« 2011年4月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年5月

2011年5月 3日 (火)

GWにロケハンその②いすみ市

「GWにロケハンその①群馬県藤岡市」という記事を書いて、そのままになっていたので、②はどうした?と思われた方も中にはいるかもしれない。今さらだが、次に行ったいすみ市(千葉県)をご紹介したい。

うちは昨年車を廃車にしてしまったため、レンタカーを借りて千葉に向けて出発。途中寄ったドラッグストアで韓国から大量に輸入されたミネラルウォーターが1本89円で潤沢に売られているのを目撃して思わず撮影。うちの近所のスーパーでは本数制限があるのだが・・・

Dscf0550

まず向かったのは、「いすみ暮らしサロン」といういすみ市が運営している移住希望者向けの相談所。

Dscf0556_3

ここで、若い市職員の方と5年ほど前に夫婦で移住してきて兼業農家をやっているという50代くらいの女性に話を聞く。田舎暮らしにあこがれて移住し、都心まで1時間半以上かけて通勤している人も結構いるという。

Dscf0551

話を聞いた後は、街道沿いの干物屋さんに寄り道。

店の前にある手づくりスモーカーで作った燻製がうまい。さっそく土産にトビウオの燻製を買ってしまった。タコは品切れ(作り途中)で断念。

Dscf0559

Dscf0558

そして、いすみ暮らしサロンで聞いた、いま売りに出ているという土地に立ち寄ってチェックするも、最近開発され、建て売りチックな家が並ぶ雰囲気にノックダウン。

Dscf0562


そして今日の宿泊地へ。

Dscf0563

民家を利用したBrown' Field(ブラウンズフィールド)というところ。

泊まったのは高床式になったツリーハウス。木にはブランコが吊り下げられている。

Dscf0599_2

Dscf0577

Dscf0583

コンポストトイレが設置されているエコな宿でもある。たい肥にして野菜の栽培に使うそうだ。

Dscf0617Dscf0619_4

Dscf0619_5

庭にはヤギが。

Dscf0597_3

でも、大きな動物が苦手のマホにとっては全くうれしくないこと。

Dscf0598_2

食事は、決められた時間にスタッフ含め皆が母屋の座敷で食べる不思議なスタイル。

Dscf0604_2

宿泊客は我々と、もうひと家族だけ。

食事は肉や魚を使わないマクロビ。正直言って、「うまい!」とは思わなかったけど、素朴で味わい深い料理だった。

ところで、恥ずかしながら後で知ったのだが、ここの宿主は中島デコさんというマクロビの世界ではかなり有名な方だった。この記事を読めば何となくわかるだろうか。気さくだけど、雰囲気ある人だった。多いと感じたスタッフは、どうもマクロビ料理の修業をしている人たちのようだ。

我々が移住地を探しているという話を夕食時にしたところ、いすみ市や移住について色々と教えてくれ、翌日には近所で売りに出ている古民家を案内してくれるという。

翌日の朝食後、近くの竹林を通って案内してくれたのは、こちら。人が住まなくなってしばらう経つようで、一部は崩壊気味。離れからは竹の子が生えてきていた。畑もあり、理想的な環境ではある。もちろん、都内で働くことを前提にすると、通勤はラクではないのだが・・・

Dscf0667

Dscf0650ブラウンズフィールドに泊まっていたのは我々ともうひと家族だけ。千葉県の白井市から来たというこの家族は、うちと家族構成が一緒で、2人娘。上のお子さんがマホとよく遊んでくれた。

Dscf0650_2

おかげで、最初は怖がっていた吊り橋も、一人で渡れるように。

Dscf0654_3

Dscf0654_2大人は色々なバリアを作って、打ち解けるまでに時間がかかるものですが、子どもはすごい。

ブラウンズフィールドを後にし、向かったのはいすみ市で3頭のジャージー牛を放牧し、手づくりのチーズづくりをする「チーズ工房 IKAGAWA」。ここのご夫妻も移住組で、ご主人は脱サラしてチーズづくりを始めたという。

Dscf0683_2

残念ながらあまり種類はなかったのだが、2種類を購入。五十川(いかがわ)さんからは気がかりなことを聞いた。3.11の原発事故で、千葉県の牧草から放射性物質が検出されたとのこと。「ムチュリ(左側のやつ)は3.11前の原乳で作っていますので大丈夫ですが、クリームチーズは3.11後ですので、念のためお子さんには食べさせないようにして下さい」とのこと。

せっかく放牧&チーズ作りが軌道に乗ってきたところなのに、放射性物質の問題は大きな打撃になりかねない。安全なものを提供していきたいので、千葉県の行政が頬かむり(見て見ぬふり)しようと、検査に後ろ向きなところを、自己負担で原乳の検査を依頼中と聞き、ご主人の真摯な姿勢に感銘を受けた。

牛たちは、ご自宅兼工房から車で5分くらいのところの山あいに放牧されていた。牛たちは自由きまま。のんびりとした風景だ。

Dscf0690

ちなみに、スーパーなどで売られている牛乳のパッケージには、牛が放牧されている絵が使われていることが多いが、実際には乳牛は狭い牛舎の中で飼われているのが大半だ。ああいうのは不当表示防止法に引っかからないのだろうか。不思議だ。

原発事故の影響はいすみ市の移住コミュニティに暗い影を落としている。ブラウンズフィールド近くにあった人気のパン屋さんタルマーリーは、岡山県に移転してしまうという。店主に聞いたところ、古民家の持ち主が相続関連でもめて、契約更新ができなくなったという事情はあるようだが、放射能の影響を避けるために移転するという。

その他、いすみ市には環境の良さを求めて移住してきた人が多いだけに、原発事故にも敏感に反応し、移住してしまった人も多いという。中島デコさんからも聞いた。

さて、いすみ市を後にして向かったのは、大多喜というところにある精進料理の店蔵精(くらしょう)。

Dscf0702

スタイリッシュな店内。席はカウンターのみ。

Dscf0700

季節を感じられる料理はおいしかった。

Dscf0696_3

途中、直売所などに寄りながら、帰路に着いた。書き切れていないこともまだあるのだが、充実した2日間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年10月 »