« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

2010年12月18日 (土)

家族からの誕生日プレゼント

今回のエントリーはテキストのみ。

12月某日に誕生日を迎えた。今年でとうとう35歳。四捨五入?すると40歳という大台に乗った。学生の頃は35歳というと、しっかりした頼りがいある「大人」というイメージだったのだが、自分がその歳になってみると、まだ方向性が定まっておらず、何とも頼りない感じがする。

そんなしみじみとした所感は置いておいて、誕生日を迎えるにあたり、妻に「誕生日プレゼントに何か欲しいものはある?」と聞かれた。欲しいものが特に思い浮かばなかったので、「ない」と答えたのだが、重ねて聞かれたので、半分冗談で「自由な時間」と答えた。

そんな会話を妻と交わしたのは、娘2人を連れて広島にある妻の実家に滞在している時だった。その2日後に家族皆で東京に帰る予定だったのだが、娘2人が風邪を引いて、鼻水が出たり熱を出したりしたので、仕事が外せない私だけが東京に戻ることになったのだ。期せずして希望通りの誕生日プレゼントが実現したわけだ。

妻の実家を15時前に出て、宮島口駅まで歩き、駅前の「うえの」のあなごめし弁当を調達。近くの店で会社の土産用にもみじまんじゅうも購入して、新幹線に乗り込む。お腹が空いた頃合いを見計らってJRの売り子さんにビールを注文。あなごめしをつまみにビールが進む。結局2缶が空いた。そうこうしているうちに新横浜に到着。そこから乗り継いだ在来線が遅れていたこともあり、家に到着したのは22時前。長旅だったが、一人旅は気楽なもの。全く疲れを感じなかった。

翌日は仕事。家族がいないので朝食は作らず、バナナ1本とミカン1個のみ。後は自分の支度をすればいいだけなのでラクなものである。保育園の準備も送りもない。私は何と恵まれているのだろう!

出社し、社内打ち合わせ、社外打ち合わせ、資料作り、経費清算など、休みの間にたまった仕事をせっせと片付ける。気づくとはや21:30。さて、仕事を切り上げ、ずっと気になっていた家の近所のラーメン屋でラーメン×餃子×ビールで独身らしくしみじみと誕生日を祝おうと思ったところ、社内に残っていた先輩の独身男性社員から、「誕生日祝いをしよう」との声掛けがあった。

彼も11月後半に誕生日を迎えたばかりで、私の誕生祝いを口実に飲みたい様子だった。気が弱い私としては「一人で地元のラーメン屋に行くのでお断りします」とも言えず、結局先輩と会社の近くの立ち飲み屋でビールを4杯。終電で帰宅したのだった。ラーメン屋に行けなかったのは残念だったが、こうやって誰にも気兼ねなく飲みに行けるのも「誕生日プレゼント」あってのこと。妻に感謝だ。

時間というのは不思議なもので、あれば空気のようなもので気にもしないのだが、ひとたびなくなると、そのありがたさが分かるもの。子育てでなかなか自分だけの自由時間が確保できなくなった今、「時間」という誕生日プレゼントを大いに満喫したのだった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

パパスイッチ記事

少し前に、作り置きで深い味~季節の白身魚を煮付けに~という記事をパパスイッチに掲載した。

ご興味ある方はご一読を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »