« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月29日 (土)

自宅で飲み会

会社の同僚が集まってうちで飲み会をやった。妻は仕事のため、準備はマホと2人。私(たち)が作ったのはブルスケッタ、ジャーマンポテト、手羽元のグリルなど。皆にも飲み物、食べ物を持ち寄ってもらった。夕方仕事から帰ってきた妻も合流して狭い部屋にすし詰め状態。
Dscf4031

皆食べること、飲むことが好きな人々なので、持ってきてくれたつまみはうまく、昼間から飲むお酒もうまかった。例の、一度雨でずぶぬれになったドライトマトも大好評だった。あの状態を見ていたら食欲が湧かなかったかもしれないが・・・(一応口頭で説明はした)。

せっかく来てくれたので、畑でナス、トマトなどの収穫体験もし、収穫物は持って帰ってもらった。
Dscf4029

そんなこんなで最後のお客さんが帰ったのは20時前。半日たっぷり飲み・食べ続けたのだった。マホも色々なつまみに手を出して満足そうだった。

★今日の一枚
玄関で皆を見送り。
Dscf4033
パパ:「みんな帰っちゃうって」
マホ:「ワタシ、残り物食べきれるかなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

梅干しと干しトマトの悲劇

6月に仕込んで7月に赤紫蘇を入れた梅干し、本来は梅雨明けに干すべきところを忙しさにかまけてほったらかしにしていた。重い腰を上げて、甕から取り出して干すことに。まずはざるにあげて、水分(梅酢)を切る。
Dscf4005

あとはざるなどの上に並べて干すだけ。玄関先が梅干しだらけになった。
Dscf4018
梅と一緒に干したのはトマト。市民農園仲間に教えてもらったのだが、トマトを干すと酸味・甘みが効いた深い味になるのだ。「ドライトマト」としてイタリアンの食材に使われるやつだ。予めオーブンであらかた乾燥させておいたものを、仕上げのつもりで梅干しの横に並べた。
Dscf4019
そして悲劇は梅干しを干し始めて3日目の8月24日に起きた。朝家を出る時には天気が良かったので安心していたのだが、日中に大雨が降った。夜遅く家に帰ると、梅干しとドライトマトが無残な姿に。横なぐりの雨をもろに受けて水浸し。
Dscf4024
あまりのことに絶句した。梅干しはそのままではカビてしまうので、再び梅酢に戻してやり直し。妻が「あの状態を見るととても食べる気がしない」というドライトマトもあきらめられず、水分を流してオーブンで干し直し。自然の恐ろしさを思い知ったのだった。
Dscf4024_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

室内遊び

  風邪が治ってマホは元気いっぱい。保育園でたっぷり遊んでいるはずなのだが、家でも体を動かして遊びたいようだ。今日も敷布団を使って大好きなトンネルごっこ。
Img_8342
Img_8343

Img_8344
一人でやっているのはつまらないらしく、妻や私も一緒にやったり、少なくとも見ていないと不満そう。この頃の子どもはとにかく繰り返し。気の済むまでやらせるのがよいようだ。

さて、今日はマホが寝静まってから夫婦でお茶。健康には悪そうだが、たまにはいいでしょう。
Dscf4003

★今日の一枚
妻の背中に乗ってお馬さんごっこ。
Img_8339
パパ:「そんなに乗ったらママ、疲れちゃうよ」
マホ:「ママじゃなくてウマだよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

おもちゃが凶器に変わる時

マホの熱が引かないため、私が会社を休んで面倒を見ることになった。体調が悪いので、すこぶる機嫌が悪い。
Img_8313
Img_8315
Img_8316

ただ、元気はある。私がホワイトボードにメモしたマホの体温の上に、青と赤のマーカーで落書き。
Img_8318
Img_8323

そして事件は私が横になってうとうとしている時に起きた。自分が起きているのに私が寝たというのが気に食わないのか、目をつむった私の顔にアタックしてきた。当たり所が悪く、唇から血が出てしまった。
Img_8324
マホが手にしていたのはお気に入りのアヒルのおもちゃ(通称ガーコ)。

Img_8326

ちょうど固いところが私の唇に当たったようだった。かわいらしいおもちゃも、使い方を誤れば凶器に変わるという瞬間だった。

★今日の一枚
ふとんのうえで、手を差し伸べる。
Img_8327
マホ:「パパ、かわいそうに。ガーコにきつく言っておくね」
パパ:「むしろ、ガーコの持ち主にきつく言っておいて」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

マホ、またもや高熱

広島に帰省した疲れが出たのか、久々の保育園で疲れたのか、マホがまた高熱を出してしまった。18日(火)の午後に保育園から電話があり、「4分の1休」を取って夕方に迎えに行った。その足で小児科に寄って風邪の診断書をもらった。幸い夕食は普通に食べる。
Img_8303

翌19日(水)の朝、マホは鼻水をたらし、体温も高い。
Img_8306

私は欠かせない打ち合わせが入っていたため、やむなく朝から病児保育に預け、
Img_8309
午後半休を取った妻に昼過ぎに迎えに行ってもらった。ちょうどタイミング良く東京に来ていた妻の母と妹もヘルプで呼んで、夕食はマホが眠った後に大人4人で。広島帰省直後にまたこのメンバーが揃うとは思いもよらなかった。
Img_8311

★今日の一枚
夕食後にコップを振り回す。
Img_8310
パパ:「広島ばあばとおねえちゃんがわざわざお見舞いに来てくれたよ」
マホ:「あのままワタシが広島にいたら手間が省けたね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

やっぱり人見知り

  広島郊外の施設に入っているマホのひいじいちゃん・ばあちゃんのところに行ってきた。最近多少人見知りが弱まってきた感じなのだが、マホが最も苦手とする相手である。

結果は惨敗。部屋に着くなりマホは泣き出してしまった。
Img_0022

そしてひいじいちゃんを見ないように顔をそむける。
Img_0025

しかしひいじいちゃんは容赦なく触りにいく・・・。

Img_0026

そしてこんな情けない顔・・・

Img_0027

1時間半ほど滞在する間にさすがに慣れてきて、笑顔で記念撮影ができたのはよかった。

★今日の一枚
ひいじいちゃん・ばあちゃんの所に行く途中の道の駅で昔懐かしのポン菓子を発見。米と砂糖を機械に入れて圧力をかけ、一気に圧力を抜く(その際に爆発音がする)ことで独特の食感のお菓子になる。
Img_0011

マホはポン菓子がお気に召した様子。次々に手を伸ばす。
Img_0018_2 
マホ:「うちにあるお米を全部ポン菓子にしよう!」
パパ:「マホが好きな納豆と味が合わないかも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

広島のマホグッズ

広島の妻の家に着いて驚いたのはマホのために色々なものを取り揃えておいてくれていたこと。大物も小物もある。

まず目に飛び込んだのはミニ滑り台付きジャングルジム、ボールの入った四角い箱(何と呼ぶのか分からないが。玄関には水浴び用プールと砂遊び用の砂まで用意してあった。風呂場にはおもちゃ。台所には子ども用の椅子などなど・・・。
Dscf2355
Dscf2362
Dscf2379
Dscf2391
Dscf2394

マホのためにえらい投資をさせてしまったようだ。どれも喜んで使っていたようなので何よりだったが。

★今日の一枚
蚊に刺されて左目の瞼が赤く大きく腫れてしまった。こちらの蚊は都会の蚊と違って大きく、強力だ。妻の母が慌てて蚊帳を吊ってくれた。
Dscf2356

パパ:「マホ、目どうしたの?」
マホ:「カニに刺されたの」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

広島のうまい店

妻の実家がある広島にGW以来の帰省をした。広島に着いて早々に妻の母親が連れて行ってくれた「鄙の料亭地御前」という店の料理はうまかった。

工夫が凝らされた料理の数々。
Dscf2340
Dscf2342
Dscf2345
Dscf2346
Dscf2347
Dscf2348

趣向は凝らしているが、奇をてらったわけではなく、味もよい。また、質の割に価格もリーズナブル。マホも相当に気に入った様子で、食べっぷりは普段をはるかに超えていた。

★今日の一枚
茶碗蒸しを身を乗り出して食べる。
Dscf2350
パパ:「料理がずいぶん気に入ったみたいだね」
マホ:「それほどでもないけど、ここの子になっていい?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

小江戸旅行

小江戸こと川越に両親とともに遊びに行ってきた。古い町並みや歴史のある建造物が今に残る街だ。現在放送中のNHKの朝ドラの舞台にもなったため、最近は観光客が増えているという。東武東上線で池袋駅から30分ちょっとというアクセスの良さも人気の理由だろう。

両親とは池袋駅で待ち合わせ、川越駅に着いたのは10時過ぎ。バスに乗ってまず向かったのは「田中屋」というだんご屋。観光スポットの「時の鐘」のすぐ近くにある、昔ながらの店だ。この店にすぐに向かった理由は、両親が以前川越に遊びに来た際に、自分たちの目の前でだんごが売り切れるという悔しい思いをしたからだ。幸い今回はだんごにありつくことができた。1本60円。とてもシンプルなしょうゆだんごなのだが、うまい。愛想のない店の主人に「焼きたてを下さい」と頼んだところ、「皆さんそう言うんだけど、本当にうまいのは焼きたてではなく、焼いて30分くらいしただんごだよ」とのこと。もちもちしておいしくなるそうだ。知らなかった。

蔵のある街
Dscf2302
をぶらぶらした後に向かったのは、小川菊(おがぎく)という老舗のうなぎ屋。Dscf2308
早めの時間に行ったので30分待ちで済んだが、もう少し後に店に来た人は1時間は待っていただろう。しかしここは待つ価値があった。うなぎは香ばしく、たれには旨味があって何ともおいしいうな重だった。もちろん、ビールにもよく合う味だった。マホの口にはそれほど合わなかったみたいだけど・・・。
Dscf2310

喜多院(徳川家ゆかりの天台宗寺院)や菓子屋横丁などに行き、だんごやソフトクリームなどを食べ歩き、
Dscf2323
川越を出たのが夕方5時頃。両親とは途中で分かれ、帰りの電車の新大久保駅でふと思い立って途中下車。
Dscf2331

韓国料理屋で夕食を取ってから帰宅した。長い一日だった。

★喜多院にある五百羅漢像の前でパチリ
数ある羅漢像は一つ一つポーズが違い、表情豊かだ。
Dscf2315
パパ:「マホも羅漢様の仲間入りする?」
マホ:「ずっと同じ姿勢はつらいかも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

自宅のトンネル

今日は土曜日だが、妻は出社。マホは近所の公園までママをお見送り。
Dscf2283
Dscf2286
ママを見送った後は寂しそう・・・。
Dscf2287
でも家に戻って畑のトマトを食べるとすっかり元気に。
Dscf2288

自宅に戻ってトンネル遊び。敷布団を立ててトンネル形にすると、マホはそこをうれしそうにくぐる。自宅で簡単にできるアスレチックだ。

Dscf2289
Dscf2290
Dscf2291

さて、今日の夕食は、仕事帰りの妻と待ち合わせて近所の宮崎地鶏の店で早めの時間帯に外食。私が作った離乳食も持参したのだが、マホも食べられるうどんなどもあり、店員さんも感じよく、料理もおいしく満足だった。
Dscf2300

★今日の一枚
お店で初めてストロー使用に成功。これまではストローを使えず、コップに口をつけて飲むのが先だったのだ。
Dscf2299_2
パパ:「ようやくストローが使えるようになったね」
マホ:「穴が開いたストローは今日初めてだったの」

※実際にはもちろん穴は開いていたのだが、全く吸えなかったのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

せいろでばぁ

マホが持っているのはせいろの蓋である。マホはじゃがいもやかぼちゃなどを茹でると食べないことがあるのだが、ふかすと喜んで食べる。うまみが逃げず、ホクホクするのが良いのだろうか。7年ほど前に中華街で買ったせいろが大活躍している。Dscf1940 その蓋もマホにとっては遊び道具。得意になっていないいないばぁ。









Dscf1941









Dscf1942










今日、畑では枝豆が採れた。
Dscf1944









早速茹でて、明るいうちからビールと頂く。なんとも幸せな瞬間だ。
Dscf1945










そして、そのまま夕食。ナスとひき肉の味噌炒め。夏野菜の季節だ。
Dscf1947

















★今日の一枚
階段を4段よじ登ったところで立ち止まる。
Dscf1943
















パパ:「マホ、すごいね。もう大人みたいだ」
マホ:「降り方を知らない大人っているの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

2歳半のライ君来訪

都内に住む小学校時代の友人が2歳半になるライ君と共に遊びに来た。この友人は当時のガキ大将。子煩悩な今の姿は当時想像もできなかった。互いの近況報告をしたり仕事の相談に乗ったりしつつ、子どもの気分転換に家の隣にある菜園へ。
Dscf2263

都会育ちのライ君にとって野菜の実る畑は新鮮だった様子。慣れないながらもうれしそうにミニトマトやナスを収穫していた。
Dscf2265

ライ君の後ろにはビデオを持ったパパが控える。
Dscf2264

採った野菜を持って記念撮影。
Dscf2268
そしてトマトを味見。
Dscf2270

友人とはその後色々と話し込んでしまい、飽きたライ君はお昼寝。手を枕にした寝方がもう子供らしい。
Dscf2272
起きた後、ご機嫌ナナメだったので、友人とはまた会おうと約束して駅まで送っていった。

さて、今日の夕食は手を抜いて、広島風お好み焼きを近所の店で調達。ビールと合うんだな、これが。
Dscf2273

★今日の一枚(正確には昨日の一枚)
家の前の鉢植えからブルーベリーをつまんで食べる。放っておくといつまでもそこを離れない。
Dscf2254
パパ:「もうそろそろブルーベリーは終わりにしてお家に入らない?」
マホ:「お外に置きっぱなしじゃかわいそうだから一緒に連れて帰っていい?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »