« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

打ち合わせという名の・・・

NPOファザーリング・ジャパンの活動で知り合った友人が親子3人で遊びに来てくれた。お子さんはそろそろ1歳の誕生日を迎える。マホより約1カ月半後に生まれたのにも関わらず、既にかなりしっかりした足取りで歩く。階段をよじ登り始めたのにはびっくりした。
Dscf1713








近々開催予定の座談会などの打ち合わせという目的があったのだが、それはさておき子どもの成長などについてお茶をしながら盛り上がる。お茶の次は自家製の梅酒が出てきて更に舌が滑らかに・・・。

3時間以上いたうちの最後の10分くらいで申し訳程度に打ち合わせをし、結局は「内容はお互い考えよう」。集まった意味があったようななかったような・・・。まあ楽しかったのでよしとしよう。せっかく来てくれたので採れたての野菜を持って帰ってもらった。

さて、今日の夕食は、カツオの刺身。妻が整体に出かけたのでマホと2人での夕食。
Dscf1715














★今日の一枚
私の指を噛む。歯が少し生えてきたので本気で噛むと少し痛い。
Dscf1712














パパ:「あんまり強く噛まないでね」
マホ:「美味しくないものは頼まれたって強く噛まないけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

マホ、歩く

ここのところマホが積極的に歩くようになってきた。歩くといってもまだ3歩程度。ふらふらと足を前に出して、親の体に倒れこむような感じだ。
Dscf1688
















Dscf1689
















Dscf1690
















はた目にはかなり危なっかしいのだが、本人としては自分で立って歩けるのが相当に楽しい様子。別に教えたわけではないのに勝手に歩き始めるというのはすごいものだと思う。

その他、名前を呼んだら「ハイっ!」と手を挙げるようになったり(手本を見せて教えたら覚えた)、服を脱ぎやすいようにバンザイをしたりとここのところ成長が目覚ましい。Dscf1686









これは保育園に通っているせいもあるかもしれない。保育園では色々な保育士さんが面倒を見てくれるほか、年上の子どもにも遊んでもらっているようだ。朝に預ける際にはまだ半泣きになることもあるのだが、マホにとって保育園生活はきっといい刺激になっていることだろう。

さて、今日の夕食はカレー。野菜を煮てマホ用の分を取り分けた後に作った。日々生活に追われていると、手の掛からない料理はありがたい。
Dscf1696

















★今日の一枚
5時半に起きてご機嫌ナナメ。バナナを食べさせるも、すぐになくなってまた不機嫌に。Dscf1682










パパ:「もうバナナ1本食べたでしょ?」
マホ:「あと2本ちょうだい。早起きは3本の得だもん」

※若干脚色あり。ご飯を食べなくなるので、バナナは1本も食べさせてません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

支柱立て

今日は妻が休日出勤。先週マホの病気で1日休んだ分を取り戻す必要があるというのだ。また、妻はマホを保育園に早めに迎えに行くため1時間時短勤務にしてくれているのだが、勤務時間は減っても仕事の量は減っていないという事情もあるようだ。

ということで、今日はマホと2人で留守番。あいにくの雨のため、毎週日曜日の午前中にある市民農園は中止。家でのんびり過ごした。と言ってもマホは一人遊びをまだあまりしないため、マホの相手と世話で自分のことはほとんどできない・・・。散らかった部屋でマホの昼食。
Dscf1652








お腹が一杯になると椅子の上に立ち上がる。
Dscf1654

















夕方に雨が上がったのでマホをおんぶして畑に出て、植えっぱなしにしていた夏野菜の苗の支柱を立てた。マホは適度な揺れのせいですぐにうとうと。30分ほどでトマト、ナス、ピーマン、シシトウ、キュウリの苗を、すぐそばに立てた支柱にくくりつけることができた。これで大風が吹いても大丈夫だ。(実は、1週間ほど前の暴風でトマトの接ぎ木苗が1本無残にも折れてしまったのだ)
Dscf1659















Dscf1660
















さて、今日の夕食は、焼きサンマ、シチュー(残り物)、味噌汁。帰ってきた妻が体調不良で寝込んだため、かなり手抜きな内容となった。

★今日の一枚
夕食時にお皿を指差す。
Dscf1661
















マホ:「今日立てた『支柱』と晩御飯の『シチュー』は関係あるの?」
パパ:「一見関係ありそうだけど、シチューの本当の発音はステュー(stew)だから関係ないんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

保育園の魔のサイクル(続き)

月曜日の夕方に妻の職場に保育園から電話が入った。マホが下痢気味で熱も38度を超えたという。マホを保育園から引き取り、ベビーカーで家の前まで来たところでマホがいきなり嘔吐。マホの服はもちろん、妻の服もベビーカーも吐しゃ物まみれになってしまった。

火曜日も体調が戻らなかったので、妻が休みを取って家で看病し、近所の小児科に連れて行った。どうやらまたウィルス性胃腸炎らしい。整腸剤などを処方された。

水曜日の朝は体調も機嫌も戻ったかに見えたので保育園に連れて行ったのだが、夕方にまた妻の職場に電話あり。下痢と熱だという。

今日(木曜日)の朝も食欲も元気もないので、保育園を休ませることにした。
Dscf1625









火曜日には妻が休んだので、今回は私が休み。仕事のやりくりが苦しいところだ。しかも明日は仕事で金沢出張・・・。

体調がいい時はマホは絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりするのだが、今日のように体調が悪いと何をやっても興味を示さず、つらそうな顔をするか、泣き声を出すだけ。おまけに常にひっつかれるため、家事は進まない・・・。
Dscf1631
















Dscf1632
















Dscf1636









こんな小さな体でさぞかし辛かろうと思う。早くよくなることを願うのみだ。

さて、今日の夕食はクリームシチュー。ワインとともに。Dscf1641









★今日の一枚
コップでほうじ茶を飲む。
Dscf1629









パパ:「マホ、変な顔」
マホ:「パパもね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

保育園の魔のサイクル

夕方に妻から電話が入った。マホを保育園に迎えに行ったところ、37.6℃の熱があるという。朝は平熱だったので、保育園にいる間に熱が上がったのだ。機嫌もよく、食欲もあったために保育園からはかろうじて早退の呼び出しはなかったのだが、GW中にせっかく治った風邪がぶり返したのだろうか・・・。

週の前半は体調が良いが、後半には疲れてきて体調を崩し、土日で立て直してまた次の週の後半で体調を崩すという「保育園の魔のサイクル」にまんまとはまってしまっているようだ。保育園では園児の誰もが病気の被害者であり、加害者でもある。うつしうつされの中で徐々に抵抗力をつけていってくれることを願うのみだ。

職場から家に帰ってみると、マホは確かに体温が高めだが、機嫌はそれほど悪くない。しかし鼻が詰まって呼吸が苦しそうだ。寝かしつけをし、夫婦で夕食を取っている間に目を覚ましてしまった。暑くて寝苦しかったのか、息苦しかったのか。マホはその後もたびたび目を覚まし、夜の番をしてくれた妻は寝た気がしなかったとか。お疲れさまでした・・・(私はこの日は2階で快眠)

さて、今日の夕食は肉野菜炒め。マホの回復を祈ってお清めの日本酒?と共に頂いた。
Dscf1580









★今日の一枚
保育園に行く前。自分の影に向かって手を振る。
Dscf1576









パパ:「あれはマホの影だよ」
マホ:「ワタシよりすばしっこいね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

夜中の大泣きと朝のイチゴ狩り

今日の未明、00:30くらいだっただろうか。マホが泣き出した。大量の下痢をしており、どうやらお腹が痛いらしい。そう言えば、保育園の連絡帳には牛乳を飲ませたと書いてあったような・・・。因果関係は不明だが、とにかくマホが泣きやまない。妻が抱っこするもダメ。救急病院に駆け込むほどのことでもなさそうだったので、私が嫌がるマホをおんぶし、外を散歩した。夜の近所に泣き声をまき散らしながら20分ほど歩いただろうか。泣き声が治まってきたので家に帰った。幸いおんぶ紐から下ろして横にしたところ寝付いてくれたので助かった。
Dscf1548









マホはまだ言葉がしゃべれないし、痛い箇所を指し示せるわけでもないので、どこが具合が悪いのかは推測するしかない。なんにせよ体調回復のためにはぐっすり寝てもらうのが一番。ほっとしながらマホの隣で眠りについたのだった。

そして、今朝は6時半前に元気に起床。この時間に一度起きるとなかなか寝ないので、畑に連れて行って朝のイチゴ狩りをした。
Dscf1553









Dscf1555_2









Dscf1557 









Dscf1560









Dscf1565









いちご狩りのときにはご機嫌だったマホだが、今朝も保育園で大泣き。お気に入りの先生に渡したのにも関わらずダメだった。やはりまだ安定には時間がかかるようだ。

さて、今日の夕食はポークソテー。ビールがよく合った。
Dscf1572










★今日の一枚
今朝起きると、未明の苦しみはうそのようなさわやかな顔。
Dscf1551
















パパ:「マホは昨夜お腹が痛そうですごい苦しそうだったんだよ」
マホ:「へぇ、その人大変だったね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

複雑な心境:訂正

マホは今朝保育園であまり慣れない先生に抱っこされ、昨日とは打って変わって大泣き。0歳児の部屋は2階なのだが、1階にまでマホの泣き声が響き渡っていた。

昨日は保育士さんに抱っこされて笑顔のマホを見て「寂しい」というようなことを書いたが、やはり泣き顔のマホより笑顔のマホの方を見て保育園を後にする方が格段に良いことを再認識したのだった。

今日は保育園にはいつもの通り妻が迎えに行ったのだが、家に帰ってもどうも機嫌が悪いらしい。とにかくご飯だけ食べさせて、風呂にも入れずに寝かしつけた。

今日の夕食は昨日の残り物・・・。
Dscf1546







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

複雑な心境

朝保育園にマホを預ける時にはマホがまた泣くかといつも心配なのだが、今朝は全く泣かなかった。それどころか、お気に入りの先生に抱っこされて笑顔。そうなると私はホッとするような、寂しいような・・・。大泣きされるよりは各段にいいことは間違いないのだが、ちょっと複雑な心境だ。

私の親が知人から北海道産のアスパラを2箱ももらったというので会社帰りに1箱もらって帰った。
Dscf1542
















マホの協力の下に辛抱強く本数を数えると何と53本もあった。
Dscf1534
















Dscf1535
















Dscf1536
















Dscf1537
















Dscf1538
















Dscf1539
















Dscf1540










さすがに食べ切れなそうだったので、計算担当のマホを連れて近所に配って食べてもらったのだった。

さて、今日の夕食はサバの味噌煮と茹でアスパラ。日本酒がよく合った。

Dscf1545








★今日の一枚
デザートのイチゴを食べる。
Dscf1541

















パパ:「マホが大好きなイチゴだよ」
マホ;「イチゴは53個ないの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

スペースキーが・・・

今日は妻が出社。マホの面倒は私が見ていた。マホが遊んでいる隙をついてPCをいじろうとすると、マホは大抵すぐに寄ってきて抱っこを要求する。

PCを開いたまま膝の上にマホを乗せると、マホはPCのキーをやたらめったら叩く。最近は力も強くなってきており、マホの一撃でスペースキーが取れてしまった。幸い部品が割れてはいなかったのだが、構造を理解し、順を追ってはめ込むのに1時間もかかってしまった・・・。Dscf1527










普段私が普通に使っていて外れることのなかったスペースキーを一撃で外すパワーを身に付けたマホ。なかなか侮れなくなってきた。

さて、今日の夕食は、豚肉と大根の煮物。豚肉が固くなってしまったのが残念。
Dscf1528










★今日の一枚
久々に行った家庭菜園でパチリ。
Dscf1522









パパ:「マホがパソコン壊すからブログの更新が遅れちゃったよ」
マホ:「1か月以上更新が遅れている理由にしては弱いね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

Hibワクチン2回目接種

今日は3月31日に引き続き、Hibワクチンの2回目の接種だ。小児科で接種前にマホの体温を測ってみると、37℃。窓口に伝えると、37℃以上は接種できないので測り直すように言われる。もう一度測ってみると36.9℃。ズルをしたわけではないが、何とか滑り込みセーフ。

少し待って診察室に入ると、マホはとたんに落ち着きをなくす。前の痛みを覚えているのだろうか。注射の直前にはマホが大暴れしたため、看護婦さんと私で力ずくで体と手を取り押さえ、何とか終えることができた。注射が終わってしまえばケロッとしたもの。
Dscf1508









Dscf1510









家に帰るとおにぎりをパクパク。普段通りのマホに戻ったのだった。
Dscf1511

















Dscf1512

















さて、今日の夕食は、カレイの煮付け。蕗も煮付けたのだが、煮過ぎて歯ごたえがなくなってしまった・・・
Dscf1517










★今日の写真解説
一見見分けがつきにくいこの2枚の写真の違いが分かるだろうか?
Dscf1507

















Dscf1513
















どちらも右手につかんでいるものはベビーせんべいなのだが、上は袋入り、下はむき出しという違いがある。「だから何?」という声が聞こえてきそうだが、マホの意図が上と下では違うのだ。つまり、上は「袋を開けてベビーせんべいを食べられる状態にして」というお願い(命令)、下は「(もうお腹が一杯になったから)食べていいよ」という許可(命令)なのだ。まだしゃべれない子どもから食べ物をもらえるのは想定外のことでうれしいのだが、せんべいの端っこが唾液で湿っていたりすると妙な脱力感に襲われてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

GWでリセット

今日はGW明けの金曜日。久々の登園日だ。あいにくの雨だったため、ベビーカーに雨具を取り付けて慌ただしく家を出る。雨の日は機動力が落ちるし、濡れるのでちょっとブルーだ。

保育園に着き、手順を思い出しながら支度をする。その間マホは不安そうに私にくっついたまま。支度が終わってお気に入りの先生に引き渡したのだが、マホはいきなり大泣き。GWの間に風邪はほぼ治り、体調も悪くないはずなのだが、保育園での生活をすっかり忘れてしまったようだ。保育士さんに抱っこされ、大泣きしながら私に向かって手を伸ばすマホを背にして足早に会社に出かけた。

夕方のお迎えは妻。保育士さんの話だと、今日は機嫌があまり良くなく、昼食時の食欲もいま一つ。一人にされるのを嫌がって保育士さんにずっとひっついていたらしい。土日を挟んで来週はどうなるのか、心配なところだ。

さて、今日の夕食は、肉野菜炒め。すぐにできる簡単メニューだ。
Dscf1500









★今日の一枚
1週間ぶりの保育園生活にすっかり疲れたのか、ぐっすり。
マホ:「久々の保育園、しんどかったぁ」
パパ:「久々の会社、しんどかったぁ」
Dscf1506








※大人でも休みボケになるのだから、1歳児ではなおさらかと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

大分三日目

泊まらせてもらった家は農家ではないのだが、農村にある。家の前には田畑が広がる。
Dscf1444









しっかりした朝ご飯をご馳走になった後、
Dscf1450










農作業めいたことをさせてくれた。
まずは裏山でタケノコ掘り。一般的なモウソウチクではなく、ハチクという種類。サイズは小さく、皮は赤っぽい。
Dscf1465









Dscf1470









次はタゼリ採り。水が湧いているところに生えている芹だ。
Dscf1478









作業の後、あわただしく身支度をし、ご主人に大分空港まで車で送ってもらった。そして空の上へ。
Dscf1487









慌ただしくも、充実した広島・大分旅行だった。

★今日の一枚
宿泊先の障子に指で穴を開けるDscf1448。どうやらとても楽しいらしい。










パパ:「障子に穴を開けちゃだめ!」
マホ:「だっておばちゃんがいいって言ったもん」

※実際、ホストの奥様はもともと穴が開いているのでいいよ、と言ってくれていたのだが、本当にやられると気が引けるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

大分二日目

せっかく温泉に来たのでそれらしい情報を紹介しよう。泊まった宿の部屋には半露天のこんな風呂がついているDscf1351

















風呂は部屋の外にも4つあり、すべて貸切利用ができるので子連れにはありがたい。マホは温泉(熱めのお湯に広い空間?)があまり好きではないらしく、すぐに泣き出してしまったので、ゆっくりとは入れなかったが・・・。

ところで、湯平温泉に行ったらぜひ寄って欲しいところが、花川堂本舗嬉し乃食堂。いずれも名物の石畳の通り沿いにある。花川堂本舗では素朴な味の羊羹が買えるほか、地元のゼンマイ、タケノコの乾物が買える。嬉し乃食堂は川魚料理が売り。
Dscf1379









Dscf1380









うなぎ。
Dscf1371









山菜天ぷら(定番山菜に加え、藤の花も。名前が分からないものが半分くらい)。
Dscf1374









茹でた川かに。
Dscf1375









そして、次回行った際にぜひ食べてみたいのが、鯉唐揚げのあんかけ。丸一匹豪快に揚げた鯉にタケノコや野菜のあんをかけたもの。この辺りでは普通に食べるらしく、お店の人は「水がきれいだから全く臭みがない」と言っていた。隣の人に写真を撮らせてもらった。
Dscf1378









湯平温泉を後にし、日本一長いという吊り橋を見学し、Dscf1381










牧場で馬に乗ったあと(妻と義妹)、今日の宿へ。
Dscf1415









Dscf1414









実は今日泊まったのは民宿。大分県が農山漁村ツーリズムとして推進しているいわゆる農家民泊だ。我々3人だけを車から降ろしてもらい、義母と義妹はそのままフェリーで広島へ。詳しい説明は省くが、実はこの宿のホストはいわゆる農家ではなかった。昔大阪で料理人、バーテンなどをやっていたという娘さんが料理に腕をふるってくれた。やはり大阪人の旦那さんが阪神ファンということで、箸袋はタイガースロゴ入り。
Dscf1430









採れたての山菜の天ぷら。
Dscf1432









タケノコご飯。
Dscf1435









マホが寝た後には、居間にどーんと置いてあるレアな焼酎も少々頂いた。「兼八」と「薩摩義士」いずれも非常においしかった。後で知ったが、兼八は入手困難でプレミアム付きで流通しているような貴重なものだったらしい。
Dscf1434








普段は星がきれいだそうだが、残念ながら今日は月が出ていたため、星はほとんど見えず。Dscf1439










夏にはホタルが乱舞する場所が近くにあるというので、またの機会に訪れてみたい。

★今日の一枚
牧場でたくましい馬をこわごわ見つめる。
Dscf1419









マホ:「お馬さんってどれくらい力があるの?」
パパ:「一馬力」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

千円高速の影響

今日は5人で大分県の湯布院近くにある湯平温泉へ。山口県の徳山港まで車で行き、そこから大分県の竹田津港まで2時間ほどフェリーに乗る。Dscf1302











普段あまり船に乗ることはないのだが、船旅はなかなか趣があって良い。運転しなくて良いのは楽だし(客室で横になれる)、車を一台一台走らせるより、船でまとめて運んだ方が省エネにもなる(運ぶ車の台数にもよるが)。

この航路は3年ほど前にも使ったことがあるのだが、その時と比べると車の利用台数がかなり少ない。どうやら景気対策のために導入された「千円高速」の影響のようだ。
Dscf1317









本州と九州は高速道路でつながっており、多少は時間がかかっても船に乗らずとも行けるのだ。しかもフェリーの場合、二万円弱(車+大人4人+燃油サーチャージによる割増)するのに対し、高速料金1000円+ガソリン代で済んでしまう。よく言われていることだが、景気対策の名目で民間の競争条件をここまで歪めてしまうのは明らかに不適切だし、結果としてCO2排出の多い車の利用を推奨するのはどうかと思う(自分も車を使っておきながら言わせてもらうと)。山口県と大分県を結ぶスオーナダフェリー、経営環境はかなり厳しそうだが何とか頑張って欲しいものだ。

遅い昼食は、大分県国東半島の名物、太刀魚の定食。Dscf1322










夜は旅館の海の幸・山の幸。
Dscf1324







そして深夜は道の駅で購入した地元の焼酎と乾きもの。
Dscf1344









すっかり満足し、ほろ酔い気分で眠りについたのだった。

★今日の一枚
フェリーの中で妻に抱っこされてぐっすり眠る。Dscf1310










マホ:「フェリーは眠れるからいいね」
パパ:「車でもぐっすり眠ってたじゃん」

※今回は私がメインの運転手でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

岩ガキの旬

瀬戸内海に浮かぶ大きな島、周防大島に行ってきた。まずは島の手前にある釜めしが売りの店で腹ごしらえ。瀬戸内海でしか獲れないこの辺りの名物、瀬戸貝の釜めしを食べてみた。立派な貝だったのだが、味の方は・・・。
Dscf1293









気を取り直して島へ。実はこの周防大島にはマホが生まれる3年くらい前の夏にも訪れたことがあった。その時に食べたプリプリで濃厚な岩ガキの味が忘れられなかった。島の直売所で探してみると、あった!しかも、2個で500円と安い。
Dscf1297









お店の人に聞いてみると、季節にはまだ早いため、身は十分に太ってないとのこと。売り子さんの自信なさげな様子が気になったが機会もないので買ってみることにした。

家に帰って焼いて食べてみること。しかし、殻を開けてみてびっくり。以前食べた岩ガキとは似てもつかないような痩せた身が入っているではないか。味もイマイチだった。
Dscf1300









食べ物の旬の意味を学ぶいい機会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

おんぶでテニス

せっかく4人いるのでテニスをやろうという話になり、義母が押入れから古びたテニスラケットを引っ張り出してきた。明らかに型は古いのだが、幸いガットは切れていない。車で10分ほどの市民施設にテニスをしに行った。コートの予約はできず、早いもの勝ちのシステムだったが、幸いコートは空いていた。コートのレンタル料は1時間当たり525円。東京近辺では考えられない安さだ。

マホはコート横で待機。クレーコートの砂で楽しそうに遊んでいた。
Dscf1283
















1~2人がマホの面倒を見ている間、そのほかの2、3人がテニス。皆久々のテニスだったが、よろめきながらもそれらしくボールを打ち返すことができ、楽しむことができた。

最後には私がマホをおんぶしてダブルス。Dscf1285









妻・私の夫婦ペアと義母・義妹の親子ペアの対決だ。接戦の末、マホ付きの我々が勝利した。

夕食は広島名物のお好み焼き(とビール)。この辺りではそこここにお好み焼き店があり、気軽に食べられるのがいいDscf1288








★今日の一枚
コート横でボールで遊ぶ。
Dscf1274
















パパ:「テニスってどうやるか分かったかな?」
マホ:「ボールをラケットに当てたり当てなかったりするんだね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

誤飲実験

  今日は天気が良かったため、マホを庭で遊ばせてみたDscf1227

















ちょこまか動くダンゴムシに興味津々。そのうち小さな砂利にも興味を持つ。
Dscf1229









興味を持ったらまずは味見。
Dscf1230









Dscf1231









Dscf1232









庭の砂利だから清潔なものではないし、誤飲が気になるところだが、そこは心を鬼にして?見守ってみた。

普段の食事でも好き嫌いがあるということは、味のしない砂利を飲み込むことはないだろうという読みがあった。最悪飲み込んだとしてものどにつかえる大きさではない。また、多少汚れていても大したことはないだろう、と。

果たして読み通り、マホは砂利を口に入れてしばらくして吐き出した。何度か繰り返して砂利が食べ物ではないことは分かった様子。こんな風にして自分で体験して学んでいくことも大切なのではないかと思う。

さて、今日の夕食は近所の中華料理の宅配。いつも自宅で自分で作るものとは違ったプロの味だった。
Dscf1260









★今日の一枚
芝生の上でクローバーを味見。
Dscf1235









パパ:「クローバーなんておいしくないでしょ?」
マホ:「でも、砂利よりまろやかかも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

初めての飛行機

朝一番の飛行機で妻の実家の広島に帰省をした。朝4時半に起き、5時過ぎには家を出る強行軍。ANAのマイルを使って予約したらその便しか空きがなかったのだ。マホは前日まで体調が今一つで、鼻水もたっぷり出ていたので少々心配していたのだが今日は大丈夫そう。

<前日の写真>
Dscf1188_2 
















マホにとっては初めての飛行機は意外とすんなり。機内ではほとんど寝ていてくれたので助かった。乳幼児は耳抜きができないと聞いたことがあるのだが、その問題もなかったようだ。(実は久々に飛行機に乗った私が耳抜きがうまくできずに耳を痛めてしまった・・・)
Dscf1193









Dscf1197
















妻の実家に着いてご先祖に手を合わせた後、
Dscf12051













昼食。
Dscf1209














午後は近所のスーパーで買い物。海が近いだけあって魚介類が新鮮で豊富。
Dscf1213 









夕食のメインはスーパーで買った旬のサワラのバター焼きと地元・大野産のアサリの酒蒸し。サワラは脂が乗っていてうまかった。Dscf1214











★今日の一枚
居間に飾ってある壺に興味津々。
Dscf1211









パパ:「その壺に触っちゃだめだよ!」
マホ:「触らないと転がせないじゃない?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »