« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

こだわりの生ハム工房「セラーノ」見学ツアーに参加

知る人ぞ知る、こだわりの生ハムを日本で作って30数年になるセラーノ工房さんの見学ツアーにマホと参加してきた。

乗り換えること2回、電車に揺られて1時間20分で坂戸駅に到着。電車に乗っている間。マホは大体はおとなしくしてくれていたのだが、時折「バナナは?」、「パンは?」とせがむ。何かあった時のためにバナナは取っておく必要があったので、パンを少々食べさせて乗り切った。ツアーに誘った大学時代の友人とは坂戸駅で合流し、駅からタクシーに乗り合い、10分ほどで工房に到着。「工房」と言っても町工場のようなプレハブ建てで、入口にSERRANOと書いてあるのみなので、知らない人は素通りしてしまうだろう。
Dscf6207

Dscf6209

今日の見学会は、「音楽ファンド」、「日本酒ファンド」などで有名なミュージック・セキュリティーズ(MS社)という会社が主催した。セラーノさんでは、鹿児島で耕作放棄地で豚の放牧を行うえこふぁーむという会社から主に生ハム用の豚肉を仕入れている。MS社はこのえこふぁーむを応援するファンドを企画している関係で、今回の見学会となったわけだ。

見学会の参加者は20数名。私と同じ30代が大半。小さなお子さん連れの夫婦も3組ほどいた。天井の高い広い部屋に入ると、工房の2階にぶら下がる生ハムが目を引く。

Dscf6169

まずは、工房の主、尾島さんの話の話を聞く。尾島さんは、30年以上前にスペインを訪問、生ハムに魅せられて修行をした後、日本で工房を立ち上げ、豚肉と塩のみで作る本格派の生ハム作りを30年以上続けているという。ちなみに、スペインでは当時から添加物を使った生ハム作りが一般的になってしまっていて、今では豚肉と塩のみで作った「本物」の生ハムはほとんど市場にないという。

話は少しそれるが、4年くらい前のゴールデンウィークに妻とスペインに行ったことがある。バルでのつまみや、本格派の生ハムを期待して行ったのだが、残念ながらバルのつまみも生ハムも期待外れのものが多かった。お土産に生ハムを買おうとしてスーパーや土産物屋で物色したのだが、原材料欄を見ると、ほとんどに着色料、保存料などの添加物が使われていた。何とか見つけ出した添加物なしの生ハムの塊を日本に持ち帰り、友人の自宅飲み会で食べたのだが、なかなかの評判だった。

さて、生ハムツアーに話を戻そう。尾島さんの話の後は、工房の見学。吊り下げられた生ハムが並ぶ様子は圧巻。
Dscf6174 

それぞれに、仕込み時期、原料の豚の種類などが書かれたタグが貼られている。放牧などで育てられたこだわりの豚モモ肉は宅急便で届く。モモ肉から骨を外し、たっぷりの塩に漬けた後、
Dscf6178
吊るしてカビを付ける(自然に付くそうだ)。
Dscf6182

その後は様子を見ながら最低16か月(だったか?)乾燥・熟成させる。
Dscf6189

こう書くと簡単なようだが、色々試行錯誤をしながら現在の高品質な生ハムが作れるようになったそうだ。ちなみに、生ハムは青カビチーズのように、表面にカビが付き、発酵するプロセスで味に旨みや深みが出るそうだ。これは見学するまで知らなかった。

生ハム作りの技術もさることながら、原料の豚肉も重要だ。通常の豚舎で運動不足に飼われる豚だと、熟成途中に腐敗したり、肉がスカスカになってしまうことが多いそうだ。筋肉の繊維同士の結合が弱いからだそう。反対に、生ハムに適している筋肉の引き締まった放牧豚。先に名前の出たえこふぁーむという鹿児島の養豚農家などから仕入れているという。

工房には、チョリソーやレストランの特別オーダーで作った猪肉や鹿肉の生ハムもあった。豚肉を預けて「委託加工」してもらうことも可能だそう。
Dscf6180

Dscf6190

工房の見学の後は、MS社の担当者による、「えこふぁーむ放牧豚ファンド2010」の説明。

Dscf6193

お腹をすかせたマホは持参した炊き込みご飯を「早弁」。

Dscf6195 

Dscf6196

説明の後は、特大のパエリアパンで尾島さんが地元の食材をたっぷり使って作ったパエリアと生ハムの昼食。

Dscf6168 

Dscf6198

生ハムは尾島氏と娘さんが切り分けてくれた。

Dscf6199

生ハムの切れ端でだしを取ったというパエリアもうまかったが、今日の主人公は何と言っても生ハム。青カビチーズのような深い香りと味がした。

Dscf6202

Dscf6201

友人と「ワインでも持ってくれば良かったなぁ~」とぶつぶつ言っていたら、それが聞こえたわけではないだろうが、尾島氏の粋な計らいにより、シェリー酒が3本出された。

Dscf6203

生ハムは、自分でスライスして食べ放題、という大サービス。とは言っても、生ハムを切るのには時間がかかり、列が途切れることがなかったので、たらふく食べるわけにはいかなかったが・・・。

Dscf6204

ちなみに、マホもパエリア、生ハム共にうまそうに食べていた。食事が終わり、帰りのタクシーを待つ間、尾島さんによる最後の説明と、参加者の自己紹介をやる頃には

Dscf6213

マホはおねむ。生ハムの夢でも見ていたのだろうか。

Dscf6211

さて、帰り路には少し遠回りをして立川駅にあるミルクバーなるものに寄ってみた。

各地のこだわりの牛乳が飲める、という変わった駅ナカの店だ。

Dscf6221_2

Dscf6216

Dscf6219

マホはベビーカーに乗ったまま、石川の牛乳「能登ミルク」をゴクゴク。

Dscf6218

パエリアの油と生ハムの塩が残る口の中がすっきりしただろうか。

なお、セラーノ工房の生ハムはこちらのサイトから注文できるので、興味がある方はどうぞ。生ハムは50g1,000円。決して安くはないが、確かにうまい。(熟成度が高いため、好みはあると思うが)

★今日の一枚
私に抱っこされながら工房で尾島さんの説明を聞く。

Dscf6186

パパ:「この生ハム、50g1,000円だって。パパは70kgだから、140万円だね」
マホ:「ママはずいぶん高い買い物しちゃったね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

マホの会話能力大幅アップ

ここのところ、マホの会話能力が一段と上がってきた。マホが何気なく発する言葉に驚くことがしばしば。「おっ!」と思いながらもすぐに忘れてしまうのだが、覚えているものをいくつか紹介したい。

マホは甘えん坊。家で食べるご飯は自分で食べられるのにも関わらず、食べさせてもらうのが好きだ。ご飯をスプーンで口に持っていこうとすると、

「まだお口入ってる」

「置いといて」

おかずを箸で食べさせようとすると、

「お箸危ないからスプーンで」※箸を持ち歩いて危険なので注意することがあるため

食事の支度の最中に、マホが「パパ来て」というのを無視していると、

「おいでおいで」

更に無視していると、妙に丁寧に

「こちらへどうぞ」

どこで覚えたのか・・・

私がちょっと横になっていると、

「眠い?」

「疲れた?」

大きな子どもを持つ親にとってはこんな会話は当たり前のことなのだろうけど、少し前までろくにしゃべれなかったわが子のことである。言葉は単語の組み合わせだとは言え、大したものだと思う。こうやってマホがメキメキ日本語が上達させる様子を間近で見ると、かつて多少学び、今は錆びついてしまっている英語や中国語を改めて勉強してみようと思ったりするのだ。

★今日の一枚
会話能力が大幅アップしたマホは電話での会話もお手のものだ。
Dscf6145
マホ:「もしもし?」「うん、分かった」※親の会話を真似している
ニンジンタイマー:「ピピピピピ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

三洋製洗濯機の無償交換

7年半ほど使った三洋電機製の洗濯機「AWD」がとうとう交換され、引き取られていった。2002年に結婚した時に、洗剤を使わずに洗濯できる、との触れ込みに惹かれて買った洗濯機だったのだが、度重なる不具合発生の末、無償交換となったのだ。

Dscf6121

ちなみに、この三洋の「洗剤ゼロ洗濯機」は、洗剤が売れなくなると危機感を抱いた大手洗剤メーカーが噛みついて、記者会見まで開いて批判したという「画期的」な商品だった。うちは液体石鹸を使っているので、大手メーカーにとってはどっちにしろ関係ないのだが。

※参考記事
http://www.honya.co.jp/contents/offside/index.cgi?20011004

<2009年9月18日の朝日新聞より抜粋>
三洋電機は18日、02~06年に製造した洗濯乾燥機9機種約28万台について5回目のリコール(無償点検・修理)を行うと発表した。前回リコール時の対策が不十分で、修理時に取り付けた発火防止の不燃繊維が、電線の接触不良で熱を帯びてめくれ上がり、出火する恐れがあるという。うち約17万台は応急措置的な修理をした後、来年春ごろまでに最新機種に交換する。点検、交換費用は100億円超に達する見通しだ。
--------------------------------------------------------------------------

うちでは発火などの不具合は全くなかったのだが、振動がうるさかったり、風呂水使用の際の吸引力が弱かったり、洗剤ゼロでは汚れがあまり落ちなかったりとあまり満足度は高くなかった。また、リコール発表のたびに、サポートセンターから電話が入り、日時を決めて作業員が点検に来るのは正直かなりうっとうしかった。細かい時間指定ができないので半日は空けておかなくてならない。合計4、5回もそんなことがあった。そろそろ買い換えようと思っていた矢先の無償交換の発表だった。

洗濯機を満載したトラックが朝サポートセンターから電話が入った予定時刻より1時間以上遅れて到着。道路が混んでいたんだとか。

Dscf6123

Dscf6125

交換後の、AWD-AQ350。横が開くタイプになった。

Dscf6126 

作業員さんの蛇口の接続がしっかりしていなくて水漏れするというおまけがあったが、いまのところ使い勝手はまずまずだ。こんなことになってしまったが、三洋の環境商品への挑戦は評価しているのだ。新しい洗濯機についている、オゾンの力で脱臭するという機能はそのうち試してみたい。

さて、今日は広島から義母が遊びに来たのでランチは外食。マホはデザートまで食べられて大満足だった。

Dscf6136

Dscf6139

★今日の一枚
洗濯機の据え付け・試運転をする作業員さんにマホは興味津々。Dscf6124

パパ:「今度の洗濯機は、水を使わないでオゾンの力で脱臭する機能がついているんだってさ!」
マホ:「パパで試してみよう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

夫も育休、取得への道のり

日経ネットPLUSという、日経新聞社が運営するネット媒体に、「夫も育休、取得への道のり」と題した記事が3月17日に掲載された。

http://netplus.nikkei.co.jp/nikkei/original/special/special/spe100318.html
(閲覧には要無料会員登録)

育児休業や短時間勤務を取った男性会社員の事例がいくつか紹介されており、実は私の育休経験談も紹介されている。

興味のある方は読んでみて頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

ご飯をおいしく食べよう!

ちょっと前の話になるが、友人宅での食事会で沖縄産の土鍋で炊いたご飯を食べて、そのおいしさに感激して三重県産、万古焼(ばんこやき)の土鍋を購入した。なぜ三重のものにしたかというと、そちらの方がコンパクトで安かったから。

しかし、インターネットで注文した品物が届いてびっくり。何と真っ二つに割れていたのだ。梱包が悪かったのか、S川急便の扱いが悪かったのか・・・。いずれにせよ、土鍋が土から作られていることがよく分かった。
Dscf5483

よりしっかりした梱包で再送してもらった土鍋には幸い問題はなく、おいしくご飯が炊けた。残念ながら沖縄産のものとは直接比べられないのだが、炊飯器で炊くよりグッとおいしく感じる。お米の粒も立っている。

Dscf5563 

そんなこんなで、ご飯にかける勝手な思いをニフティのブログ、パパスイッチに投稿したので、興味がある人は読んで頂きたい。やや自己満足的な長ったらしい文章で申し訳ないのだが。

ご飯をおいしく食べよう!(2010年3月9日)

★今日の一枚(ちょっと前の写真だが)
ベーグルに一生懸命かぶりつく。
Dscf5487

パパ:「マホはご飯とパン、どっちが好き?」
マホ:「ご飯のパン」

※米食を基本としてきた日本では、パスタでもうどんでもパンでも食事は「ご飯」ですねー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »