« 久々に夫婦でゆったり外出 | トップページ | イヤイヤ期? »

2009年12月25日 (金)

風呂上りに湯ざめさせない方法

地球温暖化のせいか、今年の冬は暖かく感じる。そうは言っても、この季節、風呂上がりの脱衣所はやはり寒く、マホが湯ざめをしないか心配になる。脱衣所に暖房器具などを置いて暖めておけばよいのだろうが、余計に電気を使うことになってしまうし、うちのような狭い家では器具自体も邪魔になる。

脱衣所に出る前に風呂場でマホの体を拭いてしまうのが一番良いのだろうが、風呂場の床は濡れている。そこで考えたのが、浴槽の蓋の上にマホを立たせて、そこで拭くという方法だ。蓋の注意書き「手をついたり乗ったりしないで下さい」と書いてあり、ご丁寧にも蓋に乗った幼児が足を踏み外して泣いているイラストが描いてあるのだが、自分で蓋を押してみてマホの体重10kgならいけそうだと判断。目を離さない限り落下の危険性も問題ないと判断し、やってみることにしたのだ。
Dscf5294
結果は上々。高い位置なので拭きやすいし、脱衣所に出る前に水分を拭きとることができるので、マホは寒い思いをしなくて済んでいる。

私なりに工夫をしているのだから、風呂から上がった後に、服を着たりオムツをしたりするのを嫌がって裸で走り回るのはやめて欲しいものだが・・・。

※各家庭で条件は異なりますので、単純に真似はしないで下さい。

|

« 久々に夫婦でゆったり外出 | トップページ | イヤイヤ期? »

エコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/32828099

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂上りに湯ざめさせない方法:

« 久々に夫婦でゆったり外出 | トップページ | イヤイヤ期? »