など妻の医療費がかさんだ。年間の医療費が10万円を超えると10万円を超えた分の金額が所得から控除され、還付金が戻ってくるというので、マホを連れて税務署に初めて出かけてきた。

申請締切の時期が間近だということもあり、広い会場は人でごった返している。家で作成した書類に不備があり、係員に教わりながら会場にあるPCを操作して再作成し、その場で電子申請をすることに。途中マホがぐずり出してPCを扱っている場合ではなくなってしまったのだが、親切にも係員が代わりに操作をしてくれたので助かった。Dscf1346

















Dscf1347










還付金が支払われたらうまいものでも買おうかな。

さて、今日の夕食は海鮮中華丼とトビウオの刺身。
Dscf1349









スーパーで3枚に下ろしてもらったトビウオの半身は塩を振って一夜干しにし、翌日の朝食に。
Dscf1353_2














★今日の1枚
マホが何とベビーせんべいを自分の手で持って食べた。これまでは自分の口に持ってきてもらわないと食べなかったので大きな進歩だ。
Dscf1340
















パパ:「どうして自分で食べるようになったの?」
マホ:「しける前に早く食べたいの」

※ちなみに、マホはまだ歯が一本も生えていないので口の中で思い切りしけらせて(ドロドロにして)食べている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

ドキュメンタリー映画「bloom」を見に三鷹へ

1月に参加した父親ネットワークサミットで出会ったパパに勧められたドキュメンタリー映画「bloom」を見に三鷹まで行ってきた。この映画は、出産を経験した母親に自身の妊娠・出産・育児経験を語るもの。三鷹で育児支援を行うNPO法人「子育てコンビニ」が制作したものだ。

会場は集会場に映写用の幕を取り付けたもの。来場者の多くは子連れで畳の上に座って鑑賞。子連れにはありがたいスタイルだ。
Dscf1317










Dscf1320


















マホは上映中にポップコーンならぬおじやをぺろり。Dscf1318










1時間ほどの上映の後には出演者による座談会もあった。Dscf1324


















妊娠、出産、子育てを戸惑いながらも楽しむ多様な女性の声を聞き、勇気をもらったような気がした。これから育児をする親、育児に悩んでいる親にお勧めしたい映画だ。

さて、今日の夕食は、昨日の残りの鶏鍋。足りない具は継ぎ足した。
Dscf1329









★今日の一枚
映画鑑賞中にマホと遊んでいて、マホが手にしたものを私に渡してくれることに気づいた。家に帰って妻も成功。マホが渡しているのはかんずりの瓶のフタ。
Dscf1337









ママ:「マホちゃん、ちょうだい」
マホ:「ハイ!(フタならいいよ)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

冬野菜を慌てて収穫

市民農園仲間から今日農園でじゃがいもの植え付けをやったとのメールが入った。すっかり忘れていたのだが今日は4月の開園前の体験作業会の日だった。それを聞いて、うちの家庭菜園のじゃがいも植え付け予定地に残っている冬野菜を収穫してしまおうと思い立った。

白菜と、Dscf1304










ホウレンソウ、
Dscf1305









そしてひょろひょろの大根まで抜いたら結構な量になった。
Dscf1306









ついでに、空いているスペースにミニ白菜、チンゲンサイ、ホウレンソウの種をまいておいた。
Dscf1307_2










食べ切れない野菜は近所と市民農園仲間に引き受けてもらった。

夕食は、採った白菜を使って、
Dscf1308









鶏鍋。いい味だった。
Dscf1309

















★今日の一枚
笑顔の後ろにはマホが荒らした服の山がある。
Dscf1300









パパ:「せっかくたたんだのに何でぐしゃぐしゃにしちゃうの?」
マホ:「そこに山があるから」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

白金訪問

  大学時代の友人の一家が近々米国に駐在することになった。今日は出発前最後の家族同士での食事会だ。

白金(しろかね)に住む彼らの家をまず訪問し、これまで1年近く貸してもらっていた育児グッズを返却。座イスのBumboやプレイマットは特に大活躍してくれた。そして徒歩10分ほどのところにある「京ゆば麺うどん」の店でランチ。築80年の古民家を改装したという店は趣があるうえ、桜が生けてあって華やかだ。
Dscf1270









京都のお店らしく、料理も手が込んでいて上品。
Dscf1274









そして、ランチのコースに合わせて飲んだのは何と、友人が自宅から持ち込んだシャンパン、ドン・ペリニヨン(通称ドンペリ)!
Dscf1272









米国駐在には持って行けないということで、大放出してくれたのだ。久々に飲んだシャンパンはうまかった~。

2歳4か月になるリオちゃんはすっかり女の子らしくなった。生まれて数ヵ月の時に抱っこした頃から見違えた。気立てがよく、マホともよく遊んでくれた。マホが1年半後にこんなにしっかりしている姿はまだ想像できない。
Dscf1279









Dscf1280









Dscf1290









ランチ後には近くのケーキ屋さんに立ち寄って
Dscf1292
















甘味を調達し、彼らのお宅でお茶。一しきり話をした後で、リオちゃんのお下がりの服やら水着やらを沢山もらってしまった。お下がりと言っても、もともとの品質が良いし、これ本当に着たの?と思うくらい皆きれい。しかもその数が半端ではなく、マホがいま使っている服の数と同じくらいだろうか・・・。ありがたい。

さらに、米国に持って行けないからと帰り際にくれたのはワイン、シャンパン、紹興酒などの大量の酒類。うーん、持つべきものは友。次はきっと米国で会おうと約束し、彼らの自宅を後にした。

さて、今日の夕食は昨日の残り物のカレー。白金とはガラリと雰囲気が変わった。
Dscf1299

















★今日の一枚
京風のうどんを前に変な顔。
Dscf1277









マホ:「このうどんって恐いの?」
パパ:「それは恐怖のうどん」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

絵本めくり

最近よく作っている離乳食はこれ。生協で買った顆粒のだしでで野菜と豆腐を煮て、
Dscf1262_3









ミキサーにかけると色鮮やかな野菜がごま豆腐のような灰色に・・・。
Dscf1263_2









これは野菜の中に入れた紫イモの色素の仕業。こんなに食欲をそそらない色でもマホはパクパク食べる。味見してみると、甘みがあってなかなかいける。赤ん坊は大人のように目で食べるのではなく、舌で食べているのだ。

ところで、マホはうちにある「ごあいさつ遊び」という仕掛け絵本が好きだ。登場するキャラクターの顔の部分がめくれるようになっている絵本だ。これまでは絵本を読む時に私がめくっていたのだが、今日初めてマホが自分でめくるようになっ た。まだ意味は分かっていないようだが、めくるのが楽しい様子。全ては紹介し切れないが、ここのところ毎日のようにできることが増えている。Dscf1264_3


















さて、今日の夕食はポークカレー。デザートはキウイヨーグルト。よく見るとマホの皿にだけ赤いいちごが入っている。この幸せ者!
Dscf1268









★今日の一枚
うちでは毎日玄米を五分搗きに精米して炊いているのだが、マホはその精米機が回る音が大嫌い。精米機が動いていない時はご機嫌に蓋を叩いたりしているのだが、動き出すと怯えて私にしがみつく。
Dscf1265
















マホ:「普段は好きだけど、ガーッってなっている時は嫌い」
パパ:「・・・誰かさん、いや、人間のこと言っているみたい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

マグネット遊び

最近マホは色々なものに興味を示すようになった。今日のヒットはマグネット。はがす時に吸いつく感じが何とも不思議で楽しい様子。色々な所にくっつけると喜んではがしていた。Dscf1254











Dscf1257








さて、今日の夕食は鶏手羽先焼きと野菜サラダ。手羽先にはやはり・・・ということでビール(ノンアルコール)を飲んだ。Dscf1258










★今日の一枚
最近マホは小さなものもつまめるようになった。いちごのヘタで遊ぶ。
Dscf1253
















マホ:「ワタシ、赤い実が食べたい!」
パパ:「ごめん、これはヘタだけの品種なの」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

入園説明会

今日は内定した保育園の入園説明会と健康診断の日だ。たまたま妻が会社を休みだったので3人で行ってきた。保育園ではジャージを着た保育士さんが出迎えてくれた。

到着してすぐに入園説明が始まる。今後のスケジュール説明に始まり、入園までに用意しなくてはならないグッズの説明。
Dscf1248









色々あってうっかりすると聞き逃してしまう。指定サイズの毛布を買ったり、布団カバー、毛布カバーや靴入れを作ったりとなかなか準備が大変そうだ。保育料の引き落とし手続きなどもある。担任の先生、園長先生との面談も別々にある。育休生活もあとわずかになってしまったが、残念ながらあまりのんびりしてもいられないようだ。

さて、今日の夕食は鶏の煮物。他は全て残り物なのだが、皿数が多いと何となく気分がいい。
Dscf1251









★今日の一枚
保育園の説明会会場でパチリ。Dscf1249











パパ:「4月からマホはこの保育園でお世話になるんだよ」
マホ:「ママもパパもいて楽しそうだね!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

川崎の伝統野菜

川崎市というと工業地帯を思い浮かべる人が多いのだが、川崎にも地場の伝統野菜があることをご存じだろうか?「のらぼう菜」というちょっとあか抜けない名前の野菜は私が住んでいる辺りの特産品だ。アブラナ科だけあって味は菜の花に似ているのだが、より甘みが強く、アクがなく、大きくて食べ応えがある野菜だ。

畑で大小のカブを収穫していたところ、隣の畑のオーナーがのらぼう菜を大量にくれた。

<カブ>
Dscf1231









<のらぼう菜>
Dscf1236









ということで、今日の夕食はカブと豚肉の甘酢炒めとのらぼう菜のおひたし。ひな祭り当日だったので、ご飯の上にはいくらと煮あなごを載せてちらし寿司風にした。
Dscf1243_2

















★今日の一枚
雛人形を背景に食事前にパチリ。
Dscf1244
















パパ:「初節句を華やかな食事で迎えられてよかったよ!」
マホ:「ところで、ワタシはおじやだけ?」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

初めての屋外遊び

今日は快晴。洗濯物がよく乾いた。せっかく天気が良かったので近くにある公園に出かけた。これまでずっと室内で遊ばせていたので、そろそろ屋外の芝生の上で遊ばせてみようかと思い立ったのだ。

自転車で坂道を上ること10分ちょっと。自転車の揺れが良かったのかマホは道中うつらうつら。Dscf1224









公園に着いて早速マホを芝生の上に置いてみたものの腹ばいの姿勢でほとんど動かない。おまけにすぐに公園の閉園時間になってしまい、あえなく撤収。近々またトライしてみようと思う。
Dscf1226 









さて、今日の夕食はすき焼き風卵とじ。あとは残り物。
Dscf1230










★今日の一枚
リンゴは生だと硬いので鍋で煮てヨーグルトと共に食べさせてみた。口の開きが大きいのはおいしい証拠だ。Dscf1223










パパ:「煮リンゴおいしい?」
マホ:「まあまあかな・・・ガブッ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

両親とひな祭り

都内に住む両親がうちに来て、一足先にひな祭りをやった。母親が赤飯を炊いてきてくれたので、うちではブリ大根と吸い物(近所のスーパーにハマグリがなかったので大きなアサリで代用)、春雨を用意。何となくひな祭りらしくなった。これが昼食。Dscf1216










父親が遅れてきたので夕食も一緒に。昼食と似たようなものが並んだ。
Dscf1220











★今日の一枚
赤飯を前にして。
Dscf1217









マホ:「赤飯なのにいつもと味が変わらないね」
パパ:「マホがかじっているのはいつもの茶碗だからね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »