« 初めての病児保育 | トップページ | 初めての休日診療 »

2009年6月28日 (日)

パパの育休体験談をきいてみよう!

横浜市が主催するそんな題名のイベントに参加してきた。私は育休取得経験者として体験談を話す立場として。

http://www.kodomofund.com/event/search.cgi?equal1=544

場所は横浜市のあざみ野アートフォーラムという立派な建物。Dscf1933_2










参加者は15名程度。もともとのターゲットだった男性参加者は5名ほどで残りは女性だった。大半は子連れ参加。フロアで子どもをあやしながらのアットホームな会だ。

体験談を語ったのは私ともう一人。彼は奥さんが専業主婦にも関わらず、1か月の育休を取った例の猛者、T氏である。成長著しい1歳未満の子どもを自分の手で育てたいという思いから育休取得を思い立ち、社内を説得して育休を取ったのである。

会場のあったあざみ野の辺りは専業主婦家庭が多いそうなのだが、T氏が育休取得のために奮闘した話や、育休取得によるメリットなどの話は参加者によく響いていたようだ。

プログラム終了後、ランチを取りながら参加者と交流する場があったのだが、Dscf1934_3









T氏と同じく奥さんが専業主婦で1カ月の育休を取得中のパパが参加しており、興味深い話を聞くことができた。私も会員になっているファザーリング・ジャパンのHPなどを見て育休取得に踏み切ったという話を聞いてうれしく思った。

育休を取るまでの最初の壁は自分自身。誰しも先例がないことをやるのは不安なものだ。しかし実際に育休を取ったことのある人の話を見聞きすると、意外と大したことがないことが分かって安心するのだ。私に限らず、男性の育休取得者の体験談がもっと目に触れるようになれば「私も取ってみよう」と思う人は増えるのではないか。

さて、今日の夕食は、 カレイの煮付け、深川飯など。妻の母親がマホの体調を心配してわざわざ広島から来てくれ、立派な食事まで残していってくれたのだ。ありがたく頂いた。
Dscf1937_2









★今日の一枚
立ち上がって妻からブルーベリーをもらう。熱は引いてすっかり元気になった。背景の緑色はゴーヤーカーテン。今年は早く立派に育った。
Dscf1929_2 















パパ:「ブルーベリーの次はゴーヤー食べようね」
マホ:「ワタシはずっとブルーベリー専門」

|

« 初めての病児保育 | トップページ | 初めての休日診療 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/30327450

この記事へのトラックバック一覧です: パパの育休体験談をきいてみよう!:

« 初めての病児保育 | トップページ | 初めての休日診療 »