« 室内ブルーベリー狩り | トップページ | パパの育休体験談をきいてみよう! »

2009年6月23日 (火)

初めての病児保育

マホはいつものように早起き。5時半過ぎに目を覚まし、動き回って泣き声をあげるので6時前には私も起きざるを得ない。抱っこしてみるとマホの体が少し熱い。後で測ってみると37.6℃ある。保育園は37.5℃を超えると預かってくれない決まり。しかし、妻も私も大事な仕事があって休めない・・・。どうしようかと悩んだ挙句、会社を午前中休みにし、初めて病児保育を利用してみることにした。

病児保育とは、病気にかかった子どもの看護を保護者に代わって行ってくれるサービスのことである。電話をしてみると、今日は予約でいっぱいでキャンセル待ちだという。妻が会社に出かけた後、私は自宅で待機。幸い1時間後くらいに空きが出たとの電話があった。

しかし、マホをそのまま病児保育所に連れていけば良いわけではなく、まず医師の診断を受けて、指示書というものを書いてもらう必要があるという。次は小児科に行って30分ほど待ったあと、嫌がって大暴れするマホを取り押さえて受診。風邪だろうということで、飲み薬を処方された。できればあまり薬は飲ませたくないのだが、隣の薬局で薬を出してもらった。

これでようやく病児保育所に行ける。Dscf1904隣の駅にあるので電車に1駅乗る。
















病児保育所は駅から徒歩3分くらいのところにある、プレハブ2階建て。
Dscf1905_2









部屋に入ると、1歳~5歳くらいの子どもたちが既に10数名と、保育士さんが5、6人いた。皆病気のはずなのだが、「病児」という言葉のイメージとは違い、おもちゃで遊んだり、絵本を読んでもらったりと元気だ。

初めての利用だったので、20分くらいで一通り説明を受けた。昼食、おやつを出してくれるのは保育園と同じだが、ここでは医者に処方された薬も飲ませてくれるという。ありがたい。明日も熱が下がらなかった場合のことを考えて、明日の予約もしておいた。(病児保育は先着予約順のため、事前に予約しておかないと利用できない可能性が高まる)

マホは保育園には慣れてきたのだが、ここの病児保育所は場所も人も初めて。別れ際には大泣きをした。子どもが病気でつらい思いをしているときに、他人に預けて面倒をみてもらうことにはかなり後ろめたい気持ちになった。しかし、共働きをしている以上は今後もこのようなことは起こりうる。割り切れない思いを残したまま会社に向かった。

さて、今日の夕食は、冷凍しゅうまいとマホの親子丼の残り物。帰りが遅かったので0時前に一人で。
Dscf1906









※後日談
マホはこの日の夜中に39度台の熱を出し、翌朝も熱があったので2日連続で病児保育を利用。3日目には都内に住む私の母親に来てもらった。4日目には妻が休んで看病。夕方にかけて熱が段々高くなり、夜には最高39.9度の熱を出し、朝には熱が37度台に下がるという症状がしばらく続いた。結局、今週マホが保育園に行けたのは月曜日1日だけだった。ちなみに、私の母は看病の際にマホの風邪がうつったらしく、その後約1か月にわたって微熱と咳が続いた・・・。心配して週末に広島から駆けつけてくれた妻の母親にも風邪はうつった。幼児の風邪は侮れない。


★今日の一枚
朝から体調が悪く、不機嫌。Dscf1901

















マホ:「体が火がついたみたいに熱いの」
パパ:「パパは仕事が溜まっておしりに火がついてるよ」

|

« 室内ブルーベリー狩り | トップページ | パパの育休体験談をきいてみよう! »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。病児保育助かりますね。最近は、一番下が数ヶ月に1度利用するようなペースですが、やはり慣れないため、別れ際に泣かれるのがちょっと辛いです。わが家は諸事情によりフローレンスと病院併設の病児保育を併用しているのですが、利用するときはどちらもお弁当を作らねばならないので、ちょっと大変です。給食が出るなんて、うらやましいです。あと、病院併設の方は、かかりつけ医ではないのですが、かかりつけ医にもらった薬に、さらに、無理やり(?)薬を追加で出そうとするところがあって、ちょっと嫌だなぁ、と思っています。でも「病児」保育ということでその医師の管理のもとで預かっていただくので、こちらもそれ以上薬を飲ませないで、ともいいづらく…。えぇ、病児保育自体はとてもありがたいサービスなのですが。

投稿: なおこ | 2009年8月18日 (火) 11時41分

こんにちは。お弁当づくりは大変ですね!それにくらべたら私は楽してますね。
相変わらずブログの更新が大幅に遅れているのですが、昨日マホが38.8度の熱を出してしまい保育園から呼び出されました。今朝も体温が高いので、今日は久々に病児保育を利用することになるかもしれません・・・

投稿: 育休パパ | 2009年8月19日 (水) 06時13分

マホちゃん、どうぞお大事に。ほんとに、治ったと思ったら、また、の繰り返しですね。2歳くらいまでバイキンマンとの戦いはしょっちゅうですが、その後はずいぶんと強くなってきますよ。早くよくなりますように。

投稿: なおこ | 2009年8月20日 (木) 10時13分

ご心配ありがとうございます。
結局昨日は1日病児保育を利用、今日は私が1日会社を休んで面倒を見ていました。熱が高くてつらいのか、機嫌が悪く、ずっと抱っこしていました。腰が悪くなりそう・・・

今日は日中は最高38.8度まで体温が上昇。さきほどは37度代でした。夜中に熱がぶり返さないことを祈るのみ・・・

2歳まであと8カ月ちょっと。がんばります。

投稿: 育休パパ | 2009年8月20日 (木) 21時37分

マホちゃん、このまま落ち着いてくれるといいですね。

じつは今日、末っ子が病児保育利用となりました。急に熱が出て、食欲なし。ちょっとしんどそうで、ぐったりしていました。保育園ではヘルパンギーナにかかった子がいたという情報を得て、診察をうける際に伝えると、みごとに?ヘルパンギーナでした。これは薬(抗生剤)が効かないらしく、薬は処方されず自力で治るのを待つのみとのことでした。登園許可証がいるので治ったころにまた診てもらう必要があります。
三男は先日、2歳になったばかりですが、もうちょっとですねー。

投稿: なおこ | 2009年8月21日 (金) 10時48分

こんにちは。
ヘルパンギーナという病気は初めて聞きました。検索してみたら、夏風邪の一種なのですね。http://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/byoki/2/kenkou03_13.html
喉の奥に水泡ができるとは何とも痛そう・・・。しかも、登園許可証がいるとはまた小児科に行かなくてはいけないので大変ですね。何とか土日に逃げ込めたから良かったのでしょうか。お大事に。

うちの子は昨夜は熱のせいか1時間おきに目を覚ましていましたが(昨夜は妻が夜の番)、幸い今朝は36度台でした。大事をとって妻が休んで家で面倒を見ていました。昨日よりはずっと機嫌が良かったようです。寝る前の体温は37.5度。動き回ったからなのか、眠いからなのか、病気だからか分かりませんがちょっと高め。明日の朝には治っていることを願うのみです。

お互い頑張りましょう!

投稿: 育休パパ | 2009年8月21日 (金) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/30253205

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての病児保育:

« 室内ブルーベリー狩り | トップページ | パパの育休体験談をきいてみよう! »