« 風呂上りに湯ざめさせない方法 | トップページ | マホの言葉 »

2009年12月27日 (日)

イヤイヤ期?

ここのところ、マホの語彙が急に増えてきた。おかげで意思疎通が以前に比べて格段にやりやすくなったのはいいのだが、今度は何を言っても「イヤ」と言うのが悩みの種になってきた。

例えば、毎朝保育園に行く時には、

「マホちゃん、保育園行こうか!」
「行かない」
「マホちゃん、靴下履こうか!」
「履かない」
「マホちゃん、クック履こうか!」
「履かない」
「マホちゃん、帽子(※ヘルメットのこと)被ろうか!」
「要らない」
「マホちゃん、自転車乗ろうか!」
「乗らない」

自転車に無理やり乗せようとすると、体を海老反らせて嫌がるのだ。それでも何とかベルを締めて、ヘルメットはあきらめて自転車をこぎ出すまでに朝の貴重な時間が無情にも過ぎていく。

保育園から帰る時には、おむつを換えるのに一苦労。
「マホちゃん、おむつ換えようか」
「換えない」
「マホちゃん、帰ろうか」
「帰らない」「あしょぶ(※保育園にある手づくりおもちゃで遊びたいのだ)」
「マホちゃん、靴下履こうか」
「履かない」
「マホちゃん、クック履こうか」
「履かない」
「マホちゃん、自転車乗ろうか!」
「乗らない」

何とか自転車に乗せて家に着くと、
「マホちゃん、お家に着いたよ、降りようか」
「降りない」

頭に来て、マホをかごに乗せたまま、荷物を持って自分だけ家に帰ろうとすると、ようやく泣きを入れて、

「マホちゃん、お家帰る?」
「帰る!」

となるのだ。家でおむつを換えるのも、お風呂に入るのも、服を着替えるのも素直にいくことはまずない。

「マホちゃん、歯磨きシュッシュする?」
「しない」

こんな風に単純に拒否するパターンに加え、

「マホちゃん、おむつ替える?」
「替える!」

「マホちゃん、お風呂入る?」
「入る!」

と機嫌よく言った後で、実際は逃げ回るというパターンもある。

しかし、そんなマホも何でも嫌がるわけではない。

「マホちゃん、トマト食べる?」
「食べる!」

「マホちゃん、キウイ食べる?」
「食べる!」

「マホちゃん、バナナ食べる?」
「食べる!」

言葉は少しずつしゃべれるようになったが、行動の原則は残念ながらお腹の空いたワンちゃんとさほど変わらないようだ。

|

« 風呂上りに湯ざめさせない方法 | トップページ | マホの言葉 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/32768679

この記事へのトラックバック一覧です: イヤイヤ期?:

« 風呂上りに湯ざめさせない方法 | トップページ | マホの言葉 »