« 「梅しごと」で家族みんながハッピー | トップページ | ユウキ君来訪&梅干し仕込み »

2010年7月 3日 (土)

まだ使えるものの価値

第2子誕生を7月後半に予定していることもあり、ここのところ家のレイアウト変更と大掃除を行っている。大掃除によって出てきたのが「粗大ごみ」。

「粗大ごみ」とは言っても十分に使えるものばかり。ブラウン管TVは、家電リサイクル法に基づいて処分すると3,000円弱かかり、その他は川崎市に頼むと有料で処分してくれるのだが、まだ使えるものを埋めてたててしまうのも勿体ない。TVは家電店に引き取ってもらうと解体処分されてしまう。そこで、近所のリサイクルショップに持っていくことにした。

持っていったのは、暖房器具×3個と21型のブラウン管TV、畳マット×4枚、ホットカーペット×1枚。なぜ暖房器具がこんなにあるかと言うと、両親が引っ越すにあたり、不要になったものを「もったいない」と引き取ったからだ。結局ほとんど使わないまま2Fの部屋に転がっていた。

妻の先輩にもらった中古のスターレットに古道具を詰め込み、いざリサイクルショップへ。

Dscf7298

Dscf7300

査定の結果、TVは1,500円、暖房器具×2は500円、暖房器具×1は無料、畳マット×4は500円、ホットカーペット×1は500円で引き取るとのこと。もちろん、お金はもらえるのではなく、支払うのだ。畳マット、ホットカーペットは売らずに処分してしまうとのことだったので引き渡すのはやめ、その他の4点を引き取ってもらうことにした。TVの状態がいいことを訴えて、500円負けてもらい、TV1点、暖房器具3点の計4点で2,000円。

お金はかかったが、せっかくの商品が捨てられずに新天地で活躍することを思えばそれほど高くはない。それなりに気分良く帰ってきた。

帰りに寄ったのは、トヨタのディーラー。実は古道具を運んでいた車自体(平成7年式スターレット E-EP82)も7月中旬に車検を迎えるに当たり、引き取ってもらおうと思っていたのだ。

この車は、以前住んでいた社宅が丘の上にあったことから、買い物などのために妻の会社の先輩から譲ってもらったものだ。いまの賃貸住宅に引っ越してからも何となくそのまま保有していたのだが、買い物は自転車、遠出も電車のことが多く、あまり使う機会がなかった。

トヨタのディーラーで、20分くらいかけて査定してもらった後、提示された金額は、17,435円。中古車として再販売することは難しいということだったので、この金額ももらえるのではなく、支払うのだ。

内訳は、

末梢登録手続代行費用:7,875円
末梢登録預り法定費用:400円
リサイクル法 預り預託金:8,680円
リサイクル法 資金管理料金:480円

まだ、3万キロ程度しか走っておらず、カーナビやETCも付いているのだが、商品としては価値がないという。

途上国に行くと、この車よりはるかにボロボロの状態の車が走っている。新婚旅行で行ったキューバで乗った乗り合いタクシーは、運転席の下の部品が取れて道路が見えていたし、助手席の窓も動かない車も当たり前だった。燃費の問題は大いにあるが、1950年代のキューバ革命前(その後、キューバとアメリカと断交)に輸入されたボロボロのアメ車を大切に修理しながら使っているのだ。

日本には「もったいない精神がある」とよく言われるが、本当だろうか?とよく思う。まだまだ使えるものが次々にゴミになっている現状がある。新品を尊ぶ雰囲気も強いと思う。

とは言え、車は1ヵ月に1度も使っていない状態で、車検費用や車両税、駐車場代を支払うのももったいない。泣く泣く処分することになりそうだ。

・・・まだまだ使える畳マット、ホットカーペット(2畳用)、車が欲しい方はご連絡を。

★今日の1枚
今日の夕食は久々に鶏のから揚げ。下味につけたニンニク風味が何ともビールと合う。マホは、最近導入した子ども用の矯正箸を器用に使う。
Dscf7302

パパ:「今日はおうちにある道具をあげてきたよ」
マホ:「それを『からあげ』って言うの?」

|

« 「梅しごと」で家族みんながハッピー | トップページ | ユウキ君来訪&梅干し仕込み »

エコ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

昨年の12月にパパになった”あおぞら”といいます。
育休は取らなかったものの、残業なしや普段の休日、有休などを活用してできる範囲で「イクメン」しているつもりです。

ブロクの更新をいつも楽しみにしています(特に「今日の一枚」)
第2子ご誕生後も育休パパを頑張るのでしょうか?

さて、古車処分との事で私の経験談を…

わたしも2年前に1995年式のレガシィ(走行距離5万キロ)を処分すべく、ディーラーや中古車買取会社を10社ほど査定してもらいました。

その殆どは処分料をこちらで負担するか、無料で引き取るとの事でしたが、一社だけ2万円で買取る会社がありました。

株式会社カーセブンディべロプメント(http://www.carseven.co.jp/)
という会社です。

名義変更等の手続きをしたので、その後はどうなったか(中古車で売る・代車用・新興国へ輸出)は不明ですし、CO2との比較で良否はわかりませんが、まだ走る車でしたので「もったいない」と思ってました。

では、また。

投稿: あおぞら | 2010年7月 7日 (水) 09時20分

あおぞらさん、こんにちは。
ブログを楽しみにして下さっているとのこと、どうもありがとうございます。
最近はなかなか更新ができず、恐縮ですが・・・

第2子の際には妻が長期の育休を取得予定のため、私は短期で取る予定です。1週間の休みと、2週間の在宅半日勤務。あとは必要に応じて夏休みをくっつけようかと。

また、中古車の件、貴重な情報をありがとうございます。10社見積もったとはすごいですね!

横浜にある解体業者に問い合わせたところ、引き取りを頼めば7千円、自分で持ち込みすれば1万2千円で引き取ってくれるとのこと。中古車としては売れないので、解体して部品を海外などに販売するのだと思います。

カーセブンにも問い合わせてみようと思います。TVCMは見たことがありましたが、思いつきませんでした。

投稿: 育休パパ | 2010年7月 8日 (木) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070691/35664248

この記事へのトラックバック一覧です: まだ使えるものの価値:

« 「梅しごと」で家族みんながハッピー | トップページ | ユウキ君来訪&梅干し仕込み »