« 法事で足利市へ | トップページ | 保育園の夏祭り »

2009年7月20日 (月)

3家族で那須旅行+市民農園+梅干し作り

誕生日が同じくらいの子どもを持つ3家族で1泊2日で那須高原に行ってきた。渋滞を避けるため、朝7時に集合して車で一路那須へ。幸い大きな渋滞に巻き込まれることもなく、途中休憩を挟みながら10時過ぎには那須に着いた。

まず最初の目的地は牧場。
Dscf2112
放し飼いにしてある牛、山羊、羊と触れあえる広場で遊ぶ。男の子のコウセイ君は自ら羊に触る快挙を成し遂げたのだが、
Dscf2113
マホは怖がってママにしがみついて離れなかった。表情も固い。
Dscf2114
牧場のレストランで食事をした後、温泉へ。温泉ではマホを入れるのを私が担当したのだが、見慣れない無数の裸の男性の姿に恐れをなして、マホは大泣き。浴場に甲高い声が響き渡り、とてもゆっくり入れる感じではなかった・・・

貸別荘に着いて、雨がパラパラ降る中でベランダで早速バーベキューの用意。
Dscf2121_2

持参してきた食材を網や鉄板の上で焼いて頂く。子ども用の食事もちゃんと作ってくれ、マホは大満足。
Dscf2123

子ども3人は奇跡的に9時前に就寝。
Dscf2124

この後は、大人のお楽しみの時間・・・。飲む気満々だったのだが、日ごろの寝不足がたたってか、一番先に撃沈したのは私。男性陣2人もしばらく後に撃沈。最後まで元気だったのは女性陣の3人だった。

翌朝はこんな感じ。元気なのは子どもたちだけ・・・
Dscf2125

マホは2階から下を覗いてご機嫌。

Dscf2135

遅い朝食を取って、現地解散。

Dscf2147

我々は帰り路にあった道の駅に寄って、梅干し用の赤紫蘇を調達。(店頭になかったので、農家までもらいに行った。無農薬ものがたっぷりで200円なり)

Dscf2152

午前中に現地を出たので、幸い「1000円高速渋滞」にも巻き込まれずに済んだ。家に帰る前に寄ったのは最近サボり気味の市民農園。ナス、ピーマン、ミニトマトを収穫。マホも収穫をお手伝い。

Dscf2153
Dscf2158
Dscf2159
Dscf2173

ママと手をつないでよちよち歩き。

Dscf2180

家に帰って一日が終わる前に梅干し作り。
Dscf2184
梅酢の上に浮いてしまったこわーい感じのカビを取り除き、
Dscf2185
塩でもんだ赤紫蘇を入れて完了。次は梅雨明けに干す作業だ。
Dscf2187

|

« 法事で足利市へ | トップページ | 保育園の夏祭り »

外出」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

那須高原の帰り道に紫蘇を調達するなんて、ステキですね。

ところで、梅干のカビ、(おそらく)同じですー。わが家は紫蘇を入れたあとに生えてしまったのですが、これ、取り除くだけで大丈夫なのですよね?

8月お盆に帰省していたときにカビが大量発生していて、かなり気持ち悪かったのですが、取り除きました。紫蘇も一緒に結構な量を取り除いたのですが、その後もちょこちょことカビが生えてしまい、梅干も取り除き(ちょっともったいないです)、ようやく浸水(?)している状態になったので、カビはあまり生えなくなってきたのですが…。

熱湯消毒がきちんとできてなかったからかと思っているのですが、どうなのでしょう?(熱湯消毒をきちんとしたときはカビは一切生えなかったのですよね)もちろん、他の要素も関係しているとは思いますが。(父親には塩が足りんのじゃないかといわれたのですが)

カビ対策、何かいい方法はないでしょうか。

投稿: なおこ | 2009年9月 1日 (火) 12時15分

こんにちは。

部分的なカビであれば、取り除けばOKのようです。梅酢に浸かっていない部分がカビることはよくあるようですね。私の場合、梅酢自体にごっついカビが浮かんでいたのですが・・・

さて、対策についてですが、私もカビさせてしまっているのであまりあてにならないのですが、カギはある程度濃い塩分だという気がします。梅干は冷蔵庫もラップもない時代から保存食として作られてきたのですからね。

あと、私が参照している梅干作りのテキストでは消毒は焼酎を霧吹きで吹きかけると良いと書いてあります。私はそれをサボってカビさせてしまったわけですが。昨年は消毒をしなくてもカビなかったので甘く見ていました。

いま仕込んでいる味噌もこの間ふたを開けてみたら見事にカビていました。あまり神経質にならずに、あったら取り除くというやり方でいいのかも知れませんね。

梅干しマスターを目指して頑張りましょう!

投稿: 育休パパ | 2009年9月 3日 (木) 01時13分

お忙しいところ、教えてくださり、ありがとうございます。
じつはわたしが参考にしているテキスト(NHKきょうの料理ですが)にも焼酎で消毒するとよい、と書いてありました。
わたしもまったく同じで、焼酎を使わなくてもカビが生えなかったことがあるので、大丈夫だろう、と思ってそのままつけたのです。(実際は、面倒だからという理由が一番大きかったかも)
一度カビが生えてからは、毎年、来年(今年)こそはカビないようにスルゾ~!と思うのですが、思うだけで行動が伴わず…やっぱりちゃんと消毒したほうがいいようですね。
塩分はテキスト通りの約20%にしていますが、若干増やしてもいいのかしら。
そうそう、今更ながら思い出しましたが、カビが生えたのは、紅しょうがをつけたあとでした。しょうがは洗って、ささっと拭いてからつけたのでそれが悪かったのかもしれません。しょうがをつけなければひょっとしたら生えずにいたかも??なんていい方に考えたりしてます。ハハハ。

投稿: なおこ | 2009年9月 3日 (木) 10時49分

はじめまして。明治大学商学部水野ゼミナールの田甫 宏平というものです。キャリアレンジ藤森様のご紹介で連絡させていただきました。
私たちのゼミではワークライフバランスについて研究しています。現在、ワークライフバランスというものが注目されていますが、その認知度は低く、そこで私たちはワークライフバランスを広める活動をしています。
現在私たちはワークライフバランス制度の現状を把握するために企業を取材しています。
私たちはワークライフバランス制度の中でも特に男性の育児休暇に強い関心を持っており、育児休暇中の男性を対象に写真を撮り今後写真展を開催しようと考えているのですが、なかなか企業の方から一般社員への写真撮影の許可が下りず、もしよろしければ、写真展にて使用する写真をお借りし、もしくは撮影し、柳田様の育児休暇中のご様子を紹介させていただきたいと思うのですがいかがでしょうか。是非ともよろしくお願いします。

投稿: 田甫 宏平 | 2009年9月11日 (金) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/30988293

この記事へのトラックバック一覧です: 3家族で那須旅行+市民農園+梅干し作り:

« 法事で足利市へ | トップページ | 保育園の夏祭り »