« 味覚狩り | トップページ | アンズのシロップ漬け »

2009年7月12日 (日)

1泊2日伊豆旅行

マホと同じころに生まれたユウキ君一家と伊豆旅行に出かけた。向かったのは熱海と伊東の間にある宇佐美というところ。ユウキ君パパのご両親が借りている別荘があるのだ。

荷物をバッグに詰め込み、電車に揺られること2時間半。まずは熱海に到着して定食屋で腹ごしらえ。
Dscf2002
Dscf2004
Dscf2006

地魚の刺身や煮付けのおいしい店だった。夕食の肴となる干物などを熱海の商店街で調達した後、再び電車に乗って宇佐美駅へ。近くのスーパーで食材を購入してタクシーで別荘へ。

別荘は小高い丘(というか山)の中にあり、景色は抜群。遠くに海が見える。Dscf2036
2Fは広々としていて子どもが歩き回るのには最適。友人夫妻のお子さんのユウキ君もマホもちょうど歩き始めたころなので、ペタペタとそこらを楽しそうに徘徊する。これまですれ違いだった2人だが、互いに「同じくらいの大きさの奴」というふうに意識している様子だった。
Dscf2014

Dscf2015

Dscf2016

Dscf2017

近くにある温泉まで歩いていって入った後、夕食は、別荘に戻ってお好み焼きと干物など。ビールと日本酒が進んだ。
Dscf2021

お腹が一杯になった後はベランダで花火。子どもたちが楽しんだかどうかは分からないが・・・

Dscf2027

子どもたちは新しい場所や出来事に興奮したのか、2人ともなかなか寝てくれず、寝かしつけには苦労した・・・。

翌朝にはちょっとした悲劇が起きた。活発なユウキ君、突進した網戸が外れて庭に落ち、石に顔をぶつけてしまったのだ。大事に至らなくて良かったのだが、唇が切れ、頬が腫れてハンサム顔が台無しに。
Dscf2041

子どもには注意をしても仕切れない大変さを感じた。

昼過ぎに別荘を後にし海へ。マホは寄せては返す波の様子が好きではないらしく、あっち(陸)に行こうと必死に指示出し。波打ち際での水遊びは来年に取っておこう。
Dscf2051

子連れ旅行は気を使って疲れる反面、子どもに色々な経験をさせてやれる楽しさもある。気兼ねしない家族同士で楽しんだ1泊2日だった。

さて、今日の夕食は、手軽に親子丼。左下にあるのはサザエの壺焼き。伊豆で買ってきたものではなく、向かいに住むあんちゃんが東京湾で獲ってきたもの。「あまり好きではないから」とくれた(じゃあなぜ獲る?)。自宅に帰ってまで海の幸が味わえるとは思わなかった。
Dscf2066

★今日の一枚
海を背景に記念撮影。
Dscf2052
パパ:「海って気持ちいいね!」
マホ:「このくらい離れていればね」

|

« 味覚狩り | トップページ | アンズのシロップ漬け »

外出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/30535583

この記事へのトラックバック一覧です: 1泊2日伊豆旅行:

« 味覚狩り | トップページ | アンズのシロップ漬け »